ピクシブ百科事典

富田祐弘

とみたすけひろ

日本の脚本家、漫画原作者、ラノベ作家。『美少女戦士セーラームーン』旧アニメシリーズの初代シリーズ構成およびメイン脚本として同作の方向性を確定させた事で知られ、後に『愛天使伝説ウェディングピーチ』を作り上げてアニメにおける「美少女戦士物」の「ジャンル化」に寄与した「バトルヒロインの父」のひとり。
目次[非表示]

1948年4月14日生まれ。埼玉県出身。

来歴

日本大学芸術学部卒。当初は実写映画のスタッフ(照明職人)を目指していたが、在学中に大学の状況(当時は大学紛争の真っ只中でマトモに勉学ができなかった)を皮肉った学生運動家激怒モノの戯曲を上げて上演させ、一般学生から多大な支持を得た事をきっかけに脚本家になる事を志望する。

大学卒業後、脚本家を抱える芸能事務所へ就職するが、事務方および営業方の人手不足から脚本家の仕事を回して貰えずに芸能マネージャーとしてタレントを売り込む鬱屈した日々を過ごす。が、富田の脚本の腕を知っていた東映動画のスタッフから一喝されて一念発起。当時、様々な人気作品を手掛けていた同事務所付きの脚本家であった田村多津夫(『アタックNo.1』『快傑ライオン丸』『愛の戦士レインボーマン』『メガロマン』などの主要脚本を担当していた人物)に師事する。また『激走!ルーベンカイザー』『魔女っ子チックル』『5年3組魔法組』『メガロマン』では師である田村と共にサブ脚本家として参加している。
デビュー以降、目をかけてくれた東映動画および東映を中心に、アニメ脚本家として活躍。同時に手掛けた作品のノベライズやコミカライズ原作を引き受けるようになる。

近年は日本脚本家連盟の主催するスクールで講師をするとともにゼミを受け持ち、執筆活動よりも後進の育成と指導に注力している。

作風

一言で言えばやりすぎる人。

現代的に言うならば(本人がそれを意図していたかどうかはともかくとして)「キャラ立ち」を重視し、いわゆるキャラや展開における文芸上の「お約束」を丁寧に描写することを好み、さらに物語そのもののライブ感(いわゆるノリと勢い)を重要視し、その後に設定やストーリーがついてくるタイプの脚本家。というか、そのタイプの脚本家の「はしり」の一人である。
田村門下であるため理屈よりも精神感情論が優先される物語、特に熱血系作品やコメディおよびヒーローものは間違いなく本領。これが後述するバトルヒロインジャンルとの親和性の高さに結びついている。また、それゆえにマクロスシリーズとも相性が良かったものと見られている。

芯の入った物語や登場人物の心情描写(人間ドラマ)は見事に描ききるが、やりすぎる展開や登場人物のアツさを優先させたあげくに物理法則すら無視して設定を踏み倒す事もしばしば。
そのため、80年代においては重厚なSF(科学)設定を重視させたSFアニメマニアを激怒を通り越して呆れさせ、当時は「脱力させられたら富田脚本」なる迷言すら生まれたと言われる。

まさに「80年代SFアニメの富田祐弘」と言えば「平成ライダー第一期米村正二」と同義と言って差し支えない。
ただし、この件は80年代のSFアニメブーム(SFバブルと言ってもいい)の中で「SFアニメ以外は作りづらかった当時の業界の実情」に対しても考察が必要で、富田一人の責任とも言い難い部分もある。

ただし、そこまでアツい作品を描ける人物に支持者(ファン)がつかないワケがない。また、その気になればバランスの良い脚本も書ける(もっとも、そうなると物語がパワーダウンしがちになる)ため、やはり業界でも重宝される脚本家の部類に入る。

時にサービス精神旺盛で作品のカラーによってはタチの悪いパロディすら辞さない。実際に、それが行き過ぎて現在で言う公式が病気を乱発した事もある。この方向性で有名になった(なってしまった)のが、あの『ゲンジ通信あげだま』だったりする。
正直、軽いトコロでタイムシフト&ポーズから月に代わってお仕置きする美少女戦士全く同一の変身手法を取るヒロイン(しかも中の人同じ)とか、ライバル記憶喪失になった挙句真っ黒のワンピースに赤いリボンの姿主人公とラブコメ繰り広げ、それを探す某祖父の姿がオートジャイロ乗り回すロリコン伯爵のコスプレとか、そのサービスっぷりは見ている方が不安になるレベルであった。(あげだまの脚本そのものには1話分しか関わっていないが、原作者として名義を出し内容のブラッシュアップに関わっている以上、まったく関係ないとは言い難い。ちなみにメインの共犯者は、おなじみ栗山田であるが、どっちが主犯かは判明していない)

