ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キュアバタフライ

きゅあばたふらい

アニメ『ひろがるスカイ!プリキュア』に登場するプリキュアの一人。聖あげはが変身する。
目次 [非表示]

アゲてひろがるワンダホー!キュアバタフライ!


CV:七瀬彩夏


概要

聖あげはが変身するプリキュア。イメージカラーはピンク。『ひろがるスカイ!プリキュア』第18話より登場。

OP・EDには第1話時点から登場しており、公式サイトでデザインと声優も公表されているが、変身者についての公式発表は第17話まで不明だった。

名前の通りモチーフは「」で、キュアウィングの「鳥」同様にを羽ばたく生物である。


尚、キュアスカイキュアウィングキュアマジェスティはスカイランド出身、キュアプリズムはスカイランド人と地球人のクォーターであるため、本作における純粋な地球人のプリキュアは彼女のみになる。


また、これまでプリキュアの資質があるとされてきた人物プリンセス・エルの危機に立ち向かう意思を示した時にミラージュペンが出現していたが、あげははエルの危機とは無関係に、自分はプリキュアになれると強く信じたときにミラージュペンが出現している。ゆえに、エルはスカイトーンを逆に促される形になり少し戸惑っていた。


シリーズ初

年齢は初登場時18歳で、レギュラーメンバーのプリキュアとしては初の成人女子(本作より1年前の2022年4月に、日本の成人目安が18歳に引き下がった為)。誕生日は8月8日なので夏以降は19歳となる。

変身者であるあげはは、高校すら卒業済の専門学校生であり、自動車免許も持っている。「当たり前からの脱却」「既成概念を覆す」のが、2023年のプリキュア20周年記念作品のコンセプトだけに、ある意味リミット扱いされ続けた高校生というカテゴリーをついに通り越すことになった


また、イメージカラーはプリキュア主人公恒例となるピンクだが、主人公のキュアスカイが「ピンクではないセンター」となる為、シリーズ初の「センターでも主人公でも無い」ピンクになる。


さらに、プリキュアシリーズでギャル系女子を採用するのは「ひろプリ」が史上初(スター☆トゥインクルプリキュアキュアソレイユは見た目こそギャルに近いが、外国人とのハーフで性格もギャルではない)。


容姿

蝶の要素がリボンやフリルにあるシンプルなデザインで、これは同じく蝶がモチーフであったYes!プリキュア5のメンバーと似たデザイン傾向。

一昨年キュアラメール以来となるへそキュアとなる彼女であるが、純粋なへそ出しのセパレートタイプとなっているのは、8年前キュアマーメイド以来となる。

また、ほかのメンバーと異なり目元にはピンクのアイシャドウが入っている。

プリキュアシリーズでは希少な、胸の膨らみが明示されているプリキュアの一人でもある。


手首にはシュシュのような飾りを付けており、腕には中指で止められた長いアームカバーが装着されている。

このアームカバーであるが、コスチュームクロニクル20thVer.によるとこれは肩から手首に掛けて着用しているボディタイツでありピンクの濃淡をかける事で朝焼けを表現しており一見すると肩に向かっていくにつれて肌と一体化していくという、騙し絵のような不思議なデザインになっている。

漫画家上山道郎氏はこの構造を以下のように推察していた。

薄着


脚は右にグラデーションがかかった紫色のタイツ、左にアンクレット装着という非対称となっている。


変身者の口癖と相まって、朝焼けを連想させるカラーでもある。

本人がギャル風で子ども好きなこともあり、明るい金髪は太陽光月光も連想させるカラーとなっている。なお、歴代プリキュアにおいては珍しいことではないが、本作において変身時に髪の色が大きく変わるのは彼女のみである。


戦闘スタイル

「最強」を目指すだけあってか、パワーファイト・遠隔攻撃・壁役・搦め手などを幅広くこなせるオールラウンダー。

蝶のように舞う」という言葉通り、軽快な動きでヒラリヒラリと攻撃を回避しつつ、蝶を象ったシールドを生成(複数枚の生成や重ねがけも可能)して自分や味方を防御したり、足場にしたりする等、様々な技で相手を翻弄する。ミックスパレットを使用しての仲間のステータスを向上させるサポート能力にも秀でている。

また、変身者が元より機転の利くタイプな事もあり、周囲にあるものを利用した臨機応変な戦いも展開する。


また、保育士だからかシールドを生成する際、手遊びのように両手の親指を交差し、蝶のジェスチャーをする。


持ち技

蝶型のシールドをキックの要領で真上から叩きつけ、敵を押し潰す浄化技。

ヒーローガールならぬヒーローレディとも言うべきなのか、ウィングと同じく「ひろがる」の部分を伸ばさずに発声する。ちなみに着弾の瞬間、一瞬ではあるが彼女の愛車のエフェクトが入る。


ミックスパレットを用いて放つ浄化技。

名目上キュアウィングとの合体技ではあるが、ウィングの力を得たバタフライの強化技の側面が強い。


蝶型の投げキッスを敵に止まらせて爆発させる。


余談

初期戦士と追加戦士の線引きが曖昧なプリキュア

キュアバタフライは、公式の扱いでは初期戦士として扱っているものの、初期戦士としては明らかに不自然な点が多い。

例を挙げると…

  • デビュー時期が6月と、過去作における一部の追加戦士たちとほぼ同じタイミングとなっている。
  • 追加戦士が持つことが多い特殊アイテムを持っている。
  • 本来初期戦士が描かれるはずのオリジナル・サウンドトラック第1巻では、キュアバタフライが描かれていない。
  • コスパから販売されているグッズにおいて、他の初期戦士3人より遅れて販売されている。

など、追加戦士として扱われているようなことも少なくない(ただしあくまでファンの間でのみの話である)。


今作はハピネスチャージプリキュア!のような、あらかじめ追加戦士を公開する形という説が浮上したが、後の本当の追加戦士であるキュアマジェスティによってこれは否定されている。


その他

  • 第18話の初登場回では、保育園の園児である長内たけるの目の前で変身しており、初戦で一般人の目の前で変身し正体を知られたプリキュアは、彼女がシリーズ初となっている(本作の主人公であるソラ/キュアスカイも初の戦闘で多くの一般人に目撃されており、正体バレが危惧されていたが、その後の回でも正体を知られている様な描写はある人物を除いて見られない)。
    • 同話において、ソラシド保育園を襲撃したバッタモンダー「いつでも相手になるよ!でも……もし、私の大切な人達に手を出したら……許さない!」激怒!初登場回で初めて怒りを露にした。バタフライの怒りの前にバッタモンダーも撤退を余儀なくされた。

  • 敵幹部であるバッタモンダーのモチーフのバッタが、宗教関係で害虫扱いされてるのにたいして、蝶は、再生や復活の象徴の聖なる生物とされている。

  • 上記のようにピンクがイメージカラーではあるが、ピンクのプリキュアを「歴代メイン主人公」として纏める必要がある場合、バタフライは赤キュアに分類されることがあり、プリキュアシリーズ20周年の色別の集合絵色紙では赤キュアとして登場している。

関連イラスト

キュアバタフライキュアバタフライ

キュアバタフライ無題

↑キュアバタフライ最古参のイラスト


関連動画


関連タグ

ひろがるスカイ!プリキュア


キュアイーグレットキュアマーメイドキュアコーラルキュアフラミンゴ:名前に生物の名前が入った先輩キュア。

キュアリリアン次回作の4号キュア。同じく初期メンバーでありながら追加キュアとほぼ同時期の初変身となる予定である。ちなみに、彼女は緑キュア


4号キュア

キュアフィナーレキュアバタフライ(→キュアカグラ)→キュアリリアン


桃キュア

キュアプレシャスキュアバタフライ(→キュアトップ)→キュアワンダフル


プリキュアオールスターズ」プリキュアタグ

関連記事

親記事

聖あげは ひじりあげは

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7396856

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました