ピクシブ百科事典

銀河鉄道999

ぎんがてつどうすりーないん

松本零士の代表作である漫画「銀河鉄道999」、及びそれを原作としたテレビ・劇場版アニメ。
目次[非表示]

今、万感の思いを込めて汽笛が鳴る…
今、万感の思いを込めて汽車が行く…
一つの旅は終わり、
また新しい旅立ちが始まる。
さらばメーテル…
さらば銀河鉄道999…
さらば少年の日よ!

解説

銀河鉄道999とは、宮沢賢治の童話銀河鉄道の夜をモチーフとした松本零士の代表作。
舞台は、銀河系の各惑星が銀河鉄道と呼ばれる宇宙空間を走る列車で結ばれた未来世界(テレビアニメ版では第1話冒頭のナレーションで西暦2221年と設定)。
999号が停車する1つの惑星につき1つのエピソード、という短編の連作で基本的に構成されている。

アンドロメダ編

宇宙の多くの裕福な人々は「機械の身体」に魂を移し替えて機械化人となり永遠の生を謳歌していたが、貧しい人々は機械の身体を手に入れることが出来ないばかりか、機械化人の慰み者として迫害されていた。
そんな中、無料で「機械の身体」をくれるという星を目指して、主人公の星野鉄郎は謎の美女メーテルとともに銀河超特急999号に乗り込む。

エターナル編

アンドロメダ編から1年後が舞台。鉄郎が再びメーテルとともに999号に乗り、アルテメータ星系にあるという終着駅・エターナルに到着するまでを描く。
惑星アンドロメダの消滅により機械化文明が滅び、元の生物の星に戻った地球。しかし、いつの間にか新たな支配者が現れ、地球人の殆どは従順で食べるだけの無気力な人間にされてしまった。
政策に反対した星野鉄郎は光も届かない地下深くで永久自室幽閉にされていた。そんな鉄郎のもとにメーテルがやって来る。

現在、未完のまま休止が続いている。しかし、作者の松本零士は「エンドマークはまだつけていない」、「連載は終了ではなくあくまで中断」、「自分の物語は時空を越えて全て繋がった一つの世界で時の輪をめぐる物語として描いている」との発言をしている為、時期は不明だが連載再開の可能性は十分にありうる。今後に期待したい。

ただ、肝心の松本御大の御年が……(昭和13年生まれ)

作品内容のイメージについて

TVアニメリアルタイム世代からその後年の世代に至るまで、原作・TV版とは異なる以下の刷り込みがなされていることが多い。

  • 機械伯爵は惑星ヘビーメルダーの時間城で斃された
  • 機械伯爵を撃ったのはコスモドラグーンである
  • メーテルの姿は星野加奈江(鉄郎の母)のもの
  • 機関車の声は渋みがかった低い声

これらはいずれも劇場版で初採用された設定である。原作・TV版では機械伯爵はあっさり第1話で退場(しかもいきなり押しかけてきた10歳児に銃を乱射されて瞬殺される)、この時鉄郎が使ったのは作中世界ではありふれたビームアサルトライフルである。メーテルの姿が星野加奈江のものという設定もない。また、機関車の声はTV版では一貫して甲高い男性が努めていた。しかも劇場版第1作では機関車は口を聞いてすらいない上、劇場版第2作での中の人は機械伯爵と同じだったりする。
本作ほど劇場版とTV版のイメージが乖離し、なおかつ劇場版のイメージが広く浸透している作品は珍しいと言われる。
作品のコアなファンからは「劇場版は鉄郎の顔が違いすぎる」と言われたが、実際、感情移入は15歳の劇場版鉄郎の方がしやすいと言われ(TV版は10歳児が銃を扱い大立ち回りをする、大人に説教するなど※小学生ですな言動が多く、感情移入しにくい)、劇場版のイメージが強い理由の一つとなっている。ちなみに、劇場版の鉄郎は原作・TV版の10歳の鉄郎が15歳に成長した姿である

他作品とのリンクについて

劇場版でこそ鉄郎の協力者として描かれているハーロックやエメラルダスだが、アンドロメダ編連載の時点ではあくまでもゲスト扱いで控えめな出演であった。
しかし、エターナル編からは松本零士自身によって積極的な世界観の拡大や設定の変更が行われ2人は鉄郎の協力者として度々登場している。
それ以外にも「新竹取物語 1000年女王」、「ニーベルングの指環」といった作品と物語がリンクしている他、作中に「ヤマト」や「超時空戦艦まほろば」が出てきたこともある。

関連イラスト

The Galaxy Express 999
200999!999の日、間に合った!!


銀河鉄道999
想いは永遠に



関連タグ

999 C62 星野鉄郎 メーテル 車掌さん
200999祭

pixivに投稿された作品 pixivで「銀河鉄道999」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3035561

コメント