ピクシブ百科事典

ピンクチーム

ぴんくちーむ

ピンクチームとは、プリキュアシリーズで登場するキャラクター区分の一つである。
目次[非表示]

「ピンク色のコスチュームは伝説の戦士のアイコン 誰のことも壊さないと伝えるためにある色」
━フレッシュプリキュアイメージソング『lalala Shangri-ra』

概要

ピンクチームはプリキュアシリーズで言う、ピンク色を基調としたプリキュア達のことである。
現在のプリキュアシリーズでは、その作品におけるメイン主人公のみピンク色主体のコスチュームを着ることが許される。よってピンクチームとはメイン主人公のプリキュアを総称するタグと言い換えることもできる。
スーパー戦隊シリーズで言えばレッド的ポジション
スーパー戦隊ではレッド以外にも皆勤賞の色が存在するが、プリキュアはピンクのみが皆勤賞である(キュアブラックをピンクと解釈しない場合は皆勤ではなくなる。詳細は後述)

元々はプリキュアオールスターズDX3でプリキュアたちを三つのチームに分けるときに使われたチーム名なのだが、Pixiv上ではDX3以降の作品に登場したピンクプリキュアも含めたタグとして使われている。
DX3ではオーブンと砂漠のステージでサーロインムシバーンのコンビと戦うことになった。

このチームのみ、全員で放つキメ技「プリキュア・コラボレーションパンチ」を持つ。
また、映画『NS3』では当時の現役ピンク・ラブリーまでのピンクチーム全員がエンディングテーマ『プリキュア・メモリ』を歌唱した。

ピンクチームで異論が出やすいキャラクターとして初代主人公のキュアブラックがいる。
キュアブラックは普通に考えると名前通り黒がメインカラーになるはずなのだが、『DX3』ではピンクチームに配属されている。
キュアブラックのコスチュームにはサブカラーでピンクが配色されており、ピンクチームとして扱うことに一応の筋は通ってはいるが……
なお、ダークプリキュア5の登場以降プリキュアシリーズでは度々「闇のプリキュア」が登場するようになり、彼女らには決まって黒系のコスチュームを着せている。
キュアブラックがピンクのプリキュアとしてファンの間で受け入れられるようになったのは、「プリキュアでの黒色は敵役カラー」という認識が広まったのも大きい。
黒キュアおよび闇キュアの項目も参考)

該当するプリキュア達

美墨なぎさ / キュアブラック (ふたりはプリキュア/ふたりはプリキュアMaxHeart) CV:本名陽子
なぎさ
[プリキュア] キュアブラック!!
キュアブラック
日向咲 / キュアブルーム(キュアブライト) (ふたりはプリキュアSplash☆Star) CV:樹元オリエ
ヒマワリ畑の真ん中で
ちょいとハッスル!
天空に満ちる月!
夢原のぞみ / キュアドリーム (Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!) CV:三瓶由布子
夢原のぞみさん!!
キュアどりーん
ドリーム
輝く希望
桃園ラブ / キュアピーチ (フレッシュプリキュア) CV:沖佳苗
桃園
プリキュアレジェンド
Cure Angel
花咲つぼみ / キュアブロッサム (ハートキャッチプリキュア) CV:水樹奈々
ワンドロ:花咲つぼみ/キュアブロッサム
キュアブロッサム
スーブロ
北条響 / キュアメロディ (スイートプリキュア) CV:小清水亜美
まだかなー
響さん
奇跡の
星空みゆき / キュアハッピー (スマイルプリキュア) CV:福圓美里
にっこりみゆきちゃん
キラキラ輝く未来の光!
凛然
ウルトラハッピー
ULTRA HAPPY
相田マナ / キュアハート (ドキドキ!プリキュア) CV:生天目仁美
みなぎる愛!
あなたに届け
キュアハートパルテノンモード!
愛乃めぐみ / キュアラブリー (ハピネスチャージプリキュア!) CV:中島愛
めぐみさん
中島ラブリーさん
1日1キュア! ロリポップヒップホップラブリーちゃん
ハピプリ劇場版!
ラブリーのイノセント
世界に広がる永遠の愛
春野はるか / キュアフローラ (Go!プリンセスプリキュア) CV:嶋村侑
はるはる
笑顔・花咲く・プリンセス
夢ははるか かなたへ
Primavera Princesa
ナミぞうさん、お誕生日おめでとうございます!
ごらんプリンセス
シャイニングプリンセス
朝日奈みらい / キュアミラクル (魔法つかいプリキュア!) CV:高橋李依
少女漫画のアニメ 
みらい・ミラクル・未来くる!
無題
サファイアスタイルはそらがとべるよ
魔法つかいプリキュア!_08
オーバーザレインボー
宇佐美いちか / キュアホイップ (キラキラ☆プリキュアアラモード) CV:美山加恋
キラキラ☆プリキュアアラモード_02
キュアホイップ、出来上がり!
キュアホイップアラモードスタイル
野乃はな / キュアエール (HUGっと!プリキュア) CV:引坂理絵
HUGっと!プリキュア_03


メンバーの特徴

レベルは 極端に低い<大変低い<かなり低い<低い<やや低い<普通<やや高い<高い<かなり高い<大変高い<きわめて高い

名前性格学力運動神経身長※1兄弟姉妹部活動及び校外活動
なぎさ男勝り低いかなり高い普通ラクロス部キャプテン(MH)ラクロス選手(NS3
朗らか低いかなり高い普通ソフトボール部キャプテン(最終話)パン屋(NS3)
のぞみ前向き極端に低い→やや低い大変低いやや低いなしなし教師
ラブ人懐っこい低い普通普通なしダンスの個人レッスンダンサー(NS3)→教師(小説版
つぼみ内気高い大変低いやや低いファッション部&園芸部員植物学者兼宇宙飛行士
活発低い大変高い普通なし各運動部の助っ人ピアニスト
みゆき純真極端に低い普通やや低いなしチアリーディング部※7童話作家
マナ自信家高いきわめて高い普通なし生徒会長&各運動部の助っ人総理大臣
めぐみお節介焼き極端に低い普通やや低いなしなしなし
はるか努力家高い※2やや高い低いプリンセスレッスン花のプリンセス
みらい好奇心旺盛高い(数学は苦手)やや高い低い※3(変身後は普通)なし魔法学校の特別生徒不明※4
いちかお調子者普通※5高い低いなしスイーツショップ店長エリシオとの約束を果たす※6
はな元気かなり低い普通低い(変身後は普通)育児&お仕事体験超イケてる大人のお姉さん
※1:設定資料では、なぎさ・咲・ラブ・響・マナの身長は同じとされている(ちなみにラブの身長が159㎝である)。
※2:序盤ではやや苦戦している描写もあったが、夏休み明けには「ノーブル学園生として少しは様になってきた」と教師から褒められていることからノーブル学園の偏差値がかなり高い授業内容にもついていけている。これは世間一般の目から見れば”同年代の子供の中ではかなりの優等生”として扱われるレベル。
※3:みらいは見た目上は他の作品のプリキュアよりも低身長に見えるが、これは『魔法つかいプリキュア!』では中学生キャラの頭身が従来より低めにデザインされている。
※4:エピローグにて「自分の知らない場所やそこに住む人のことを知っていきたい」という動機で大学で世界の様々な国々について学び、母親の仕事のため海外まで随行したりしていることが描かれている。具体的な進路は決まっていないようだが、自立した国際人を目指しているとは思われる。
※5:いちかは「勉強は得意じゃない」と自認しているものの、設定上は「実は地頭はいい」「ドジはするけどバカじゃない」とされており、学力の低さが強調された描写はない。自宅で予習復習を人並みにはちゃんとやっている描写がある。
※6:「世界の人々の心を”大好き”の笑顔で繋ぐ」というもの。最終回では自分も母親のように世界中を飛び回る生活をしてみたいという気持ちが芽生えており、数年後のエピローグでは成長したいちかが妖精たちから譲り受けたキラキラパティスリーを携えて世界各地に赴き、現地の人々にスイーツを振る舞って笑顔にしている姿が描かれている。
※7:初期設定であり、本編でその描写や言及がないことから設定が消えている可能性がある。
───────────────────────────────────────────────────────────────

