ピクシブ百科事典

地帝司令バラバ

ちていしれいばらば

地帝司令バラバとは、『光戦隊マスクマン』の登場人物である。

演:志賀圭二郎 デザイン:新貝田鉄也郎

概要

地底帝国チューブの大幹部で、地底の部族・バルーガ族の出身。バルーガ族の勇者にして地底一の剣の名手として名高い豪傑。かつての王家だったイガム家出身のイガムを「家柄ばかりの地底貴族」と蔑むゆえに険悪な間柄。ブヨン族出身の忍者・オヨブーを部下としている。恐竜の骨製のギガロ剣を得物としていたが、後に地底一の勇者の証である剣・大地帝剣を手に入れる。

人物そして戦績

厳つい見た目の持ち主で、策謀を躊躇しないがその見た目通りに力押しな戦法を好む蛮勇の持ち主。幼少期から母・ララバによって戦士として育てられており、ララバに対しては「ママ」と呼び、大地帝剣を入手する際に母を喪った際には慟哭している。
同僚であるイガムへの態度から、ゼーバに取り立てられた成り上がり者と思われる。
ごり押し脳筋である一方で、マザコンかつオヨブーが時に呆れるレベルに要領が悪かったりヘタレだったりと、ネタキャラとして注目されていてもおかしくなかったと思われる。
しかしマスクマンに対しての敗戦を繰り返すうちに功を焦って盗賊騎士キロスの口車に乗った結果、オヨブーに見限られてタケルとの一騎打ちに挑むことになり、最終的には敗死した。

コメント