ピクシブ百科事典

目次[非表示]

解説

CV:野沢雅子

地球で生まれ育った少年で、原作とTVアニメの年齢は10歳。好物はビフテキラーメン

機械の体となった人間が世界を支配し、生身のままの人間は虫けら同然の扱いを受ける未来の地球を舞台として、物語は始まる。
鉄郎は両親と貧しくも幸せに暮らしていた。しかし父は人間が自らを機械化することに反対したために殺され、もまた機械伯爵の人間狩りの獲物として射殺され、剥製にされてしまう。
今わの際、母は「999号に乗れば、高価な機械の体をタダでくれる星に行ける。強い機械の体を手に入れて、自分たちの分まで長生きして」と言い残した。降り積もる雪の中、悲しみに浸る暇もなく、生き延びるために鉄郎は歩き続けるが、やがて力尽きてしまう。
死んだと思っていた彼は、謎の美女メーテルによって救出され、蘇生する。集音機の使用中、母子の会話を偶然傍受したという彼女は、自分の旅に付き合ってくれることを条件に、999号のパスをくれるという。
回復した鉄郎は機械伯爵に復讐を果たし、剥製となった母に約束を果たすことを誓って、伯爵の館に火を放つと、メーテルとともに999号に乗り込んだ。

旅の楽しみ


機械の体を手に入れ、永遠の命を得る事を目的として旅を続ける鉄郎だったが……

人物

男気に溢れ、染み渡るような優しさの持ち主。義理人情に厚く、動物好きでもある。10歳という幼さながら、偉大なる男ハーロックや、誇り高き女海賊エメラルダスにも認められる、男の中の男。
しかし極貧の中で育ったためか、世間知らずで金銭感覚もどこかずれている。
また風呂に入る事を面倒くさがり、散髪もほとんどしない。

鉄郎の時代ではラーメンの材料となるものが地球には既に無かったらしく、もはや伝説の食べ物となっていたらしい。それゆえに本物のラーメンを食べられる事になった時は凄く感激しており、以降は合成ラーメン(多分インスタントラーメン)だろうと喜んで食べる程の好物となった。

また原作・TV版ではその初期に化石化惑星で斬りつけられた際にできた傷痕(この時、きれいに縫合できるにもかかわらず鉄郎自身の希望で派手な縫合痕を残した)をトレードマークのひとつにしている。

使用武器

鉄郎


序盤はメーテルからコスモライフルを借りて武装していた。しかしトチローの母と思われる老婆に見込まれ、息子の形見宇宙戦士の銃を譲り受けてからは、そちらを愛用している。

劇場版

お色直し


年齢は15歳に設定変更された。
口元が引き締まり、やや…ってゆーかメッチャ男前に成長している(ただし両親、特にを母親を見れば遺伝子的には不思議ではない)。特徴として団子鼻は健在。ついでにガニ股も直りきっていない。この鉄郎を描こうとしてハーロックになってしまった人はここに注目しよう。また、不意を突かれるなどして両目が見える状態の気の抜けた表情になると10歳時の面影も出てくる。
服装は原作・TV版と同じ赤いシャツとデニムパンツだが、その上から更にモスグリーンのジャンパーを着ている。
母を亡くした10歳時の回想シーンでは原作・TV版と同じ姿をしている。

容姿は男前になった反面、精神年齢的にはむしろ幼くなっている。これは劇場版の鉄郎が15歳らしくないと言うより、特にTV版の鉄郎に大人に人生観について説教したりと※小学生ですな言動が多い為。このことから“等身大の15歳”に見えるため、原作・TV版の鉄郎より感情移入はしやすいと言われている。『999』について劇場版旧2作のイメージが原作・TV版のそれよりも強く浸透している一端とも考えられる。

一方で、劇場版第1作ではメーテルの制止虚しくメーテルを殺している何を言ってるのかわからねーと思うが作品未視聴の方で気になった方は作品で確かめていただきたい。ついでに第2作でも銃口を向けている(このときは流石に引き金は引けなかったが)。

他に相違点として、旧劇場版2作には取り入れられなかった原作・TV版のエピソードから、

  • ラーメンが特に好物という描写は今のところない。
  • 化石化惑星で斬りつけられた際の傷痕はこちらの鉄郎にはない。

劇場版で鉄郎を成長させた理由について、松本零士先生は、「身長がメーテルの腰の辺りまでしかなく、大スクリーンで2人が並ぶとバランスが悪いから」とコメントされた。一方スタッフは、メーテルとの恋愛関係、ならびに二人の別れとなるキスシーンを描くためには、鉄郎の年齢を引き上げる必要があったと説明している。

関連タグ

鉄郎 メーテル 銀河鉄道999 戦士の銃

関連記事

親記事

銀河鉄道999 ぎんがてつどうすりーないん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「星野鉄郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 887534

コメント