ピクシブ百科事典

イワナ

いわな

淡水魚のひとつ。釣りの対象魚として人気が高い。ダシが凄い付いてるんだよ!
目次[非表示]

イワナとは、硬骨魚綱・サケ目・サケ科・イワナ属の
漢字では「岩魚」「鮇」と表記する。

概要

水の綺麗なに棲息する小型の淡水魚。エゾイワナやヤマトイワナ、オショロコマなど、約30ほどの種類がいる。

ヤマメよりも低い水温を好む。食性は肉食であり、川虫をはじめとしてカエル、小魚、ヘビ、動物性プランクトン、河畔樹木から落下する虫、その他の水底の小動物など、きわめて貪欲な食欲をもつ。

見た目が似ているヤマメとの見分け方は、背中に白い斑点がある、口先が丸い、うろこが細かいなどのほか、腹の肛門付近が黄色いことで見分けることが出来る。

釣り

人影に非常に敏感であり、またあわせるのにコツがいるものの、ヒットした際の強い引きは、渓流釣りの対象魚として人気が高く、また多くの種類が食用とされる。旬は5~6月から夏にかけて。
基本的にヤマメも含めてイワナを渓流で釣ることが出来る期間は3月1日から9月30日までとされ、それ以外は禁漁期間となる。

資源保護として人工孵化させたものが放流が行われていることが多く、それらは釣り上げた際に腹を見ることで見極めることが出来る。
放流されたものは肛門付近が黄色い程度であるが、生まれも育ちも沢のイワナは、腹全体がオレンジがかった濃い黄色であり、居つきまたはネイティブと呼ばれており、渓流釣りをする人にとっては垂涎の的となっている。
乱獲される事もあり、深刻な状況に侵されているとも言える。

利用

塩焼きや唐揚げで賞味される事が多く、淡白な味の白身はヤマメと並び賞される。
また、焼いたイワナに熱い燗酒を注いだものを「骨酒」(こつざけ)と呼び、野趣あふれるの嗜み方として人気が高い。
本来骨酒とはその名前の通り、焼き魚の身を食べた後に残ったヒレ酒のように炙って燗酒に漬け、風味を付けて飲む飲み方のことを指すが、イワナの場合は焼き魚まるごと一尾を漬けたものを指す。特別な飲み方であるためか専用の土瓶なども作られている。また酒を飲んだ後のイワナは酒によって風味が増しており、焼き直すことで酒肴にとても良い。

出汁がある魚とされているが、岩魚=出汁のある魚というわけではない。刺身でいただく事もある。

その他

最近では、松岡修造による応援メッセージにより知る人もいる。
また、ニコニコ動画の掲示板にイワナ書かなかった事から、宇月幸成=まりな及び彼女の信奉者のカルトを指す言葉としても使用される。

関連イラスト

岩魚



関連タグ

 淡水魚 
岩魚 岩魚坊主 イワナの怪 クッキー☆

pixivに投稿された作品 pixivで「イワナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138642

コメント