2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

秋田書店が出していた漫画雑誌「プレイコミック」にて1977年から1979年にかけて連載された。

宇宙からの侵略者・マゾーンの脅威にさらされている地球を守らなければ、と感じた宇宙海賊・キャプテンハーロックとその仲間達の、マゾーンとの戦いの日々を描いたもの。

テレビアニメについて

東映動画(現在の東映アニメーション)の手によってテレビアニメ化され、1978年3月から1979年2月にかけて、テレビ朝日系列ほかで放送された。

原作漫画とは一部設定の変更や登場人物の追加などがなされたが、その事をめぐって作者の松本零士が東映動画サイドと大喧嘩してしまった事がある。また、原作がマゾーンとの戦いにケリが付かないまま中断状態に陥っているのに対し、こちらはきちんと完結している。

実は視聴率ははかばかしくなく、平均6.9%、最高視聴率は10%を2回(しかもそのうち一回は最終回にマーク)、という、当時としてはかなり厳しいものだったが、アニメファンからの評価は結構高いものであった。
さらに後に本作を輸出したヨーロッパでは好評を博したそうである。

放送当時、メインスポンサーであるタカラ(現在のタカラトミー)とタカトクトイスから玩具が発売され、タカトク製の合金玩具はそれなりにヒットし、後番組の『サイボーグ009』も提供した。一方、タカラ製の磁石で合体する玩具やプラモデルの売り上げは今一歩だったそうで、本作が終了した後は『太陽の牙ダグラム』が始まるまでの3年間はタカラによるプラモデル販売は存在しなかった。

主な登場人物

キャプテンハーロック(CV:井上真樹夫、ただし第9話と10話は徳丸完)
台羽正(CV:神谷明
有紀螢(CV:川島千代子
ヤッタラン(CV:大竹宏
ミーメ(CV:小原乃梨子

ラフレシア(CV:北浜晴子

まゆ(CV:川島千代子)

トチロー大山トチロー)(CV:山田俊司

関連動画



関連タグ

銀河鉄道999
わが青春のアルカディア 無限軌道SSX
神風怪盗ジャンヌ明日のナージャ:日本では振るわなかったが、ヨーロッパでは好評を博した東映アニメーション作品繋がり

外部リンク

東映アニメーションによる作品紹介
Wikipediaの該当項目

関連記事

親記事

松本零士 まつもとれいじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「宇宙海賊キャプテンハーロック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「宇宙海賊キャプテンハーロック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 985298

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました