ピクシブ百科事典

コメディ

こめでぃ

コメディとは、喜劇のこと。見る人を笑わせるために造られる作品全般を指す。
目次[非表示]

説明

見る人を笑わせることを主題とした映像舞台漫画作品など全般を指す。
pixivのタグとしては漫画作品に付くことが多い。また、2016年10月まで小説のカテゴリータグだった。

コメディとギャグ

似た意味にギャグという言葉があるが、おおむね下記のような違いがある。

1.「コメディ作品」は原則的にストーリーラインがきちんと構築されており、物語本線伏線を絡み合わせることで起きる「ズレ」や「おかしさ」を滑稽に描くことで見る人の笑いを誘う類の作品である。オチどんでん返しや笑いに繋げる目的で、物語の伏線にシリアスな展開を盛り込むことや、最後に感動的結末でまとめるケースもしばしば見られる。これに対して「ギャグ作品」はストーリー性はほとんど無視され、奇抜な笑いを取りに行くことが多い。

2.コメディ作品の登場人物は「個性豊かな普通の、あるいはちょっと変わった程度の人たち」が中心であるのに対し、ギャグ作品ではしばしば「突拍子も無いキャラクター」が登場して、場を引っ掻き回すのが通常である。

3.コメディ作品では物語全体の中で時系列やキャラ設定を崩すことがほとんどないのに対し、ギャグ作品はネタのためなら途中で設定をコロコロ変えることも少なくない。

4.コメディ作品の笑いは概して「健全な笑い」である(エロスが入ることはしばしばあるが)。不条理風刺ブラックユーモア楽屋オチなどを盛り込むことはあまりない。これに対して、ギャグ作品の笑いは「なりふり構わない笑い」であり、前出の要素を盛り込むことを厭わない。

5.コメディ作品はバトル恋愛冒険などが主題の長編であることが多く、ギャグ作品は日常系短編オムニバスであることが多い(ラムネ&40摩訶摩訶のように不条理ギャグがベースの長編もあることはある)。

しかし両者は決して相容れないという訳ではなく、コメディ漫画とギャグ漫画の両方の要素をかけ合わせた作品も決して少なくない。

一般的に「コメディ漫画」は「ギャグ漫画」ほど笑いどころが多くないと思われがちだが、これは前述の要素が原因で、必然的にギャグ漫画の方が「笑わせどころの手数が多くなる」ことに起因するものである。しかしコメディ漫画には「ストーリーの絡め合わせを活かした笑い」という、ギャグ漫画とは異なる可笑しさを描けるという特性があり、しばしばギャグ漫画を凌ぐ爆発的な腹筋崩壊ストーリーが描かれることもある。このため、一概に「コメディ漫画の方がギャグ漫画よりも笑いが薄い」とは言い切れない。

要するに、「コメディ漫画=本筋があってそこにギャグを乗せる」「ギャグ漫画=本筋がなく、笑えるシチュエーションを重ねる」程度の違いである。

つまり、いわゆる日常系(空気系)にギャグを盛り込めばそれはギャグ漫画となる。キャラ萌えなどギャグ漫画のギャグ以外の要素が注目されるケースも増え、コメディ漫画とギャグ漫画が別世界のように扱われることは少なくなった。

コメディのジャンル


ジャンルの傾向

日本では恋愛ものと喜劇を組み合わせた「ラブコメディ」が人気で、代表作の数だけでも数えればきりがないほどである。

かつてはギャグ漫画・コメディ漫画とストーリー漫画はほぼ明確に区別できていたのだが、近年ではどちらとも区別できない=一つの作品の中でギャグ展開とシリアスな展開に振れる幅が大きく、これらを全てひっくるめて一つのエンターテインメント作品として仕立て上げられているような作品も少なからず見られる。

類義語・表記ゆれ

喜劇 コメディー Comedy

関連タグ

エンターテインメント作品のジャンル一覧
お笑い コント コメディ映画
ギャグ コミカル シニカル ユーモア
ドタバタ ドタバタコメディ ドタバタギャグ
ほのぼの ほのぼのコメディ ほのぼのギャグ
ハートフル ハートフルコメディ

関連記事

親記事

喜劇 きげき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コメディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10313453

コメント