ピクシブ百科事典

竈門禰豆子

かまどねずこ

漫画『鬼滅の刃』のヒロイン。
目次[非表示]

概要

漫画『鬼滅の刃』のヒロインで、炭治郎の妹。
長い髪の数か所を部分的に結び、額を出した容姿をしている。
物語開始時(享年)12歳。炭治郎の修行後は実質14歳である。

家族と共に慎ましやかながらも幸せな生活を営んでいたが、唐突に、そして理不尽に訪れた残酷な災厄により人ならざるとなってしまう。

人を喰らう鬼としての業に抗い、兄と共に人を護りながら、己が人へと戻るための果てしない旅路に踏み出す。

人物

竈門家六人兄妹の長女で、村でも評判の美人(美少女)だった。
その容姿の美しさは、炭治郎の同期隊士・善逸の目には輝いて映るほど。

人間であった頃は、家族想いの優しい少女であり、行商に赴く長男・炭治郎に次いで、家庭で母親と共に弟妹たちの面倒を見る役目を担っていた。
物語冒頭にて鬼舞辻無惨によってにされた後は、思考能力が著しく低下しているようで、簡単なコミュニケーションしか取れず、行動原理も非常に単純。また、人を喰らわせないようにする保険として、竹製の口枷を常に噛まされている事もあり、会話も不可能。朗らかだった表情も、虚ろな眼のみとなってしまった。指の爪は鋭く尖っている。
しかし、本人の資質によるものか意思の強さによるものかは定かではないが、人肉を喰らわずにはいられないはずの鬼としての飢餓を抑え込み、逆に鬼としての力を兄(家族)を護るために振るうという、鬼としては異端の同族殺しとでも言うべき存在となった(ただし、飢餓自体は感じているようで、切迫した状況下では涎を垂らしてしまっている。それを理性で抑え込んでいるため、人を傷つけたことは無い)。
更に、炭治郎の剣の師匠による暗示により、人間を全て「家族」と認識し「家族を傷つけるを滅する」よう意識下に刷り込まれる。しかし、自身の意志もある程度残っているようで、最愛の兄である炭治郎の言葉や導き手に従い、判断して行動する面もある。戦闘以外の場面では、子供のように兄に触れあって甘えたり、可愛らしい金魚を見て和む姿も見られる。

加えて、「奇跡」とも言い表せられるほどに鬼としては特異な事に、人を喰らう代替として「睡眠」によってエネルギーを補充するよう自らの体質を変質させたらしく、炭治郎が修行していた期間(二年間)ずっと眠り続け、その後も戦闘行動時以外は基本的に眠っているか赤子のようにぼーっとしている。
鬼は日光を浴びると灰化するため、移動する日中は常に炭治郎の背負う「箱」の中で眠っている。

そして、アプローチは異なるが、珠世に続き自力で鬼舞辻の呪いを外した鬼でもある。
余談だが、6巻のおまけページでは目にハイライトが描かれており、(本編では56話から描かれるようになっている)日に日に何かしらの変化が起きているものと考えられる。

なお、生前(鬼化前)の理想の男性像は「飛車のような人」であったことから、炭治郎を意識していた部分があったようである

能力

身体能力

の基本特性としてほとんど不死身であり、日光を浴びるか、鬼狩りの振るう日輪刀で頸を撥ねられる以外は基本的に死ぬ事が無く、四肢をもがれても短時間で再生する。
更に禰豆子は鬼舞辻無惨から分け与えられた”鬼の血”の量が多かったため、若い鬼としてはかなり高い身体能力を有しており、その剛拳は鬼の臓腑を破裂させ、その烈蹴は鬼の頸を撥ね飛ばす。
ただし禰豆子本人は格闘技術を習得しているわけではなく、上述の通り複雑な思考も出来ないため、攻撃パターン自体は非常に単調で見切られ易いという弱点もある。

また、鬼は人を喰らい続ける事で身体能力を増強し、さらに異能力である”血鬼術”が使えるようになるが、なぜか禰豆子はいっさいの人を喰らうこと無く、迫る危機に対して自らの意志で力を増していき、更には下記の血鬼術すら習得してしまった。

血鬼術 爆血

自らの血を爆熱させる事により、血が付着した対象を焼却あるいは爆裂させる術。
その火力は鬼舞辻無惨の直属である十二鬼月の鋼糸すら、滅却せしめた。
負傷していない時には、(おそらく)爪で自分の手のひらを傷つけて血を流すことで発動している。
なお、彼女は血を使いすぎると眠くなってしまうため、自身の血を媒介に発動するこの血鬼術を使う必要がないときは、自身の爪や蹴りを用いた体術で戦っている。

その他にも人外の術的なものとして、自身の体格(身体年齢)をある程度操作できるようで、炭治郎の背負う箱に収まる際には幼児化(幼児体化)し、戦闘時などには本来の年齢(14歳)の大きさに戻っている。また、初めて鬼になった際には大人の女性に身体を成長させた事もあった。

余談

禰豆子が戦闘に主に用いる手段は蹴りである。慎ましく和服に身を包んだ美少女は、戦闘時にはその美脚を惜しみなく曝け出す。惜しみなく。
ファンの間でたびたびその(鬼の頸を捻じ切るほどの)健脚が話題に挙がるが、劇中である大正時代(特に農村部)の女性は下着を着用しないのが一般的であったため、はいてない可能性が高い。

関連タグ

鬼滅の刃 竈門炭治郎

pixivに投稿された作品 pixivで「竈門禰豆子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405150

コメント