ピクシブ百科事典

ピンク

ぴんく

色のひとつ。英語で「ナデシコ」を意味する言葉のため「撫子色」と訳されることもあるが、日本の歴史的な色の「桃色」に近いことから、一般的にはそちらで訳される。
目次[非表示]

もしかして


概要

ピンク(pink)とは、色調のひとつ。JISの色彩規格では「やわらかい」としている。
pixivにおいては、ピンク色をメインに使っているイラストなどに付けられるタグ

ピンク色自体は、を混ぜると作ることが出来る。また、濃淡によって様々なバリエーションが存在する。
CG上で作る場合は、赤に青成分を少し混ぜることでピンク的な色彩にすることが可能。
一般的にイメージされるピンク色よりも、実は正式に定義される方が濃いものである。前者のピンク色は、「鴇色(ときいろ)」と呼ばれる色に近い。
英語の"pink"は、元来植物の「なでしこ」の意であり、色名ではなかった。後に、ナデシコのの色を指して”pink"、すなわち「なでしこ色」と呼ぶようになった。

ピンクは女性を象徴する色として扱われることが多く、女性向けの商品などにイメージカラーとして使用されることが多い。これは企業側が「女性がピンクを好む」と決め付けているわけではなく、実際に売り上げが高いのである。その理由は、女性は人の表情を読むのに長けている性を持ち、また赤ん坊を連想するピンク色を好むからだと言われている。
スーパー戦隊シリーズでは、ピンク色は必ず女性キャラクターのパーソナルカラーである(ただし、作品によってはピンクの近似色であるが使用されることもあり、黄色をはじめそれ以外の色を担当するヒロインも多数存在。また、ピンク自体が登場しない年度も)。
日本においては、それらから発展して性的な意味合い・イメージも持たれるようになった。例えば、成人向け映画のことを俗に、「ピンク映画」風俗店などの広告を、「ピンクちらし」と呼ぶ場合がある。
しかしこのような性風俗にかかわる用法を使うのは日本だけであり、海外ではそのような意味合いはない。海外ではどうかというと、黄色などの色を性的な象徴として用いている。

ピンクには桃色という代替表現があるものの、「どちらかがメインでどちらかがサブ」というわけでもなく、時と場合によって使い分けられている節がある。
例えば前述のとおり戦隊シリーズにおける、この色をパーソナルカラーにしたヒロインたちが「戦隊ピンク」と呼ばれたり(「戦隊桃」「戦隊桃色」とはあまり呼ばれない)、「ピンクの悪魔」「ピンクは淫乱」といった、ピンクという言葉に絡めたネットスラングが多数存在したりする一方で、「ももいろクローバーZ」や『桃色の片思い』といった、わざとピンクという表現を使わないケースも多々ある。
とは言え、最近は浸透度でピンクの方が若干勝っているらしく、「ピンクい」という表現を使う者さえ出て来ているという(「特定の色である」ことを表す際には「○○い」という形容詞を用いるパターンと、「○○だ」という形容動詞を用いるパターンの2つがあるが、この内形容詞を用いるパターンの方が日常・文化に対する浸透度が高いと見られることがある。例えば形容詞の形で用いられる色名は赤・青・白・・黄色といった日本の日常・文化に古くから浸透している色であり、それに当てはまらないオレンジといった色は形容詞の形では用いられない。ピンクが後者から前者に転身を果たそうとしているのだとしたら、興味深い話である)。

雑音を使ったテストでは、スピーカーにホワイトノイズ(全周波数帯で等しい強度を持つノイズ)を用いると高音域の信号が過大になってしまい、スピーカーを傷めることがある。加えて人間の聴覚特性に合わせるべく、周波数が高くなるにつれて逆に弱くなっていくノイズを信号として使うのだが、これを分光スペクトルに当てはめると、ちょうどピンクの光を分光した時と同じような分布になるため「ピンクノイズ」と呼称するのである。

関連イラスト

どピンク
♡Macaron♥



関連タグ

… 関連タグまとめあり
ピンキー
ピンクは淫乱 狂乱ピンク ばっちゃが言うなら間違いない 腹黒ピンク
ピンク髪 ピンク眼/ピンク目 ピンク肌 ピンク乳首
ピンク水着 ピンクスク水 ピンクビキニ ピンク下着 ピンクパンツ ピンクブラ
ピンクブルマ ピンクスパッツ ピンクシャツ ピンクセーラー ピンクリボン
ピンクの悪魔 ピンクヒロイン ピンクヒーロー ピンクドラゴン
ピンクの子 ピンクの人 ピンク組
ピンクムーン ピンク電話 ピンク玉 ピンクリボン運動 ピンクシャツ運動
ピンクが好き ダサピンク現象

別名・近似色

ピンク色 桃色 /  桜色
サーモンピンク ショッキングピンク パステルピンク
マゼンタ  

配色

ピンクと黒 ピンクと白 ピンクと赤 ピンクと黄色 ピンクと橙色 ピンクと緑 ピンクと青 ピンクと水色 ピンクと紫 ピンクとグレー ピンクと茶色(アポロチョコ)
ピンクと銀色
ピンク白黒 ピンク黒白

ピンク色を基調としたデザインの代表的キャラクター


ピンク色をイメージカラーとしている実在の人物


他の記事言語

Pink

外部リンク

ピンク - wikipedia

関連記事

親記事

いろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22401576

コメント