メイン主人公だけあって性格も多面性を持って描かれる上、登場作品のテーマやモチーフを象徴するキャラクターとなるため全てのピンクチームのキャラを一言二言の同じ属性でまとめることは出来ない。

しかし、どんな困難にぶつかっても絶対に諦めないという強い意志、誰とでもすぐ友達になれる人懐っこさ、助けを求められたら断れないお人好しな性分、どこか間の抜けた愛嬌がある性格、そして他人を思いやることができる優しさを持つという点はピンク主人公全員に共通し、そうした他者を惹き付ける魅力を持つ(あるいは物語を通して身につけていく)が故に、ピンクプリキュアはそれぞれのチームの中心人物として仲間達から信頼されている。また全員何かしらの口癖や決め台詞を持っており、キャラクターを印象付ける物として描かれることが多い。直情的で感情移入しやすい性格のため、「理論よりも直感を優先する」というのもピンクチームの特徴である。

メンバーの大半が身体を動かすことが好きという肉体派寄りで、理論よりも直感を優先する傾向にある。趣味や部活でスポーツを嗜んでいるものも多い。ただし、つぼみは勉強が得意な反面運動が苦手で、のぞみは勉強もスポーツも苦手。

勉強については同作品内のチームメイトに比べて低めな傾向が多い。嘗ては他の魔法少女系主人公と同様に勉強が苦手なキャラが多く、その性格も相まってアホの子扱いされる場合が多かった。

永遠の友だち
なお無事に回避されたもよう。
( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ


しかし、咲は試験期間中に真面目に勉強してテストでそれなりに良い結果を出せており、のぞみも「学校の先生になりたい」という目標が出来てからは少しずつだが改善の兆しが見られるようになるなど、勉強が苦手でも「本当はやれば出来る子」という描写がされるメンバーもしっかり存在する。
また、シリーズが増えてくるにつれてメンバーや作品コンセプトが多様化してきた影響で、近年は勉強を苦手としない桃キュアの人数が増えてきている。

部活動に関しては、なぎさと咲が運動部(なぎさ:ラクロス部、咲:ソフトボール部)、つぼみが文化部(ファッション部と園芸部の掛け持ち)に所属しており、それ以外は響とマナが運動部の助っ人をしているくらい。みゆきに関しては初期設定ではチアリーディング部という設定があったが、本編で描写がないためはっきりしていない。
校外活動としては、ラブは仲間達と共にミユキさんからダンスを教わっており、はるかもみなみバレエを教わっている他、仲間達と一緒にミス・シャムールプリンセスレッスンを受け、みらいは魔法学校で定期的に魔法の勉強をしており、いちかは仲間達と共にキラキラパティスリーでパティシエとして働いており、はなは仲間たち留学生と共に赤ちゃん育児やお仕事体験に奮闘している。
生徒会の役員をしているのはマナのみ(生徒会長)。のぞみとめぐみは、プリキュア以外にコレといった活動は全くしていない。

両親を「パパ」「ママ」と呼ぶのは響とマナとはなの三人で、それ以外は「お父さん」「お母さん」と呼んでいる。また、普段から敬語で話すつぼみを除いたメンバーの全員が中性口調で話す(女性語男言葉がごく稀に出る子もいる)。

