ピクシブ百科事典

淡水魚

たんすいぎょ

魚の中で淡水に生息するもの。
目次[非表示]

概要

の中で、淡水域()に生息する種をまとめてこう呼ぶ。対義語は鹹水魚(海水魚)。ワカサギのように海水でも淡水でもどちらでも適応できる種類、アユウナギなど、一生の一時期を海水で生活する種類、ニジマスのように海水への耐性がある種類もある。

淡水魚はその生息域の狭さに対して、種の多様性が著しく高い。地球上の水の97%は海水であり、河川や湖沼の水は0.01%にも満たない(残りは海氷や氷河地下水など)が、種の数では海水魚が6割に対し、淡水魚は4割を占める。特定の湖沼や水系にしか生息していない種(固有種)も多い。

日本は純淡水魚の種数が少なく、ブラックバスなどの外来種をのぞくとコイ科(コイフナなど)とドジョウ科の60数種類とナマズ目に属する3種類にすぎない(ほかに自然状態では淡水のみに生息するが、海水中にもある程度生存できる淡水魚としてメダカがいる)。これは日本の川はいずれも短く、湖沼の規模も小さいためである。ただし、日本では例外的に大きな淡水湖である琵琶湖には、比較的多くの固有種がいる。

淡水は体液より塩分が薄く、体の塩分が失われやすく水分が余分に入ってきやすい。それを防ぐために、淡水魚はほとんど水を飲まず、酸素と塩分を吸収して薄い尿を多量に排出する。なお、海水魚は全く逆に大量に水を飲んで濃い尿を少量だけ排出する。淡水魚はほとんど水を飲まないので海水魚に比べると水質汚染に強いものが多い。

外部リンク

解説サイト

関連タグ

魚類
川魚 熱帯性淡水魚 日本産淡水魚

pixivに投稿された作品 pixivで「淡水魚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86871

コメント