ピクシブ百科事典

イトウ

いとう

イトウには複数のものが該当するが、本項では淡水魚の一種を解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本人の苗字伊藤伊東などのカタカナ表記。
  2. サケ目サケ科イトウ属の北海道に棲む日本最大の淡水魚※この項で解説
  3. 漫画『南国少年パプワくん』に登場する両性具有であるカタツムリナマモノ。 →イトウくん


なお、部分一致検索では「イトウくん」や「サイトウ」も掛かってしまうため、完全一致検索の併用もどうぞ。

淡水魚のイトウ

サケサケ科イトウ属の日本最大級の淡水魚で、漢字では伊富、伊富魚、伊当と表記される。これは大きさの割に細長い体型からきた糸魚から名づけられたといわれている。

成長すると魚食性が強くなりフクドジョウや小型のマス類を食べるが、水辺に寄ってきたカエル、ヘビ、ネズミ、水鳥の雛なども襲うとされる貪食ぶりである。
他のサケ類と同じく海に降りる習性があるが、1度の産卵では死なず川も流れが緩やかな水域を好む。
顔つきは他のサケ類違ってスマートではなく、むしろ口ヒゲのないコイ類のような素朴さである。ただし歯は鋭く顎も頑丈である。
体長は大きいもので1.5mほどに育ち、2m以上の個体も捕獲された例がある。しかし成熟するまでは6年ほどかかり、15〜20年まで生きるとされるが毎年産卵するわけではないらしい。かつては青森岩手など東北地方の河川にも生息していたとされるが、環境の悪化により北海道や樺太北方領土などの一部の河川を残し絶滅したとみられる。
近縁種としてロシアに生息するアムールイトウや、中国のチョウコウイトウ(メコンイトウ)、韓国の高麗イトウ、ヨーロッパのドナウイトウが知られている。

日本では「幻の大魚」とされるイトウであるが実は養殖化自体には成功しており、観賞魚や刺身・フライ向けの食用魚として北海道や青森で行われている。
キャッチ・アンド・リリースの対象として釣り人上級者からも人気があり、どうぶつの森シリーズやぼくのなつやすみシリーズなどの全年齢向けゲーム作品でも釣る事ができる。

イワン・オンネチェプ・カムイ


北海道に長く住んできたアイヌ民族は食料として重要視するだけでなく、皮を加工して服や靴を作るという文化を持つ集落もあった。

アイヌ民話の中から


アイヌ語ではチライ (ciray)、オペライペ (operaype)、トシリ (tosiri)、ヤヤッテチェプ (yayattecep)などと呼ばれ、アイヌ民話では鹿を飲み込むほど大きなものが人々を苦しめたが、英雄カンナカムイに退治されたと伝わる。
この話は初期の『まんが日本昔ばなし』で「湖の怪魚」として脚色され、作中は象徴的な真っ黒の怪魚チライとして登場したが見た目は本来のイトウとは全く異なるモンスターそのものであった。

関連タグ

淡水魚 サケ 淡水魚
北海道 アイヌ
釣り 養殖

関連記事

親記事

イトウ属 いとうぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イトウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244

コメント