ピクシブ百科事典

マザコン

まざこん

マザー・コンプレックスの略称。子供の母親に対する強い愛情や執着を持つ状態。
目次[非表示]

概要

マザー・コンプレックスとは、子供の母親に対する強い愛情や執着を持つ状態。またはそんな人物を指す。あるいは、女性観や劣等感も母親の影響によるマザコンも含まれる。
心理学者のフロイトユングによってこの心理状態が唱えられた。

日本では1980年代半ばからこの言葉が作られ、親離れできない、自己判断力が欠けた、甘えん坊のダメな子供(とくに男)に対するレッテルとして使われた。その人物の性別や年齢に基本際限はない。
長編古典『源氏物語』で光源氏は亡き実母の面影を持った義母の藤壺に恋心を抱き、ついには関係を持った。しかも、藤壺の生き写しの姪の若紫を育てて正妻に迎えており、その後も光源氏は藤壺の姿を追い求めるかのような女性遍歴を続けた。

しかし母親を慕う者の全てが母親に依存して甘えん坊という訳ではなく、自身の幼少期に母親を病気や事故で亡くしてしまっている過去などの辛い経験から、誰かの母親に対し普段とは打って変わって優しく接したり、母親を大事にしない子供に怒りを露わにするなど単なる親孝行者や母親思いの人達もいるので、むやみやたらにこの差別的な単語を使用する事はオススメしない。


イタリアではマンモーネ(mammone)、アメリカではママボーイ(mama's boy、mommy's boy)と表現されている。ただし、現代日本(昔の日本では親の傍にいて仕えるのは美徳だった)ほどネガティブなイメージはなく、単に親孝行や母親思いという意味で使われることが多い。が、普通に「いい年して母親離れできない男」の意味で使わることも有る。

代表例

史実におけるマザコン

実際のマザコンは実害がなかったのではないか…と思いきや、「史実は小説よりも奇なり」と言いたくなる面々が多い。

  • ネロ・カエサル・アウグストゥス
    • ローマ帝国第5代皇帝。キリスト教徒を迫害した暴君として悪名高いが、母・アグリッピナによる全面的画策で17歳で即位させられ、その後も母による政治介入を受け、永らく母の影響下にあった。
  • 鍾会
    • 魏の武将。生涯独身を貫き、母の伝記を自ら書き記す程だった。
  • ルイ9世
    • フランス国王。早くに父君のルイ8世を亡くして母君のブランシュ姫が摂政になった。彼女への依存が強く、妻であるマルグリットとの逢瀬もままならなかったとされる。一方でキリスト教に深く帰依した名政治家で、十字軍を率いる知勇を持っていた。
  • 龍造寺隆信鍋島直茂
    • 1570年の今山の戦いは母(隆信の実母、直茂の継母)・慶誾尼の後押しによるものであったと伝わる。
  • 豊臣秀吉
    • 母である"なか"(大政所)に殆ど女手一つで育てられたことから親子の恩情と絆は極めて強かった。彼女が死去した時は死に目に会えなかったため、秀吉は倒れてしまったとも言われている。
  • 徳川綱吉
    • 母への愛着が異常に強かったことで有名。「生類憐みの令」も母とその親交のあった僧侶の進言を受けて作られた。綱吉は愛する母に高位を与えるよう朝廷に訴え、その勅使接待役が浅野内匠頭と吉良上野介であったため、彼のマザコンが元禄赤穂事件の一因という説もある。
  • スターリン
    • ソ連独裁者として名高く、ドイツの捕虜となった長男ヤーコフを「祖国への裏切り者」として見捨てた彼も、父との別居後女手一つで自分を育てた母、ケテワン・ゲラーゼには頭が上がらなかった。スターリンはカフカースの宮殿に晩年の母を訪ね「お母さん、僕はツァーリのような仕事をしてるんだよ」と報告したが、母は「お前は司祭になったほうが良かったのに」と述べた。
  • ダグラス・マッカーサー
    • 幼少期は息子の夭折を恐れた母に女装させられ、これを危惧した父親が陸軍士官学校に放り込むが母親は近くのホテルに住みつき、学校でモンペぶりが有名になる。最初の夫人は母に気に入られず離婚。2回目の妻は母のお墨付きの女性を選ぶも、再婚直前に母を失って数ヶ月意気消沈した。
  • 山本太郎
    • 自他共に認めるマザコンで、一時期は「母親以上の女性に会えないから結婚しない」とすら言っていたほど(その後一度結婚したが短期で離婚)。
  • 山里亮太(南海キャンディーズ)
    • 一人暮らしを始めてもなお、生活の大半を多々親に手伝ってもらっていることを公言。
  • 野々村竜太郎
    • 立候補の時から何かと母親が付き添っていたことで知られており、当選してからも議会の傍聴席や控え室に呼ぶほどだった。
  • ハリー・フーディーニ
    • 「脱出王」の異名を持つ米国のマジシャン。死んだ母と話をするため様々な霊媒と出会うが、天才的な奇術師である彼はその総てがインチキである事に気づいて暴き、やがて「サイキックハンター」としても有名となる。
  • ロバート・E・ハワード
    • 英雄コナン」の作者として知られる作家。母の危篤を知ると、そのまま拳銃自殺してしまった。

関連タグ

性格  ママ 母親 母子 母娘 親子 R-18
コンプレックス ファザコン シスコン ブラコン ショタコン ロリコン
エディプスコンプレックス グレートマザー 母性は原初のエロス
マンモーニ バブみ 乳臭い げんこつやまのたぬきさん

関連記事

親記事

コンプレックス こんぷれっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マザコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2817815

コメント