ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アフロディテ

24

あふろでぃて

ギリシャ神話に登場する女神。もしくはそれをモデルとした『スイートプリキュア』のキャラクター。
ギリシャ神話に登場する女神。もしくはそれをモデルとした『スイートプリキュア』のキャラクター。

曖昧さ回避

曖昧さ回避

  1. ギリシャ神話に登場する女神。詳しくはこちらを参照。
  2. ゲーム「魔城伝説」の登場人物。
  3. 「モンスター列伝オレカバトル」の登場人物(モンスター)。 →女神アフロディテ(※実際のモンスターの名称は【アフロディテ】)
  4. スイートプリキュア」の登場人物。 →本項目で解説

概要

概要

アニメ『スイートプリキュア』に登場する女神。


CV:日高のり子


ネタバレに注意(他のキャラクターの項目あり)


この世界の全ての音や音楽を生み出している国、「メイジャーランド」の女王。

『伝説の楽譜』に書かれている『幸福のメロディ』を、一年に一度、選ばれた歌の妖精に歌わせることで、世界の平和を守っている。21話でと初会話の際に王女に間違われるほど相当若々しい(このときハミィは通信を付けっぱなしにしていた)。

実は、調辺音吉の娘で、メフィストの妻であり、調辺アコの母親であった(このため、メフィスト共々人間界においての名前が別にあるとも思われるが不明)。キュアミューズの正体については、ハミィから初めて存在を聞かされた時は、かろうじてある程度の憶測をしていたが、メロディ達3人の合体技からメフィストを庇った時、完全に正体に気付いた。普段は水面や鏡越しで姿を見せたり会話をしたりする彼女だが、メフィストが三度人間界に現れた時、遂に彼女も人間界へ降臨した(実はミューズがメフィストを庇ったことを知った後人間界に向かおうとしたが音吉に止められていた)がアコがミューズに変身してメフィストと対決することになったため夫婦ケンカは回避され、ミューズによってメフィストが善の心を取り戻した後は彼と共にメイジャーランドに帰還した。

その後43話ではトリオ・ザ・マイナーに人質にされたり、45話では父・音吉がクレッシェンドトーンともどもノイズに封印されたり、46話で夫や王宮に避難してきた人々とともにノイズに石化されるなど悲惨な目に遭うことも多かったが、ノイズが浄化されハミィが幸福のメロディを唄ったことで元に戻りアコと抱き合った。そして人間界に帰る響達を見送った。

もっとも、上述の21話で響達に「ハミィを信じろ」と言っておきながら、第43話で伝説の楽譜の最後の音符である4つのト音記号をプリキュア達のキュアモジューレの中に隠していたことを黙っており、それを指摘されると視線をそらし「敵をだますなら味方からというじゃない」とあっけらかんと答えるというプリキュアシリーズの女王様ポジションらしさがないわけではない。


ネーミングに関して

ネーミングに関して

劇中ほぼ全てのキャラクターが「音楽」や「音響」関連のキーワードを名前の元ネタとする中、ギリシャ神話の「の女神」がモチーフとなっている彼女はどこか浮いた印象を持たれがちなところがある。

しかし、実は映画『ブレードランナー』『南極物語』『炎のランナー』等の音楽を手掛けた作曲家・ヴァンゲリスがかつて参加していたバンドの名が「アフロディテス・チャイルド」と言い、何とか音楽との関わりは保っているのだった。


関連タグ

関連タグ

スイートプリキュア(スイートプリキュア♪) 女神 ママキュア

ギリシャ神話 ファンタジー

魚座のアフロディーテ:元ネタ繋がりというのみならず、互いの中の人同士にはある因縁が…。

グリッタ嬢中の人が、3年後の1時間前で演じる。敵組織の一員。

一見、何の共通点もなさそうだが、両者とも凄まじい力を持つ者を体に取り込んで、性格が変わってしまったという、ちょっとした共通点がある。

アフロディーテ(Fate):元ネタと中の人つながり。

アフロディーテ(ダンまち)中の人が娘と同じ元ネタ繋がり。


歴代プリキュアシリーズの母親

歴代プリキュアシリーズの母親

ママキュア

南野美空アフロディテ星空育代


黄キュア

明堂院つばきアフロディテ黄瀬ちはる


4号キュア

月影春菜アフロディテ緑川とも子


姫キュア

アフロディテホープキングダム王妃

曖昧さ回避

曖昧さ回避

  1. ギリシャ神話に登場する女神。詳しくはこちらを参照。
  2. ゲーム「魔城伝説」の登場人物。
  3. 「モンスター列伝オレカバトル」の登場人物(モンスター)。 →女神アフロディテ(※実際のモンスターの名称は【アフロディテ】)
  4. スイートプリキュア」の登場人物。 →本項目で解説

