ピクシブ百科事典

ピンクチーム

ぴんくちーむ

ピンクチームとは、プリキュアシリーズで登場するキャラクター区分の一つである。
目次[非表示]

「ピンク色のコスチュームは伝説の戦士のアイコン 誰のことも壊さないと伝えるためにある色」
━フレッシュプリキュアイメージソング『lalala Shangri-ra』

【注意】
※各プリキュア間の身長・学力・運動神経の比較について公式の設定は存在しないため、コメント欄での議論の結果、公正を期すためキャラクターのスペック表は廃止しております。スペック表の新規作成・差し戻しはしないでください。

概要

ピンクチームはプリキュアシリーズで言う、ピンク色を基調としたプリキュア達のことである。
元々は映画「プリキュアオールスターズDX3」でプリキュアたちを三つのチームに分けるときに使われたチーム名なのだが、Pixiv上ではDX3以降の作品も含めた桃色のプリキュアの集合絵に付けられるタグとなっている。
別の呼び方としては桃キュアがあるが、タグ使用率としてはこちらが優勢となっている。

現在のプリキュアシリーズでは、その作品におけるメイン主人公のみピンク色主体のコスチュームを着ることが許される。よってピンクチームとはメイン主人公のプリキュアを総称するタグと言い換えることもできる。
スーパー戦隊シリーズで言えばレッド的ポジション
スーパー戦隊ではレッド以外にも皆勤賞の色が存在するが、プリキュアはピンクのみが皆勤賞である。

ピンクチームのメンバーとされるキャラで異論が出やすいキャラクターとして初代主人公のキュアブラックがいる。
キュアブラックのコスチュームはサブカラーとしてピンクが配色されているとはいえ、普通に考えると名前通り黒がメインカラーになるはずである。
しかし映画『DX3』ではキュアブラックがピンクチームに配属されたため、「プリキュアシリーズではピンクをメイン主人公のシンボルカラーにしている」という認識がファンの間でも広がることになった。
なお、ダークプリキュア5の登場以降プリキュアシリーズでは度々「闇のプリキュア」が登場するようになり、彼女らには黒系のコスチュームを決まって着せている。キュアブラックがピンクのプリキュアとしてファンの間で受け入れられるようになったのは、「プリキュアでの黒色は敵役カラー」という認識が広まったのも大きい(最も他作品は闇属性の味方キャラがいて光属性の敵キャラもいる為、多種多様の割にはここらに関する偏見が激しい)。

映画でのピンクチーム

プリキュア共演映画では各作品の主人公である桃キュアがチームを組んで特別な活躍をする場面がたまにある。
色別に各プリキュアがチーム分けされて個別に行動した「DX3」でもピンクチームは特別扱いで、このチームのみ、全員で放つキメ技「プリキュア・コラボレーションパンチ」を放っている。
なおこの映画ではオーブンと砂漠のステージでサーロインムシバーンのコンビと戦っている。敵側のチョイスについてはピンクチームだからそれにふさわしい相手とかを意識されているわけではなかったようだ。
また、映画『NS3』では当時の現役ピンク・ラブリーまでのピンクチーム全員がエンディングテーマ『プリキュア・メモリ』を歌唱した。

この映画「DX3」でピンクチームに配属されたプリキュアは以下の通り。


厳密な意味での「ピンクチーム」はこの6名だけなのだが、上述したようにpixivでは「桃キュア」全般をこの「ピンクチーム」のタグで表すことが多いため、以下からはこの6名に限らず「ピンク色の主役プリキュア」に関することについて記載する。

メンバー

ここで示すメンバーは、映画『DX3』よりも後に放映された作品も含めた、現在進行形の「桃キュア」一覧である。

美墨なぎさ/キュアブラック (ふたりはプリキュア/ふたりはプリキュアMaxHeart) CV:本名陽子
なぎさ
[プリキュア] キュアブラック!!
キュアブラック
日向咲/キュアブルーム(キュアブライト) (ふたりはプリキュアSplash☆Star) CV:樹元オリエ
ヒマワリ畑の真ん中で
ちょいとハッスル!
天空に満ちる月!
夢原のぞみ/キュアドリーム (Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!) CV:三瓶由布子
夢原のぞみさん!!
キュアどりーん
ドリーム
輝く希望
桃園ラブ/キュアピーチ (フレッシュプリキュア) CV:沖佳苗
桃園
プリキュアレジェンド
Cure Angel
花咲つぼみ/キュアブロッサム (ハートキャッチプリキュア) CV:水樹奈々
ワンドロ:花咲つぼみ/キュアブロッサム
センシティブな作品
スーブロ
北条響/キュアメロディ (スイートプリキュア) CV:小清水亜美
まだかなー
響さん
星空みゆき/キュアハッピー (スマイルプリキュア) CV:福圓美里
みゆきちゃん
凛然
ウルトラハッピー
ULTRA HAPPY
相田マナ/キュアハート (ドキドキ!プリキュア) CV:生天目仁美
みなぎる愛!
あなたに届け
キュアハートパルテノンモード!
愛乃めぐみ/キュアラブリー (ハピネスチャージプリキュア!) CV:中島愛
めぐみさん
中島ラブリーさん
1日1キュア! ロリポップヒップホップラブリーちゃん
ハピプリ劇場版!
ラブリーのイノセント
世界に広がる永遠の愛
春野はるか/キュアフローラ (Go!プリンセスプリキュア) CV:嶋村侑
はるはる
笑顔・花咲く・プリンセス
夢ははるか かなたへ
Primavera Princesa
ナミぞうさん、お誕生日おめでとうございます!
ごらんプリンセス
センシティブな作品
朝日奈みらい/キュアミラクル (魔法つかいプリキュア!) CV:高橋李依
少女漫画のアニメ 
みらい・ミラクル・未来くる!
無題
サファイアスタイルはそらがとべるよ
魔法つかいプリキュア!_08
オーバーザレインボー
宇佐美いちか/キュアホイップ (キラキラ☆プリキュアアラモード) CV:美山加恋
キラキラ☆プリキュアアラモード_02
キュアホイップ、出来上がり!
キュアホイップアラモードスタイル
野乃はな/キュアエール (HUGっと!プリキュア) CV:引坂理絵
HUGっと!プリキュア_03
キュアエールチアフルスタイル
母なる心
星奈ひかる/キュアスター (スター☆トゥインクルプリキュア) CV:成瀬瑛美
無題
無題
重なる想い
花寺のどか/キュアグレース (ヒーリングっど♥プリキュア) CV:悠木碧
癒された!
キュアグレース

特徴

桃キュアはどの作品でもメイン主人公なので、ピンクチームのメンバーは必ず第一話から登場する。
一年の物語がある程度進んだ後に新たにチームメンバーとなる追加キュアのイメージカラーがピンクになった例はない。(レギュラーではない番外戦士にはピンクのプリキュアも存在する)

メイン主人公だけあって性格も多面性を持って描かれる上、登場作品のテーマやモチーフを象徴するキャラクターとなるため全てのピンクチームのキャラを一言二言の同じ属性でまとめることは出来ない。
しかし、どんな困難にぶつかっても絶対に諦めないという強い意志を持つ点はピンク主人公全員に共通し、プリキュアシリーズの思想的な核とされる「少女の自立を凛々しく描く」を体現する存在として描かれている。
それゆえに、ピンクプリキュアはそれぞれのチームの仲間たちから信頼されており、仲間たちとの結束を強固にさせるチームの中核を担っている。
また全員何かしらの口癖や決め台詞を持っており、キャラクターを印象付ける物として描かれることが多い。直情的で感情移入しやすい性格のため、「理論よりも直感を最優先する」というのもピンクチームの特徴である。

メンバーの大半が身体を動かすことが好きという肉体派寄りで、理論よりも直感を優先する傾向にある。趣味や部活でスポーツを嗜んでいるものも多い。
ただし、運動音痴なピンクプリキュアもいないわけではない(夢原のぞみ花咲つぼみ花寺のどか等)

