ピクシブ百科事典

バラバ

ばらば

バラバとは、『新約聖書』に登場するユダヤ人の囚人である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

pixiv上で『バラバ』のタグが使用されている投稿作品のほとんどは『ウルトラマンA』に登場する殺し屋超獣バラバを描いたものであるが、本記事ではその由来となった新約聖書の登場人物について述べる。

その他の『バラバ』の用例としては

  1. 光戦隊マスクマン』に登場する地底帝国チューブの幹部の1人の名称。→地帝司令バラバ
  2. ロードオブヴァーミリオン アリーナ』に登場する使い魔の名称。→バラバ(LoV)
  3. 緊急指令10-4・10-10』に登場する原始人の名称。→原始人バラバ

新約聖書のバラバ

イエス・キリストの代わりに恩赦を受け、釈放されたとされるユダヤ人囚人

英語表記は "Barabbas" 。
福音書においてこの人物が登場するくだりは、いわゆるイエスの受難物語の一環である。

逮捕されたイエスに対して尋問を行ったローマ帝国ユダヤ属州総督のポンテオ・ピラト(ポンティウス・ピーラートゥス)はイエスの処刑に対して消極的であり、過越祭の慣習としての恩赦をイエスに与え放免しようとした。

しかしイエスたちを排除したい祭司長長老たちは様々な工作を仕掛け、群衆による選択としてバラバという囚人が赦免され、イエスが処刑されることになってしまう。

深読みせず単に逸話として解釈すれば、バラバとイエスは偶々同じ時期ににつながれていたというだけで、特に目だった因縁はない。ただし一部ではバラバの本名が『バラバ・イエス』とされている(つまり名前も偶々似ていた)。
バラバ自身がどのような罪状投獄されていたのかの説明も福音書によって異なり、『暴動殺人』あるいは『強盗』となっている。

生前のイエスをモチーフとした創作作品でバラバが登場することもあるが、主役級の扱いを受けているのは1950年スウェーデンの作家ペール・ラーゲルクヴィストが発表した小説『バラバ』。リチャード・フライシャー監督によって映画化もされている(1961年)。

関連タグ

新約聖書 イエス・キリスト

関連記事

親記事

新約聖書 しんやくせいしょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バラバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33000

コメント