概要

概要

アニメ『スイートプリキュア』に登場する女神。


CV:日高のり子


ネタバレに注意(他のキャラクターの項目あり)


この世界の全ての音や音楽を生み出している国、「メイジャーランド」の女王。

『伝説の楽譜』に書かれている『幸福のメロディ』を、一年に一度、選ばれた歌の妖精に歌わせることで、世界の平和を守っている。21話でと初会話の際に王女に間違われるほど相当若々しい(このときハミィは通信を付けっぱなしにしていた)。

実は、調辺音吉の娘で、メフィストの妻であり、調辺アコの母親であった(このため、メフィスト共々人間界においての名前が別にあるとも思われるが不明)。キュアミューズの正体については、ハミィから初めて存在を聞かされた時は、かろうじてある程度の憶測をしていたが、メロディ達3人の合体技からメフィストを庇った時、完全に正体に気付いた。普段は水面や鏡越しで姿を見せたり会話をしたりする彼女だが、メフィストが三度人間界に現れた時、遂に彼女も人間界へ降臨した(実はミューズがメフィストを庇ったことを知った後人間界に向かおうとしたが音吉に止められていた)がアコがミューズに変身してメフィストと対決することになったため夫婦ケンカは回避され、ミューズによってメフィストが善の心を取り戻した後は彼と共にメイジャーランドに帰還した。

その後43話ではトリオ・ザ・マイナーに人質にされたり、45話では父・音吉がクレッシェンドトーンともどもノイズに封印されたり、46話で夫や王宮に避難してきた人々とともにノイズに石化されるなど悲惨な目に遭うことも多かったが、ノイズが浄化されハミィが幸福のメロディを唄ったことで元に戻りアコと抱き合った。そして人間界に帰る響達を見送った。

もっとも、上述の21話で響達に「ハミィを信じろ」と言っておきながら、第43話で伝説の楽譜の最後の音符である4つのト音記号をプリキュア達のキュアモジューレの中に隠していたことを黙っており、それを指摘されると視線をそらし「敵をだますなら味方からというじゃない」とあっけらかんと答えるというプリキュアシリーズの女王様ポジションらしさがないわけではない。


ネーミングに関して

ネーミングに関して

劇中ほぼ全てのキャラクターが「音楽」や「音響」関連のキーワードを名前の元ネタとする中、ギリシャ神話の「の女神」がモチーフとなっている彼女はどこか浮いた印象を持たれがちなところがある。

しかし、実は映画『ブレードランナー』『南極物語』『炎のランナー』等の音楽を手掛けた作曲家・ヴァンゲリスがかつて参加していたバンドの名が「アフロディテス・チャイルド」と言い、何とか音楽との関わりは保っているのだった。


関連タグ

関連タグ

スイートプリキュア(スイートプリキュア♪) 女神 ママキュア

ギリシャ神話 ファンタジー

魚座のアフロディーテ:元ネタ繋がりというのみならず、互いの中の人同士にはある因縁が…。

グリッタ嬢中の人が、3年後の1時間前で演じる。敵組織の一員。

一見、何の共通点もなさそうだが、両者とも凄まじい力を持つ者を体に取り込んで、性格が変わってしまったという、ちょっとした共通点がある。

アフロディーテ(Fate):元ネタと中の人つながり。

アフロディーテ(ダンまち)中の人が娘と同じ元ネタ繋がり。


歴代プリキュアシリーズの母親

歴代プリキュアシリーズの母親

ママキュア

南野美空アフロディテ星空育代


黄キュア

明堂院つばきアフロディテ黄瀬ちはる


4号キュア

月影春菜アフロディテ緑川とも子


姫キュア

アフロディテホープキングダム王妃

関連記事

親記事

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

アフロディテ
24
アフロディテ
24

アフロディテ

24

あふろでぃて

ギリシャ神話に登場する女神。もしくはそれをモデルとした『スイートプリキュア』のキャラクター。
ギリシャ神話に登場する女神。もしくはそれをモデルとした『スイートプリキュア』のキャラクター。

曖昧さ回避

曖昧さ回避

  1. ギリシャ神話に登場する女神。詳しくはこちらを参照。
  2. ゲーム「魔城伝説」の登場人物。
  3. 「モンスター列伝オレカバトル」の登場人物(モンスター)。 →女神アフロディテ(※実際のモンスターの名称は【アフロディテ】)
  4. スイートプリキュア」の登場人物。 →本項目で解説

概要

概要

アニメ『スイートプリキュア』に登場する女神。


CV:日高のり子


ネタバレに注意(他のキャラクターの項目あり)


この世界の全ての音や音楽を生み出している国、「メイジャーランド」の女王。

『伝説の楽譜』に書かれている『幸福のメロディ』を、一年に一度、選ばれた歌の妖精に歌わせることで、世界の平和を守っている。21話でと初会話の際に王女に間違われるほど相当若々しい(このときハミィは通信を付けっぱなしにしていた)。

実は、調辺音吉の娘で、メフィストの妻であり、調辺アコの母親であった(このため、メフィスト共々人間界においての名前が別にあるとも思われるが不明)。キュアミューズの正体については、ハミィから初めて存在を聞かされた時は、かろうじてある程度の憶測をしていたが、メロディ達3人の合体技からメフィストを庇った時、完全に正体に気付いた。普段は水面や鏡越しで姿を見せたり会話をしたりする彼女だが、メフィストが三度人間界に現れた時、遂に彼女も人間界へ降臨した(実はミューズがメフィストを庇ったことを知った後人間界に向かおうとしたが音吉に止められていた)がアコがミューズに変身してメフィストと対決することになったため夫婦ケンカは回避され、ミューズによってメフィストが善の心を取り戻した後は彼と共にメイジャーランドに帰還した。

その後43話ではトリオ・ザ・マイナーに人質にされたり、45話では父・音吉がクレッシェンドトーンともどもノイズに封印されたり、46話で夫や王宮に避難してきた人々とともにノイズに石化されるなど悲惨な目に遭うことも多かったが、ノイズが浄化されハミィが幸福のメロディを唄ったことで元に戻りアコと抱き合った。そして人間界に帰る響達を見送った。

もっとも、上述の21話で響達に「ハミィを信じろ」と言っておきながら、第43話で伝説の楽譜の最後の音符である4つのト音記号をプリキュア達のキュアモジューレの中に隠していたことを黙っており、それを指摘されると視線をそらし「敵をだますなら味方からというじゃない」とあっけらかんと答えるというプリキュアシリーズの女王様ポジションらしさがないわけではない。


ネーミングに関して

ネーミングに関して

劇中ほぼ全てのキャラクターが「音楽」や「音響」関連のキーワードを名前の元ネタとする中、ギリシャ神話の「の女神」がモチーフとなっている彼女はどこか浮いた印象を持たれがちなところがある。

しかし、実は映画『ブレードランナー』『南極物語』『炎のランナー』等の音楽を手掛けた作曲家・ヴァンゲリスがかつて参加していたバンドの名が「アフロディテス・チャイルド」と言い、何とか音楽との関わりは保っているのだった。


関連タグ

関連タグ

スイートプリキュア(スイートプリキュア♪) 女神 ママキュア

ギリシャ神話 ファンタジー

魚座のアフロディーテ:元ネタ繋がりというのみならず、互いの中の人同士にはある因縁が…。

グリッタ嬢中の人が、3年後の1時間前で演じる。敵組織の一員。

一見、何の共通点もなさそうだが、両者とも凄まじい力を持つ者を体に取り込んで、性格が変わってしまったという、ちょっとした共通点がある。

アフロディーテ(Fate):元ネタと中の人つながり。

アフロディーテ(ダンまち)中の人が娘と同じ元ネタ繋がり。


歴代プリキュアシリーズの母親

歴代プリキュアシリーズの母親

ママキュア

南野美空アフロディテ星空育代


黄キュア

明堂院つばきアフロディテ黄瀬ちはる


4号キュア

月影春菜アフロディテ緑川とも子


姫キュア

アフロディテホープキングダム王妃

曖昧さ回避

曖昧さ回避

  1. ギリシャ神話に登場する女神。詳しくはこちらを参照。
  2. ゲーム「魔城伝説」の登場人物。
  3. 「モンスター列伝オレカバトル」の登場人物(モンスター)。 →女神アフロディテ(※実際のモンスターの名称は【アフロディテ】)
  4. スイートプリキュア」の登場人物。 →本項目で解説

概要

概要

アニメ『スイートプリキュア』に登場する女神。


CV:日高のり子


ネタバレに注意(他のキャラクターの項目あり)


この世界の全ての音や音楽を生み出している国、「メイジャーランド」の女王。

『伝説の楽譜』に書かれている『幸福のメロディ』を、一年に一度、選ばれた歌の妖精に歌わせることで、世界の平和を守っている。21話でと初会話の際に王女に間違われるほど相当若々しい(このときハミィは通信を付けっぱなしにしていた)。

実は、調辺音吉の娘で、メフィストの妻であり、調辺アコの母親であった(このため、メフィスト共々人間界においての名前が別にあるとも思われるが不明)。キュアミューズの正体については、ハミィから初めて存在を聞かされた時は、かろうじてある程度の憶測をしていたが、メロディ達3人の合体技からメフィストを庇った時、完全に正体に気付いた。普段は水面や鏡越しで姿を見せたり会話をしたりする彼女だが、メフィストが三度人間界に現れた時、遂に彼女も人間界へ降臨した(実はミューズがメフィストを庇ったことを知った後人間界に向かおうとしたが音吉に止められていた)がアコがミューズに変身してメフィストと対決することになったため夫婦ケンカは回避され、ミューズによってメフィストが善の心を取り戻した後は彼と共にメイジャーランドに帰還した。

その後43話ではトリオ・ザ・マイナーに人質にされたり、45話では父・音吉がクレッシェンドトーンともどもノイズに封印されたり、46話で夫や王宮に避難してきた人々とともにノイズに石化されるなど悲惨な目に遭うことも多かったが、ノイズが浄化されハミィが幸福のメロディを唄ったことで元に戻りアコと抱き合った。そして人間界に帰る響達を見送った。

もっとも、上述の21話で響達に「ハミィを信じろ」と言っておきながら、第43話で伝説の楽譜の最後の音符である4つのト音記号をプリキュア達のキュアモジューレの中に隠していたことを黙っており、それを指摘されると視線をそらし「敵をだますなら味方からというじゃない」とあっけらかんと答えるというプリキュアシリーズの女王様ポジションらしさがないわけではない。


ネーミングに関して

ネーミングに関して

劇中ほぼ全てのキャラクターが「音楽」や「音響」関連のキーワードを名前の元ネタとする中、ギリシャ神話の「の女神」がモチーフとなっている彼女はどこか浮いた印象を持たれがちなところがある。

しかし、実は映画『ブレードランナー』『南極物語』『炎のランナー』等の音楽を手掛けた作曲家・ヴァンゲリスがかつて参加していたバンドの名が「アフロディテス・チャイルド」と言い、何とか音楽との関わりは保っているのだった。


関連タグ

関連タグ

スイートプリキュア(スイートプリキュア♪) 女神 ママキュア

ギリシャ神話 ファンタジー

魚座のアフロディーテ:元ネタ繋がりというのみならず、互いの中の人同士にはある因縁が…。

グリッタ嬢中の人が、3年後の1時間前で演じる。敵組織の一員。

一見、何の共通点もなさそうだが、両者とも凄まじい力を持つ者を体に取り込んで、性格が変わってしまったという、ちょっとした共通点がある。

アフロディーテ(Fate):元ネタと中の人つながり。

アフロディーテ(ダンまち)中の人が娘と同じ元ネタ繋がり。


歴代プリキュアシリーズの母親

歴代プリキュアシリーズの母親

ママキュア

南野美空アフロディテ星空育代


黄キュア

明堂院つばきアフロディテ黄瀬ちはる


4号キュア

月影春菜アフロディテ緑川とも子


姫キュア

アフロディテホープキングダム王妃

関連記事

親記事

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    ネトゲの性別は詮索NGです!

    宝乃あいらんど

    読む
  3. 3

    君と耳から恋をする

    山森ぽてと

    読む

pixivision

カテゴリー