勉強については同作品内のチームメイトに比べて苦手なキャラが多く、その性格も相まってアホの子扱いされる場合もある。

永遠の友だち
なお無事に回避されたもよう。
( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ


ただ、いわゆる劣等生のような描かれ方をすることは滅多になく、どちらかというと「他のチームメイトが学年上位とかの設定を持つ優等生なことが多いので、相対的に主人公の立場が低くなる」という感じであることは留意しておきたい。
また、シリーズを重ねるにつれて作品コンセプトやキャラクター描写が多様化してきた影響で、近年は勉強を苦手としない桃キュアの人数が増えてきている。例えば花咲つぼみは勉強が好きというのが個性のキャラだし、相田マナは自分の成長のために勉強しなくてはいけないと理解していて成績は学年上位の優等生である。
そのため、学校での勉強への得手不得手をピンクチームの共通性とすることは将来的には難しくなるのではないかとも思われる。ヒーローの属性としては優等生の方が子供受けする場合もあるのでそこは一長一短。

部活動に関しては、ピンクチームのキャラはその点が作中でクローズアップされることは少ない。美墨なぎさ日向咲が運動部(なぎさ:ラクロス部、咲:ソフトボール部)、花咲つぼみが文化部(ファッション部と園芸部の掛け持ち)に所属しており、それ以外は北条響相田マナが運動部の助っ人をしているくらい。星空みゆきに関しては初期設定ではチアリーディング部という設定があったが、本編で描写がないためはっきりしていない。
校外活動としては、ラブは仲間達と共にミユキさんからダンスを教わっており、春野はるかみなみバレエを教わっている他、仲間達と一緒にミス・シャムールプリンセスレッスンを受け、朝日奈みらい魔法学校で定期的に魔法の勉強をしており、宇佐美いちかは仲間達と共にキラキラパティスリーでパティシエとして働いており、野乃はなと共に赤ちゃん育児やお仕事体験に奮闘、星奈ひかるプリンセススターカラーペンの捜索のため、仲間達と共にスターロケット宇宙を冒険している。
生徒会の役員をしているのは相田マナのみ(生徒会長)。夢原のぞみ愛乃めぐみは、プリキュア以外にコレといった活動は全くしていない。

両親を「パパ」「ママ」と呼ぶのは北条響相田マナ野乃はなの3人で、それ以外は「お父さん」「お母さん」と呼んでいる。
また、普段から敬語で話す花咲つぼみ(ただし、気を遣う必要性が全くない独り言やモノローグ時は中性口調に変わる)を除いたメンバーの全員が中性口調で話す(美墨なぎさ日向咲女性語がたまに混じり、夢原のぞみ愛乃めぐみ野乃はな男言葉がたまに混じる)。
2020年現在で中性口調をメインに使う桃キュアは、モノローグ時のつぼみも含め15人となり、全キュアの中でやはり最も多い

プリキュアの中には両親もしくは片親と死に別れていたり、親が離婚していたりする家庭で育った者それなりにいるが、ピンクチームについては両親が健在なのが通例になっている。
ただ、家庭環境としては両親どどちらかが仕事の都合で遠くで暮らしているという状況も結構ある。愛乃めぐみ星奈ひかるは父親不在、北条響宇佐美いちかは母親不在で、実質的には片親の家庭となっている。そういう作品では主人公が「親と離れて寂しいと感じている」との描写がされることはあるが、だからといって片親と一緒に生活していない家庭環境を良くないものとして描くことは絶対にない。どちらかと言えば主人公の方が寂しさを乗り越えるという決着の仕方をすることの方が多い。これは家庭環境は多様なものであるのが当然という初代作以来のスタンスゆえである。

兄弟姉妹が居るのは美墨なぎさ日向咲花咲つぼみ春野はるか野乃はなの5人で、それ以外はみな一人っ子である。(相田マナアイちゃんが不思議な力で自分をマナの妹だと彼女の家族に思い込ませていた時期がある)
因みに現時点で兄弟姉妹が居るピンクチームのメンバーは何故か全員が第一子で、弟や妹がいる場合でも1人だけある。一方で他の色のプリキュアは兄や姉がいるのも普通であり、2人以上の兄弟姉妹を持つことも珍しくないので、家庭環境は多様なものであるのが当然というスタンスの割にはこのあたりは少し違和感もある。また、弟が居るのはなぎさのみであり、他はみんな妹がいる形である。最近では3人以上の兄弟姉妹の末っ子お嬢様キュアで下に兄弟がいる第一子がプリキュアパターンもようやく確立された為、設定のボキャブラリーが増える可能性が出てきた。