兄弟姉妹が居るのはなぎさ、咲、つぼみ、はるか、はなの五人で、それ以外はみな一人っ子だが、マナはアイちゃんが不思議な力で自分の事をマナの妹だと彼女の家族に思い込ませていた時期がある。因みに現時点で兄弟姉妹が居るピンクチームのメンバーは何故か全員が第一子で、自分を含めた兄弟姉妹が三人以上いる者はいない(家族の形は人それぞれであるにも拘わらず)。また、男の子の兄弟姉妹が居るのはなぎさのみである(弟が一人)。

プリキュアシリーズに登場するプリキュアたちには国籍や血筋、または肩書をキャラクター上の個性としている者たちもいるが(「異国の姫君」、「現役アイドル」など)、ピンクチームのメンバーはそういう面について特別な個性化を避けるのが基本(日本人ではあるが、それについてわざわざ明言することはない)。唯一な例外として、つぼみには「祖母かつてプリキュアだった」という血統の特殊性が存在するが、つぼみの覚醒はほぼ偶発的なものであり、血統による偏見もストーリー上で否定的に扱われている。

ピンクチームのメンバーの年齢は「初めてプリキュアに変身した時点で中学2年生」が伝統だった。しかし10代目の『Go!プリンセスプリキュア』の主人公・春野はるかが中学1年生でプリキュアに変身したことでこの伝統が破られ、11代目の主人公・朝日奈みらいも中学1年生の春休みにプリキュアに初変身し、第11話で2年生に進級している。

「メイン主人公」について

シリーズにおいて「ピンクはメイン主人公の色」という扱いがはっきり確立したのはシリーズ四作目の『Yes!プリキュア5』からである。それ以前の作品では『ふたりはプリキュア』という名前が必ずついていたことからわかるように、ふたりのプリキュアは「どちらも主人公」という扱いであり、「メイン主人公」という概念自体が避けられていた
とはいえ、その「ふたり」のうちどちらか片方にピンクの色がつけられているため、「各作品においてピンクのプリキュアが必ずいる」という扱いは初代から崩れていないルールである。

扱いが微妙なキャラクターとして、『ふたりはプリキュアMaxHeart』に登場するシャイニールミナスがいる。彼女はプリキュアシリーズにおいてピンクチーム以外でピンク色のコスチュームを着ている唯一のキャラクターなのである。
これは何故かというと、上述のようにこの作品がつくられた当時は「ピンクはメイン主人公の色」という考え方自体がなかったからである(確立したのは『Yes!プリキュア5』から)。
もっとも、ルミナスは厳密にはプリキュアではなくキュアブラックとキュアホワイトのサポーター的な位置づけであり、加えて金髪が目立つためか、映画『DX3』ではプリキュアとして扱われてこそいるものの、ピンクチームではなくイエローチームに入れられている
そのため、ルミナスは黄キュアに分類されることが多いのだが、ピンクコスチュームでも金髪が目立つなら黄キュアとするとキュアピーチキュアハートキュアフローラキュアミラクルも黄キュア扱い出来てしまうことになってしまうため、ルミナスは色別カテゴリでは扱いが難しいキャラクターとなっている。
イエローチームには暖色系の黄キュアと赤キュアの他に寒色系である紫キュアまで所属しており、ピンクチームやブルーチームと比べて統一性が無いため、ルミナスの髪や衣装の色など些細な問題なのだが。更に、イエローチームはルミナスのような追加戦士枠のプリキュア(ミルキィローズキュアパッションキュアサンシャインなど)が多数を占めているため、ルミナスのイエローチームへの配属は妥当であると言えるかもしれない。

なお、『ふたりはプリキュアSplash☆Star』の主人公の一人である日向咲キュアブルームキュアブライト二種類のプリキュアに変身する。キュアブルームはピンクが目立つ配色だが、キュアブライトは黄緑色というとても特殊な配色となっている。
しかし変身者自体は同じわけで、映画『DX』シリーズでは、咲は最初キュアブルームに変身し、途中からキュアブライトに変身する。サブカラーはピンクなのでキュアブラックと同じ扱いとすれば説明がつかないこともない。

pixiv上では桃キュアというタグもあり、メイン主人公なのかどうかということを無視して単純に色のみでピンク色をくくりたい場合はそちらの方がいいのかも知れない。

類語

メイン主人公の総称については、別の呼び方としてブラック家族がある。
これはキュアブラック役の本名陽子が提唱した物で、本来は担当声優の総称だが、転じてキャラクターの総称としても使われることがある。

その他

ピンクチームには、内部ユニットが存在している。
1.±ふぃに(ぷらふぃに)

DX3楽しみ!!!


キュアドリームとキュアメロディのコンビ。
のぞみ役の三瓶由布子と響役の小清水亜美ユニットであることに由来。

2.スマギャンプリキュア

スマギャンプリキュア


キュアブロッサムとキュアハッピーのコンビ。
つぼみ役の水樹奈々とみゆき役の福圓美里は、ラジオ番組『水樹奈々スマイルギャング』のヘッドと副ヘッドであることから。

3.ラブマナ

らぶまな!


キュアピーチとキュアハートのコンビ。
両者共にピンクでありながら金髪だったり、トランプのハートがモチーフだったり、ラブ兄貴マナ王子といったヒーロー性を前面に出すキャラであることなど共通点が多い。

4.マナはる

プリンス&プリンセス


キュアハートとキュアフローラのコンビ。
幸せの王子』に準えられているマナと蕾のプリンセスに準えられているはるかの対照的な二人だが、ハーレムの主に例えられるほど人を惹きつける魅力を持った、プリンスプリンセスコンビである。

5.ラブひび

ピーチ&メロディ


キュアピーチとキュアメロディのコンビ。
桃キュアの中でも一・二を争うほど上背が大きく、胸が大きく描かれがちなコンビ。
オールスターズでは相棒関係になることが多く、息が合ったコンビネイションプレイを披露することもある。また、この二人は東せつな/キュアパッション南野奏/キュアリズムとの関係が夫婦に例えられることが多い点も共通している。

6.ピンクカルテット

ピンク♡カルテット


プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』で集結した、ピーチ・ブロッサム・メロディ・ハッピーの、梅澤淳稔P時代での主人公4人による混成チーム。しかし……。詳しくは個別記事参照。

7.トリプルハート

トリプルハート♡


『プリキュアプリティストア』限定グッズ「アイドルシリーズ」内のユニットのひとつ。とうとう公式によるグループ名が付いた内部ユニットが登場したことになる。

8.ハルカノゾムミライ

遥かなる夢のステージへ


アイドルシリーズ第2弾。詳しくは個別記事参照。

9.のぞみゆはな

ピンクちゃん


川村敏江女史キャラクターデザインのピンク3人のタグ。

この他、ユニットではないもののアニメロサマーライブ経験者は2018年現在でブロッサム・ラブリー・ミラクル、プリキュア名義でホイップと4人いる。⇒歌キュアを参照。

関連イラスト

バリバリかわいいハンサムガールズ!
プリキュアオールスターズ リーダーだけ


未来まで駆け抜ける
プリキュアピンクチーム



ピンクの要素がある他のプリキュアたち

プリキュアオールスターズ関係


番外戦士

その他


関連タグ

ピンクキュア 桃キュア : 表記揺れ。表現の整合性を取る場合に使用される事がある。
バトンタッチプリキュア! : 新旧ピンクチームの引き継ぎ
ぱんさーぴんく チェリーブロッサムカフェプリティストアで販売されているグッズのシリーズ

ブルーチーム イエローチーム
白キュア 赤キュア 黄キュア 緑キュア 青キュア 紫キュア 虹キュア
ピンク 桃色 
戦隊レッド 戦隊ピンク

このほか、他作品のキャラクターはピンクヒロインを参照

pixivに投稿された作品 pixivで「ピンクチーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2523472

コメント