2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

エロス

えろす

1ギリシャ神話に登場する性愛の神。2「エロ」「エロい」という意味で用いられる言葉。
  1. ギリシャ神話に登場する性愛の男性神。エロース(ΕΡΩΣ)
  2. エロティシズム(エロティック)」の略称として用いられる言葉。

元々の意味はギリシャ神話に登場する、を司る
ローマ神話キューピッドと同一視される。
愛そのものが神の形を取ったものであり、元々はもっとも偉大な神の一人であった。
しかし時代が下るにつれ没落して行き、やがてアフロディテの使いとされた。
また、アフロディテとアレスの子とされることもある。
アプレイウス作の「愛と心」の物語ではプシュケという美女に恋して、
やがて二人は結婚した。 →プシュケ参照
造詣的には最初は大人だったのだが、後にキューピッドのような子どもの姿になった。
全ての神々の中で最も美しいとされたりする。弓矢は二種類持っていて鉛の矢と金の矢。
金の矢で射ることによって恋情を、鉛の矢で射ることで嫌悪の情を熱立たせる。
この神について詳しくはエロース参照

pixivにおいては、その神の姿を描いたのほかに、エロチシズムを感じるイラストにもつけられるタグ
エロと略さずエロスといったほうが、若干高尚な響きが気がしないでもない。

関連タグ

ギリシャ神話 アフロディーテ プシュケ エロース
恋愛 キューピッド
エロ エロい いやらしい けしからん
溢れ出るエロス 滲み出るエロス 謎のエロス
アガペー・・・対義語

関連記事

親記事

せいもしくはさが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エロス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エロス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6494545

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました