ピクシブ百科事典

キュアミラクル

きゅあみらくる

TVアニメ『魔法つかいプリキュア!』に登場するプリキュアの一人。朝日奈みらいが変身する。
目次[非表示]

二人の奇跡!キュアミラクル!!

CV:高橋李依

概要

本作品の主人公である朝日奈みらいが変身する魔法つかいプリキュアの1人。プリキュアオールスターズでは通算42人目のプリキュアとなる。
イメージカラーはカラフルスタイルによって複数所持しているのだが、各種メディアでアイコン的に扱われている「ダイヤスタイル」の姿ではピンクの衣装を纏う。(→桃キュア
イメージシンボルはハート

キャラクターとして

ナシマホウ界(いわゆる人間界)に住むごく普通の少女であったが、魔法界に住むリコ/キュアマジカルと出会ったことをきっかけに、伝説の魔法使い「プリキュア」に選ばれた。そして二つの世界を行き来する冒険の日々が始まることになる。
詳細は変身前である朝日奈みらいの項を参照。

プリキュアに変身する時は、モフルン、「守りの石」のいずれかのリンクルストーン、そして相方のリコを必要とする。つまり一人だけで変身できないタイプのプリキュア。
(上記の 二人の奇跡! はここに由来している。)

変身前のみらいは何処となく幼児体型なデザインがされているのだが、キュアミラクルへ変身すると、胴体や手足がスラリと長くなり大人びた雰囲気になる。頭身も長くなっているので身長自体が少し大きくなっているようだ。
なお変身後は胸が少しばかり膨らんでおり、特にルビースタイルの衣装でそれがよくわかる。
これはフレッシュプリキュア以来である。

朝日奈みらい
ミラクル!


←before after→

カラフルスタイル

キュアミラクル描いてみた


キュアミラクルは変身時に使用するリンクルストーンの種類によって、4種類の全く別の姿のプリキュアに変身する。そしてどの姿に変身したかによってプリキュアとしての戦闘能力が大きく変わる。この変身システムをカラフルスタイルと呼ぶ。
変身後に二段変身するタイプのフォームチェンジとは異なり、変身時にどのスタイルになるかを選択する必要がある。
また、キュアミラクルとキュアマジカルは変身時に同じリンクルストーンを使う必要があるため、必ず同じ種類のカラフルスタイルに変身することになる。
各形態の特性は単独記事に掲載。

魔法戦闘が可能なベーシックタイプで、ピンクを基調とした衣装を纏う。各種メディアでの作品紹介ではキュアミラクルは基本的にこの姿で描かれている。
プリキュアらしくフリルとリボンに飾られたふんわりしたデザインだが、腰部分がコルセット調になっているのが大人っぽさを印象付けている。ちなみにスカートの中はドロワーズ

CureUP,La pa pa!



怪力自慢のパワータイプで、を基調とした衣装を纏う。
ハートリボンの意匠と髪型がツインテールに変わるのが特徴。

◇Ruby Style◇



飛行可能なスピードタイプで、を基調とした衣装を纏う。
ギリシャ(というかローマ帝国時代)風のデザインでオリエンタルなのが特徴。歴代のプリキュアで初めて、ストールも衣装に含まれている。
スタッフのインタビューによるとグレートバリアリーフの真昼の海がモチーフとなっている。

サファイアスタイル



道具を自在に錬成するトリッキータイプで、黄色を基調とした衣装を纏う。
三つ編みを輪っか状(ドーナツ状)に結わえており、大きなキャンディの形をしたリボン(左右で色が違う)が目を惹く。

トパーズスタイルはふしぎなちからがつかえるよ



フォームチェンジ

上記いずれかのカラフルスタイルに変身した後、さらに特定のリンクルストーンを使うことで強化フォームフォームチェンジすることができる。(いわゆるスーパープリキュア化)

第31話より登場した強化フォーム。ダイヤスタイルをベースに、翼状のマントが背中に装着され、頭には大きなとんがり帽子を被る。
また、フリルなどの装飾がダイヤスタイルの時より増量しており、腰や足に光のリングが取り巻くようになる。



映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』登場する劇場版限定フォーム。アレキサンドライトスタイルの細部のデザインをリファインしたもので、実質的な役割や能力はアレキサンドライトスタイルと全く同じ。

ミラクル・ハートフルスタイル!



特徴・戦闘スタイル

前述の通りキュアミラクルは変身すると外見が成長するが、同時に内面も多少変化する。
キュ荒ブリーと称されるように縦横無尽に暴れまくるラブリーや、力強く気合いを込めて戦うフローラといった直近の先輩と異なり、ミラクルは(ルビースタイル以外では)戦闘でもあまり気迫を前面に出さないところがある。
むしろ普段のみらいが明るさと人懐っこさの裏に隠し持っている、クールな一面が表に出ていると言えるだろう。

その特徴は戦闘スタイルにも現れており、拳や蹴りを打ち合う格闘戦をあまり仕掛けない。
代わりに、動き回ったり銀魔法やトパーズのビットを駆使して敵の隙を探し、強力な一発を急所に叩き込む戦法を多用する。
今作の怪物は飛び道具を多用するため、それを誘導して自爆させる手も好む。
ふたりキュアだけあって、プリキュア同士のコンビネーションにも長ける。

他にも、ルビースタイルの時は力勝負を重視し、サファイアなら空中で連続攻撃を行うなど、前述のカラフルスタイルによっても戦法に変化がある。

映画

こちらに詳細は譲るが、魔法つかいプリキュア!での映画出演は最初の春映画である『プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』から通算し7作連続出演を記録し、この内ミラクルのみ7作目である『映画プリキュアミラクルユニバース』が声ありの出演なので、2021年3月現在7作連続で声あり出演を記録した唯一のプリキュアとなった。

変身前の姿と変身後の姿のタグの使い分けに関する注意と配慮について

プリキュアに変身した後の姿しか描かれていないイラストに対して、変身前の姿である『朝日奈みらい』等のタグを付ける行為は、変身前の姿のイラストだけを見たい人にとっては検索妨害になってしまうので、そのような行為は避けるべきである。
また、変身前の姿しか描かれていないイラストに対して、変身後の姿である『キュアミラクル』のタグを付ける行為に関しても同様に避けるべきである。
中にはもちろん、変身前後の姿の両方のタグが付けられている事を気にしない人もいるだろうが、検索の際に気になるという人もいるため、そのような人への配慮としてタグの使い分けをしっかりと行う事が推奨される。

関連タグ

魔法つかいプリキュア!
キュアマジカル 魔法使い
ピンクチーム 暖色キュア ピンクヒロイン 主人公 ほまれチーム
平成プリキュア  主役キュア

キュアフローラキュアミラクルキュアホイップ

プリキュアオールスターズ」プリキュアタグ

←41.紅城トワ / キュアスカーレット42.朝日奈みらい / キュアミラクル43.十六夜リコ / キュアマジカル

関連記事

親記事

朝日奈みらい あさひなみらい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キュアミラクル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キュアミラクル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12191825

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました