ピクシブ百科事典

多摩川

たまがわ

笠取山から東京都、神奈川県を経由して東京湾へ流れる一級河川
目次[非表示]

概要

種別:一級河川
長さ:138km
流域面積:1240km²

山梨県埼玉県の県境の笠取山水源とし、奥多摩湖から下流の部分が「多摩川」と呼ばれている。調布市から下流は東京都神奈川県の県境を為している。東京都大田区川崎市川崎区の間で東京湾に注ぐ。
護岸工事を受けていない部分も多く、自然豊かな川である。

歴史

旧石器時代以降の遺跡が流域に見られ、平安時代の文献に「玉川」の名称が確認される。勾配が急な川のため、古来より暴れ川として有名だった。

1611年、稲毛領と川崎領(現在の川崎市に相当)を通る灌漑用水路二ヶ領用水が完成し、新田の開発が進み米の生産高が大きく上昇した。狛江市から世田谷区を通り大田区に至る六郷用水も完成した。
1653年、上流の多摩地区で玉川兄弟らにより上水道玉川上水が完成した。
1693年、多摩川の旧河床を利用した灌漑用水路・府中用水が完成した。

江戸時代には田中丘隅による瀬替え(蛇行部の短絡)や連続堤の築造、用水の改修が行なわれた。

明治時代には下流の川崎で工業用水としての取水が始まった。
コンクリート用の砂利採取が盛んになり、環境破壊が問題化した。

1904年、多摩川の堤防の早期構築を交渉するために御幸村、日吉村、町田村(川崎市中原区・幸区・鶴見区の多摩川沿いの地区)の住民500人以上が、治安警察法による処罰を覚悟の上で神奈川県庁に押し寄せ、直訴を行った。直訴に赴いた住民が編笠を被っていたため「アミガサ事件」と呼ばれる。
これを切欠に築堤・改修の請願運動が盛んになり、神奈川県知事有吉忠一の判断で治水工事が進められ、道路をかさ上げした「有吉堤」が1916年に完成した。

高度経済成長期には生活排水が垂れ流されてドブ川と化し、工業地帯の煤煙と共に「公害の町川崎」を象徴する存在となった。

1974年、戦後最大規模の洪水「狛江水害」が発生。

現在は徐々に水質浄化が進み、親水施設が整備されている。

生物

全域で清流を好むアユが生息している。上流にニジマスイワナ等が、中流にウグイメダカウナギ等が、下流にスズキハゼ等が見られる。魚類を捕食する鳥類も多く棲息している。
その一方でブラックバスブルーギルなど、外来種の侵入が問題となっている。

関連タグ

  東京都 神奈川県 埼玉県 山梨県

pixivに投稿された作品 pixivで「多摩川」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10549

コメント