ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
サケ目とは、硬骨魚類の分類の一種である。

概要

概要

サケ目は、原棘鰭上目に属する魚類のグループで、3科の下に60種以上が含まれる。

北半球を中心に世界中の淡水・海水域に生息するが、後述の生態のために種・亜種の分化がおこりやすくそれぞれの種の分布範囲は限られる。

かつては現在のカワカマス目キュウリウオ目ニギス目ワニトカゲギス目なども丸ごと含む巨大なグループであった。

鰭に棘条はなく、代わりに脂鰭があるのが特徴。


生態

生態

いずれも卵生で淡水で産卵が行われ、産まれた稚魚は流れに乗って河川を海まで下る。しかし地理的状況に応じて同種でも河川に下らない陸封型と呼ばれる個体群が形成される場合もあり、ヤマメが例として挙げられる。

海へ降ったものはしばらく海で餌をとり栄養を蓄え、種によって半年〜数年の後に再び生まれ故郷の川や湖に向かい始める。河川の遡上中は一切餌をとらず、種類にもよるが産卵後は雌雄ともにその一生を終える。

淡水生活期には、体にパーマークと呼ばれる暗色の大きな模様がある(例外あり)が、海洋生活へ突入すると、体色は銀色となり成長が速くなる傾向がある。


下位分類

下位分類

サケ科・・・サケイトウなど

カワヒメマス科・・・カワヒメマスなど

シロマス科・・・シナノユキマスなど


関連項目

関連項目

硬骨魚類 サケ

概要

概要

サケ目は、原棘鰭上目に属する魚類のグループで、3科の下に60種以上が含まれる。

北半球を中心に世界中の淡水・海水域に生息するが、後述の生態のために種・亜種の分化がおこりやすくそれぞれの種の分布範囲は限られる。

かつては現在のカワカマス目キュウリウオ目ニギス目ワニトカゲギス目なども丸ごと含む巨大なグループであった。

鰭に棘条はなく、代わりに脂鰭があるのが特徴。


生態

生態

いずれも卵生で淡水で産卵が行われ、産まれた稚魚は流れに乗って河川を海まで下る。しかし地理的状況に応じて同種でも河川に下らない陸封型と呼ばれる個体群が形成される場合もあり、ヤマメが例として挙げられる。

海へ降ったものはしばらく海で餌をとり栄養を蓄え、種によって半年〜数年の後に再び生まれ故郷の川や湖に向かい始める。河川の遡上中は一切餌をとらず、種類にもよるが産卵後は雌雄ともにその一生を終える。

淡水生活期には、体にパーマークと呼ばれる暗色の大きな模様がある(例外あり)が、海洋生活へ突入すると、体色は銀色となり成長が速くなる傾向がある。


下位分類

下位分類

サケ科・・・サケイトウなど

カワヒメマス科・・・カワヒメマスなど

シロマス科・・・シナノユキマスなど


関連項目

関連項目

硬骨魚類 サケ

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

サケ目とは、硬骨魚類の分類の一種である。

概要

概要

サケ目は、原棘鰭上目に属する魚類のグループで、3科の下に60種以上が含まれる。

北半球を中心に世界中の淡水・海水域に生息するが、後述の生態のために種・亜種の分化がおこりやすくそれぞれの種の分布範囲は限られる。

かつては現在のカワカマス目キュウリウオ目ニギス目ワニトカゲギス目なども丸ごと含む巨大なグループであった。

鰭に棘条はなく、代わりに脂鰭があるのが特徴。


生態

生態

いずれも卵生で淡水で産卵が行われ、産まれた稚魚は流れに乗って河川を海まで下る。しかし地理的状況に応じて同種でも河川に下らない陸封型と呼ばれる個体群が形成される場合もあり、ヤマメが例として挙げられる。

海へ降ったものはしばらく海で餌をとり栄養を蓄え、種によって半年〜数年の後に再び生まれ故郷の川や湖に向かい始める。河川の遡上中は一切餌をとらず、種類にもよるが産卵後は雌雄ともにその一生を終える。

淡水生活期には、体にパーマークと呼ばれる暗色の大きな模様がある(例外あり)が、海洋生活へ突入すると、体色は銀色となり成長が速くなる傾向がある。


下位分類

下位分類

サケ科・・・サケイトウなど

カワヒメマス科・・・カワヒメマスなど

シロマス科・・・シナノユキマスなど


関連項目

関連項目

硬骨魚類 サケ

概要

概要

サケ目は、原棘鰭上目に属する魚類のグループで、3科の下に60種以上が含まれる。

北半球を中心に世界中の淡水・海水域に生息するが、後述の生態のために種・亜種の分化がおこりやすくそれぞれの種の分布範囲は限られる。

かつては現在のカワカマス目キュウリウオ目ニギス目ワニトカゲギス目なども丸ごと含む巨大なグループであった。

鰭に棘条はなく、代わりに脂鰭があるのが特徴。


生態

生態

いずれも卵生で淡水で産卵が行われ、産まれた稚魚は流れに乗って河川を海まで下る。しかし地理的状況に応じて同種でも河川に下らない陸封型と呼ばれる個体群が形成される場合もあり、ヤマメが例として挙げられる。

海へ降ったものはしばらく海で餌をとり栄養を蓄え、種によって半年〜数年の後に再び生まれ故郷の川や湖に向かい始める。河川の遡上中は一切餌をとらず、種類にもよるが産卵後は雌雄ともにその一生を終える。

淡水生活期には、体にパーマークと呼ばれる暗色の大きな模様がある(例外あり)が、海洋生活へ突入すると、体色は銀色となり成長が速くなる傾向がある。


下位分類

下位分類

サケ科・・・サケイトウなど

カワヒメマス科・・・カワヒメマスなど

シロマス科・・・シナノユキマスなど


関連項目

関連項目

硬骨魚類 サケ

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    ホストと社畜

    河尻みつる

    読む
  2. 2

    悪役令嬢の中の人~断罪された転生者のため嘘つきヒロインに復讐いたします~

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    新しい駐在さんが気に入らない

    尚騎ユウ

    読む

pixivision

カテゴリー