プリキュアシリーズに登場するピンクではないプリキュアたちには国籍や血筋、または肩書をキャラクター上の個性としている者たちもいるが(「異国の姫君」、「現役アイドル」など)、ピンクチームのメンバーはそういう面について特別な個性化を避けるのが基本。(逆に言えば、現状ではピンクチーム全員が「日本で生まれ育った日本人で人種的には黄色人種。両親もまた同様」という形に固定化されているとも言えるのだが、その考えは多種多様を謳っておきながらピンクチームの属性は必ず純血主義があるべき姿、混血児は普通の子じゃないと言う偏見を生みかねない)
唯一の例外として、花咲つぼみには「祖母かつてプリキュアだった」という血統の特殊性が存在するが、つぼみの覚醒はほぼ偶発的なものであり、血統による偏見もストーリー上で否定的に扱われている。

ピンクチームのメンバーの年齢は「初めてプリキュアに変身した時点で中学2年生」が伝統だった。しかし10代目の『Go!プリンセスプリキュア』の主人公・春野はるかが中学1年生でプリキュアに変身したことでこの伝統が破られ、11代目の主人公・朝日奈みらいも中学1年生の春休みにプリキュアに初変身し、第11話で2年生に進級している。

「メイン主人公」について

シリーズにおいて「ピンクはメイン主人公の色」という扱いがはっきり確立したのはシリーズ四作目の『Yes!プリキュア5』からである。それ以前の作品では『ふたりはプリキュア』という名前が必ずついていたことからわかるように、ふたりのプリキュアは「どちらも主人公」という扱いであり、「メイン主人公」という概念自体が避けられていた
とはいえ、その「ふたり」のうちどちらか片方にピンクの色がつけられているため、「各作品においてピンクのプリキュアが必ずいる」という扱いは初代から崩れていないルールである。

扱いが微妙なキャラクターとして、『ふたりはプリキュアMaxHeart』に登場するシャイニールミナスがいる。彼女はプリキュアシリーズにおいてピンクチーム以外でピンク色のコスチュームを着ている唯一のキャラクターなのである。
これは何故かというと、上述のように制作当時は「ピンクはメイン主人公の色」という考え方自体がなかったからである。
もっとも、ルミナスは厳密にはプリキュアではなくキュアブラックとキュアホワイトのサポーター的な位置づけであり、加えて金髪が目立つためか、映画『DX3』ではプリキュアとして扱われてこそいるものの、ピンクチームではなくイエローチームに入れられている
そのため、ルミナスは黄キュアに分類されることが多いのだが、ピンクコスチュームでも金髪が目立つなら黄キュアとするとキュアピーチキュアハートキュアフローラキュアミラクルも黄キュア扱い出来てしまうことになってしまうため、ルミナスは色別カテゴリでは扱いが難しいキャラクターとなっている。
もっとも、イエローチームには暖色系の黄キュアと赤キュアの他に寒色系である紫キュアまで所属しており、ピンクチームやブルーチームと比べて統一性が無いため、ルミナスの髪や衣装の色など些細な問題なのだが。更に、イエローチームはルミナスのような追加戦士枠のプリキュア(ミルキィローズキュアパッションキュアサンシャインなど)が多数を占めているため、ルミナスのイエローチームへの配属は妥当であると言えるかもしれない。

なお、『ふたりはプリキュアSplash☆Star』の主人公の一人である日向咲キュアブルームキュアブライト二種類のプリキュアに変身する。キュアブルームはピンクが目立つ配色だが、キュアブライトは黄緑色というとても特殊な配色となっている。
しかし変身者自体は同じわけで、映画『DX』シリーズでは、咲は最初キュアブルームに変身し、途中からキュアブライトに変身する。サブカラーはピンクなのでキュアブラックと同じ扱いとすれば説明がつかないこともない。

pixiv上では桃キュアというタグもあり、メイン主人公なのかどうかということを無視して単純に色のみでピンク色をくくりたい場合はそちらの方がいいのかも知れない。

類語

メイン主人公の総称については、別の呼び方としてブラック家族がある。
これは美墨なぎさ/キュアブラック役の本名陽子が提唱した物で、本来は担当声優の総称だが、転じてキャラクターの総称としても使われることがある。

その他

ピンクチームには、内部ユニットが存在している。
1.±ふぃに(ぷらふぃに)

DX3楽しみ!!!


夢原のぞみ/キュアドリーム北条響/キュアメロディのコンビ。
のぞみ役の三瓶由布子と響役の小清水亜美ユニットであることに由来。

2.スマギャンプリキュア

スマギャンプリキュア


花咲つぼみ/キュアブロッサム星空みゆき/キュアハッピーのコンビ。
つぼみ役の水樹奈々とみゆき役の福圓美里は、ラジオ番組『水樹奈々スマイルギャング』のヘッドと副ヘッドであることから。

3.ラブマナ

らぶまな!


桃園ラブ/キュアピーチ相田マナ/キュアハートのコンビ。
両者共にピンクでありながら金髪だったり、トランプのハートがモチーフだったり、ラブ兄貴マナ王子といったヒーロー性を前面に出すキャラであることなど共通点が多い。

4.マナはる

プリンス&プリンセス


相田マナ/キュアハート春野はるか/キュアフローラのコンビ。
幸せの王子』に準えられているマナと『花のプリンセス』に準えられているはるかの対照的な二人だが、ハーレムの主に例えられるほど人を惹きつける魅力を持った、プリンスプリンセスコンビである。

5.ラブひび

ピーチ&メロディ


桃園ラブ/キュアピーチ北条響/キュアメロディのコンビ。
桃キュアの中でも一・二を争うほど上背が大きく、胸が大きく描かれがちなコンビ。
オールスターズでは相棒関係になることが多く、息が合ったコンビネーションプレイを披露することもある。
HUGっと!プリキュア第37話では相田マナ/キュアハートとも合流し、イケメン桃キュアトリオとして共闘し、巨大オシマイダーと複数なオシマイダーを息が合ったチームワークで浄化した。
また、この二人は東せつな/キュアパッション南野奏/キュアリズムとの関係が夫婦に例えられることが多い点も共通している。

6.ピンクカルテット

春の四人


プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』で集結した、キュアピーチキュアブロッサムキュアメロディキュアハッピーの、梅澤淳稔プロデューサー時代での主人公4人による混成チーム。しかし……。詳しくは個別記事参照。

7.Triple♡

トリプルハート♡


『プリキュアプリティストア』限定グッズ「アイドルシリーズ」内のユニットのひとつ。とうとう公式によるグループ名が付いた内部ユニットが登場したことになる。

8.ハルカノゾムミライ/ハルカノゾムミライノハナ

ハルカノゾムミライ
ハルカノゾムミライノハナ


アイドルシリーズ第2弾。詳しくは個別記事参照。

9.のぞみゆはなひびマナひか

はぐプリお楽しみ!
たかはしプリキュア〜


それぞれキャラクターデザインが川村敏江女史(川村キュア)、高橋晃氏(高橋キュア)によるピンク3人のタグ。

この他、ユニットではないもののアニメロサマーライブ経験者は2020年現在でキュアブロッサムキュアラブリーキュアミラクルキュアグレース、プリキュア名義でキュアホイップと5人いる。⇒歌キュアを参照。

関連イラスト

未来まで駆け抜ける
プリキュアピンクチーム
プリキュア 15th Anniversary
ピンクキュア集合(アンソロ表紙)



ピンクの要素がある他のプリキュアたち

プリキュアオールスターズ関係


番外戦士


その他


関連タグ

ピンクキュア 桃キュア : 表記揺れ。表現の整合性を取る場合に使用される事がある。
バトンタッチプリキュア! : 新旧ピンクチームの引き継ぎ
ぱんさーぴんく チェリーブロッサムカフェプリティストアで販売されているグッズのシリーズ

ブルーチーム イエローチーム
白キュア 赤キュア 黄キュア 緑キュア 青キュア 紫キュア 虹キュア
ピンク 桃色 
戦隊レッド 戦隊ピンク
主役キュア1号キュア

このほか、他作品のキャラクターはピンクヒロインを参照

関連記事

親記事

プリキュア戦士一覧 ぷりきゅあしりーずせんしいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピンクチーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3540075

コメント