ピクシブ百科事典

黄キュア

ききゅあ

黄キュアとは、『プリキュア』シリーズの黄色のプリキュアのこと。
目次[非表示]

【注意】
※各プリキュア間の身長・学力・運動神経の比較について公式の設定は存在しないため、ピンクチームでのコメント欄での議論の結果、公正を期すためキャラクターのスペック表は廃止しております。スペック表の新規作成・差し戻しはしないでください。

概要

プリキュアシリーズ』に登場する、黄色がイメージカラーのプリキュアが描かれたイラストに付けられるタグ。

メンバー

(名前の前に※がついているのは追加キュア

九条ひかり / シャイニールミナス (ふたりはプリキュアMaxHeart) CV:田中理恵
ひかりん
しゃいにーるみなす
シャイニールミナスについては桃キュアなのではないのかという意見もある(後述)
シャイニールミナスは放映当時はプリキュアとは全く別種の変身戦士とされていたが、映画「プリキュアオールスターズ」の展開に伴ってプリキュアの一員として再定義された(ミルキィローズも同様)
春日野うらら / キュアレモネード (Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!) CV:伊瀬茉莉也
ツインテールの魔法
はじけるレモンの香り♪
うららくがき
山吹祈里 / キュアパイン (フレッシュプリキュア) CV:中川亜紀子
春うらら
アクティブッキー
キュアエンジェル♪パインVer.
明堂院いつき / キュアサンシャイン (ハートキャッチプリキュア) CV:桑島法子
ぬいぐるみ責め
キュアサンシャイン
サンシャインまぢ太陽
調辺アコ / キュアミューズ (スイートプリキュア) CV:大久保瑠美
アコちゃん(スイプリ♯12)
キュアミューズ
極悪技
黄瀬やよい / キュアピース (スマイルプリキュア) CV:金元寿子
✌('ω')✌
ピースちゃん!!
ススメ!おんなのこお疲れでした
ウルトラふわもふ!
四葉ありす / キュアロゼッタ (ドキドキ!プリキュア) CV:渕上舞
ありすお嬢様(ドキプリ♯7)
ひだまり
護星天使
大森ゆうこ / キュアハニー (ハピネスチャージプリキュア!) CV:北川里奈
20円配布少女
キュアハニー
ビクトリー!
VAMOLA
イノセントフォーム
キュアハニーについては橙キュアなのではないのかという意見もある(当該記事参照)
天ノ川きらら / キュアトゥインクル (Go!プリンセスプリキュア) CV:山村響
きらら様
きらめく星のプリンセス☆
ごきげんよ~
ルナっ!
シューティングスタードレス
銀河
姫プリ1年間ありがとうございました!!
有栖川ひまり / キュアカスタード (キラキラ☆プリキュアアラモード) CV:福原遥
キュアカスタード!
センシティブな作品
輝木ほまれ / キュアエトワール (HUGっと!プリキュア) CV:小倉唯
輝きへのとまどい
キュアエトワール
天宮えれな / キュアソレイユ(スター☆トゥインクルプリキュア) CV:安野希世乃
天宮えれな先輩!!
CURE-SOREIL
平光ひなた / キュアスパークル(ヒーリングっど♥プリキュア) CV:河野ひより
平光ひなた
キュアスパークル。

特徴

黄キュアは内面よりも外見的な特徴の方が共通しており、一言でいえば「ガーリッシュな可愛らしさ」を強調する傾向にある。
ただ、シリーズの長期化につれて黄キュアのタイプも多様化している。

変身後のコスチュームはロリィタファッションの方向が意識されがちで、髪型は頭の左右で二つ結びにしたもの(ツインテールツーサイドアップシニヨンなど)の採用率が高く、殆どがタレ目キャラ(サンシャイン、トゥインクル、ソレイユは若干ツリ目気味)。
いわゆる「少女らしさ」を強く意識したデザイン傾向が目立つ。

「少女らしさ」の強調のため小柄なキャラクターが多いと思われがちだが、意外にもそうではない。作品を重ねるにつれ、いつき・ゆうこ・きらら・ほまれ・えれななど大人びた体型の者も増加していった。また、ゆうこは若干肉付きが良いスタイルで、他の3人は長身である。
大人びた体型の黄キュアの場合、「大人っぽいスタイルにガーリッシュな衣装」というミスマッチさでインパクトを与えるケースと(キュアサンシャインキュアハニーキュアトゥインクル)、大人っぽさやカッコよさを重視するケース(キュアエトワールキュアソレイユ)に二分される。大人っぽい感じの黄キュアが登場する作品では「少女らしさ」は別の色のプリキュアが担当する(桃キュア花咲つぼみ春野はるか野乃はな星奈ひかる青キュア来海えりか白雪ひめ赤キュア愛崎えみる緑キュア羽衣ララなど)
また、魔法つかいプリキュアは黄キュアが不在のチームだが、変身後に金髪になるため黄色がサブカラーとなる桃キュアの朝日奈みらいが「少女らしさ」の要素を担当している。

性格的な部分も多様性があるが、全体的には人懐っこく大らかなキャラが多い傾向。やよいやひまりなどは人見知りするタイプであるが、一度友達になると途端に人懐っこくなる。
例外はひかり・アコ・きらら・ほまれの4人。
ひかりとアコはストーリーの根幹に関わるキャラであるためミステリアスで近寄りがたい雰囲気が強調されており、どちらかというと紫キュア赤キュアによく見られる特徴を持つ。
きららは「マイペースで大人びた小悪魔系」という独自なキャラクター性を確立している。
ほまれはクールでややドライだが困っている人は見過ごせない姉御肌タイプである。こう書くとひと昔前の不良漫画の主人公のようだが、実際に物語序盤のほまれはチョイ悪扱いされていた時期がある。

スペックもバラつきがあり、学力はやよいを除いて概ね平均的かそれ以上で、いつき・アコ・ありす・きらら・ひまり・ほまれ・えれなは運動神経が優れ、ゆうこもパワーがあるのか少し優れているが、それ以外は普通かそれ以下である。

言葉遣いに関しては、祈里が女性語、ありすがお嬢様言葉、ひかり・うらら・ひまりが敬語(ただし、気を遣う必要性が全くない独り言やモノローグ時は、ひかりが女性語メインで、中性口調の確率が少々、残る2人は中性口調へと完全に変化する)、他のメンバーは中性口調を常用する。
2020年現在で中性口調で話す黄キュアは、モノローグ時のひかり・うらら・ひまりも含めて11人となり、桃キュアに続いて二番目に多い。

ピンクチームの者は、2020年現在、姓か名どちらかのイニシャルがY・実家が何らかの家業をやっているという繋がりがある。

作中でのプリキュアとしての登場順は3番目になることが殆どで、現時点ではキュアミューズが4人目、キュアカスタードが2人目で例外となっている。

シャイニールミナスについて

シャイニールミナス(九条ひかり)は厳密にはプリキュアではないうえ、コスチュームがピンク色なために黄キュアなのかどうかは議論もある。
そもそも彼女はプリキュアシリーズにおいて、はじめてピンクをメインにしたコスチュームを着たキャラクターである。そういう意味では桃キュアの元祖といっていい。

しかし、映画「プリキュアオールスターズDX3」ではイエローチームの一員に振り分けられており、近年のプリキュア公式グッズではほかの黄キュアとセットで扱われることが多く、少なくとも現在の公式では「黄色いプリキュアの仲間」とみなされているようである。

これはルミナスがボリュームのある金髪のおかげで黄色の印象が残りやすいのと、他の黄キュアと似て幼い印象を持つキャラクターだからだと思われる。
更に現在のプリキュアシリーズの見解ではキュアブラックを「最初の桃キュア」として扱っている。これは「ピンク=メイン主人公の色」というルールが定着したためである。(詳細はピンクチームの項を参照)
ゆえに、ルミナスのイメージカラーをピンク色だとは公式で認めることが出来なくなったという事情もある。

また、2012年11月に発売された徳間書店アニメージュ」12月号の黄キュア特集ではルミナスが初代、映画ではピンクチームの一員とされたキュアブライト(キュアブルームの別形態)が2代目として扱われている(以下、3代目以降は上記に列挙)。

これらのこともあって、Pixivでも黄キュアのタグでシャイニールミナスのイラストが多数投稿されている。
その実態に沿って、ここではルミナスも黄キュアのカテゴリとしてリスト化している。

黄色優遇枠

変身バンクにおける黄キュアの待遇が良い事。
キュアレモネードから始まって最新シリーズまで、黄キュアの変身バンクは他のメンバーより初変身時の尺が少し長かったり、作画枚数が多かったり、コスチューム装着のエフェクト演出が凝っていたりと追加キュアバンク並の優遇を受けているため、視聴者の間でそう呼ばれる事がある(ちなみに黄キュアにして追加キュアでもあった場合、そのバンクは大変高いクオリティとなる事が多い)。

黄色の要素がある他のプリキュアたち

プリキュアオールスターズ関係


番外戦士


その他


関連タグ

あざとイエロー あざとい 黄色 イエローチーム
ピンクチーム 白キュア 赤キュア 緑キュア 青キュア 紫キュア 虹キュア

このほか、他作品のキャラクターはイエローヒロインを参照

関連記事

親記事

イエローチーム いえろーちーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黄キュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3359938

コメント