また、そのライブ感の勢いとサービス精神ゆえにイデオンダンバインVガンダムあたりで皆殺しの富野の片棒を担いでしまったこともある。
そのため後にシリーズ構成として参加した『美少女戦士セーラームーン』の無印における内部太陽系戦士結末や『ビックリマン(無印)』の最終回における神帝たちの末路も「もしかしたら?」と(ネタ的に)言われてしまう事も。
(ただし後述するように『セーラームーン』における同話の脚本を上げたのは富田ではない。シリーズ構成として監督とともに展開を了承して、直後の最終回を挙げたのは富田ではあるが。そして『ビックリマン』に関しては原作の再現であるため富田の責任とも言い難い)

あと、某ファンタジーロボアニメにおいて、監督またおっちゃんな王様を出そうとしながら、監督自身が自分で趣味に偏り過ぎてしまう事を悩んでしまった事を見かね「ならもう、このキャラは女の子にしちゃいましょうよ」などと、よりにもよってどっかの社長のようなを1980年代に提案したという逸話がある。ちなみにそうやって誕生した姫君はスタッフおよびファンに気に入られる人気キャラと化し、某作にてオマージュキャラまで登場する程の事態となった。

現代バトルヒロインの父

実は少女向け作品においても前述の『魔女っ子チックル』や『魔法の妖精ペルシャ』(ぴえろ魔法少女シリーズ)などに参加しており「戦う少女」系の作品においても『魔物ハンター妖子』(OVA第1作)に参加していた。

その経歴もあり美少女戦士セーラームーン初代アニメシリーズのシリーズ構成を無印から3期(美少女戦士セーラームーンS)まで手掛けている。そのため同作アニメの初代シリーズ構成としても有名。記念すべき無印の1話および最終回はもちろん、あのネフなる神回となる無印24話を上げたのも富田である。
そのかわり同作と原作との乖離に関してはまこちゃん連続失恋佐藤順一ぶっ壊レイちゃん幾原邦彦みんなのトラウマDDガールズ製造者 柳川茂に並ぶ主犯の一人扱いにされてしまっているフシもある。

『セーラームーン』のシリーズ構成を3期の途中で自主降板した後、同じく『セーラームーン』から離れた只野和子とともに新作の発表を準備。その過程で小学館から谷沢直を紹介されるとともに、テレビ側では湯山邦彦とタッグを組み、以前より腹案を持っていた『愛天使伝説ウェディングピーチ』を手掛けた。
この事により『セーラームーン』以外には存在しえなかった「少女向けの戦闘美少女チームを主題としたアニメ」を複数作り上げ、このジャンルを「単に1作品のみに引っ張られない、ひとつのジャンルとして確立させた」事に寄与したと言われる。

そもそも、ウェディングピーチが作られた背景として、同作スポンサーのトミーや小学館に端を発する各種業界の「そろそろ(女の子たちにとっての)セーラームーン以外の選択肢があってもいいはずだ」「競合作品があった方が業界にとっても健全な切磋琢磨を誘発できてプラスになるはずだ」という考えがあった事による。つまりウェディングピーチのスタッフたちは単に一作品のみの話では収まらない、後の歴史に繋がるもっと大きなものを見ていた事になる。

とはいえ、この時期はセーラームーンシリーズの最大全盛期。セーラームーンの一部のファンは困った事に、同ジャンル別作に流れた富田の事を同じく同作に関わった只野和子共々、彼らを裏切り者と罵った事すらあったと言われている。

ただ、その後の東京ミュウミュウプリキュアシリーズの発生も、富田による「ジャンル確立」という足跡の延長線上にあると見れば、彼の同ジャンルにおける役割は非常に大きいものであったとも言え、現在ではこれに関して再評価する動きもある。

そのため、これらの業績の再評価層からは「現代(少女向け)バトルヒロインの父」と称される事もある。

主な作品

※代表作多数であるため、主だったものを挙げる。








他、多数

関連タグ

脚本家 東映アニメーション バトルヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「富田祐弘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443

コメント