ピクシブ百科事典

神風怪盗ジャンヌ

かみかぜかいとうじゃんぬ

神風怪盗ジャンヌとは種村有菜の漫画作品、またはそれをアニメ化したもの。同名のメインヒロインについては「日下部まろん」の項目を参照。
目次[非表示]

概要

種村有菜原作の作品で、集英社少女漫画雑誌『りぼん』にて1998年2月号~2000年7月号に連載。
コミックスはりぼんマスコットコミックスで全7巻、完全版コミックスで全6巻、集英社文庫コミック版で全5巻。
また、2013年11月には小中学生向けの文庫シリーズ『集英社みらい文庫』でノベライズされた。原作の内容をそのまま小説化している。著者は松田朱夏。全4巻。

テレビアニメ

東映アニメーションによってテレビアニメが作られ、1999年2月~2000年1月にテレビ朝日系列(ただし一部系列局除く)で放送された。
実はテレビ朝日・東映アニメーションコンビの少女漫画原作アニメは、これが最後の作品となってしまった。
なお蛇足ではあるがテレビ朝日系では日曜朝に少女向け東映アニメの枠が存在するが、これはテレビ朝日ではなく系列局である大阪の朝日放送がホスト局を勤める。

前番組同様視聴率の低迷・商業成績の不振に悩まされた。具体的に言えば、料理番組「モグモグGOMBO」(秋田放送山梨放送除く日本テレビ系列局およびなんとアソコ)に完全にターゲットの小学生女児(や幼女)を抑えられ、多少は当てにしていた大きなお友達も放送期間中にNHK教育天下りしたあいつに奪われ、地域によっては支えていたはずの女性アニメファンを「HUNTER×HUNTER」(フジテレビテレビ西日本ほか)に奪われてしまう有様(しかも件の作品、本作と版元が同じ)で、商業面ではジャンヌの新コスチュームの人形の発売をドタキャンしてしまい、試作品(と思しき物)を連載雑誌の懸賞の賞品に回す始末であった。
しかも原作の人気エピソードだった高土屋全の悲劇の投入はあまりにも遅すぎ作者をモブで出演させるというファンサービスはしたのだが)、フィンの裏切りも終盤に入ってからと、テコ入れも後手後手に回る有様。これでは1年間「完走」が精一杯だった(なお、テレビ朝日は、アニメの放送期間は1年を基本としていた。故に本作は打ち切りというわけではないのでその点は留意すること)。そして予定していた映画版やCDドラマはボツったのだった。

ストーリー

新体操部所属の日下部まろんは一見普通の女子高生だが、実は巷を騒がす怪盗・ジャンヌの正体であり、ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだった。準天使フィン・フィッシュとともに、の力で美術品に憑依する悪魔達を封印し回収していた。
そうとは知らぬ警察親友に追われながら使命をこなしていたが、彼女の前に謎の少年・名古屋稚空が転入し、時を同じくしてジャンヌの前に怪盗シンドバッドが現れ、敵対することに。しかし、彼女は自分の知らない恐ろしい真実、そして過酷な運命に晒されることになる。

怪盗になったの
人を救える怪盗になったの

そして夜は味方になったの、
こわいものなんて
なにもない

私は強さを手に入れた
私は居場所を手に入れた

だからお願い
この十字架をとりあげないで

強さのしるし
とりあげないで

登場人物

人間
日下部まろん/怪盗ジャンヌCV:桑島法子
名古屋稚空/怪盗シンドバッド(CV:千葉進歩
東大寺都(CV:松井菜桜子
水無月大和(CV:高橋直純
パッキャラマオ五十嵐(CV:西原久美子
東大寺氷室(CV:千葉繁
春田(CV:木村雅史
夏田(CV:石塚堅
秋田(CV:宮田幸季
冬田(CV:小栗雄介
高土屋全(CV:勝生真沙子
久ヶ原相模
日下部匠(CV:平田広明
日下部ころん(CV:川島千代子
名古屋魚月
水無月心時
名古屋海生(CV:小野坂昌也
彼方木神楽(CV:森久保祥太郎
山茶花弥白(CV:山崎和佳奈
ジャンヌ・ダルク(CV:鶴ひろみ

天使
アクセス・タイム(CV:矢島晶子
リル
フィン・フィッシュ(CV:西原久美子
セルシア・フォーム
トキ・ハイヤー

悪魔
ミスト(CV:山崎和佳奈
ノイン・クロード/紫界堂聖(CV:山口勝平
シルク

ジャンヌカップリング
ちーまろ
アクフィン

関連イラスト

1○年振りに
神風怪盗


今夜もまやかしの美しさ いただきっ



関連タグ

種村有菜 りぼん 少女漫画 変身ヒロイン 魔法少女 怪盗
巫女/改造巫女服・・・本作単行本の作者コメントにメインヒロインの服装が巫女服ベースであることを暗喩するかのようなコメントが存在した。

美少女戦士セーラームーン 怪盗セイント・テール こち亀 銀魂

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「神風怪盗ジャンヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1934066

コメント