ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

みんなの心にプリキュアがいる! わたしたちもプリキュアになれる!


概要編集

テレビアニメ『HUGっと!プリキュア』の第48話で起こった衝撃の展開である。

それ以前の第46話で世界の時間は止まり、人類の時間もまた止められていたのだが、プリキュア達の溢れるアスパワワのおかげで、時の止まった世界の中でも人間達は時間を取り戻し動けるようになった。

そこで、プリキュアが自分達を守るため巨大化したジョージ・クライと必死に戦っている様子を目にする。

その姿に目を奪われた人々は逃げることも忘れ、ただただプリキュア達を応援した。

プリキュア達と街の人々の想いが1つになった時、プリキュアのアスパワワと街の人々のアスパワワは1つになる。

するとなんと、応援していた町の人々の全てがプリキュアに変身

はなのお父さんお母さん妹さんおばあちゃんもみんなプリキュア。クラスメイトのじゅんなあきもみんなプリキュア。正人アンリクライアス社の元社員たちもプリキュアだ。

プリキュア化現象は連鎖的に広がっていき、未来を信じる心を少しでも持つ人は等しくプリキュア化していく。

これまでの話でわずかでも登場したことがあるキャラクターはもちろん、名も無いただのモブキャラも老若男女関係なくみんなみんなプリキュアになっていく。

最終的にその現象は地球全土を覆い、前代未聞の全人類総プリキュア化となった。

(ちなみに画面に少しでも映ったキャラにはモブであろうがプリキュアとしてのコスチュームデザインが個別に設定されており、いわゆる「同じデザインの量産型」というわけではない)


そしてマザーハートスタイルになったエールの「いっくよー!」の号令で、プリキュアになった全ての人々が「みんなでトゥモロー」の掛け声と共に合体浄化技を発動。

全人類のアスパワワが乗った浄化技の直撃により、巨大化したジョージ・クライは敗れ去った。


余談編集

プリキュアシリーズでは初代の頃から、TVの前の子供達の「プリキュアになりたい」という純粋な願いを応援し肯定し続けてきた。女の子は誰でもプリキュアになれるというキャッチコピーも作られている。

しかし実際のところ、本作までのプリキュアシリーズを俯瞰してみると、そのような理想は欺瞞に過ぎないと言わざるを得ないところもあった。現にプリキュアの素質がありそうな『Go!プリンセスプリキュア』の七瀬ゆいやプリキュアになる夢を持つ『ハピネスチャージプリキュア!』の登場人物・増子美代は最後までプリキュアになれず、美代に至ってはなることはできないと言われており、過去のキャラからすれば羨ましい展開である。

何の特徴もない地味なデザインのモブ子をプリキュアにしたって子供受けはしない(大友相手ならネタとして受けるかも知れないが、子供はもっとシビアである)。

なので、番外戦士だろうがモブキュアだろうが「プリキュア」として扱うならそれなりに美麗で目立つデザインがされている。これは、容姿でプリキュアかどうかが決まるというルッキズムであることは明らかだ。「女の子は誰でもプリキュアになれる」と謳おうとも、悲しいかな、これが現実なのである。また、男性や大人に至っては最初から希望すら持たせて貰えていない


本作『HUGっと!プリキュア』のキャッチコピーは「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」である。

だが、プリキュアシリーズで「なんでもなれる」と言われたなら、じゃあそこらのモブキャラをプリキュアにできるのかよと、上記の欺瞞を知る大きいお友達ならば少しは思っていたことだろう。


だが今回に限っては、そこらのモブキャラを性別年齢無関係に無節操にプリキュアにするという「誰でも」を文字通り実現させた。

これは玩具販促の束縛を受けない最終回間際だから出来たことであると言え、プリキュアオールスターズに属するようなメインキャラにおいてはルッキズムや性別の束縛を超えるのはまだまだ難しいだろう。(なお、後の作品では性別年齢の束縛を超えたメインキャラも現れている)

それでも本作はプリキュアシリーズ15周年記念ということもあって、プリキュアになるには特別な資格や才能は必要ないと子供たちに伝え続けてきたことに対して真正面から向き合おうとしたのかも知れない。

なお、今作は最終クール(第4クール)の全ての脚本をシリーズ構成坪田文が1人で担当しているため、第42話で大きな話題をさらった男性の若宮アンリプリキュアになれたという衝撃の展開さえも、今回の件につなげるための仕込みだったのだろう。



なお、単話のゲストキャラや準レギュラーの多くにプリキュア姿が描かれた一方、なぜかレギュラーキャラであるハリハム・ハリーリストルビシンの3人のプリキュア姿は描かれなかった。単に尺の問題に過ぎないのだろうが、偶然にも3人ともハリハリ族という共通点があったのでプリキュアになるのに性別や年齢の壁はなくても種族の壁はあるのかと言われることもあったり・・・


この瞬間、全人類プリキュア化と言う事は一般人や有名人(芸能人)アスリートは元より率直に言えば極論天皇皇后両陛下を始め皇族もプリキュアになれると言う事だろう。


ちなみに放映終了後に刊行されたコンプリートブックでは、シリーズディレクターの座古明史が「制作が始まった最初の頃にみんながプリキュアになるのが僕の夢なんだと言ったら完全にスルーされた」と回想している。まさか本気でそれを実現させるとはこの当時は誰も思っていなかった様子。諦めなければ夢は叶うという本作のテーマをSD自らが実証したと言えるのかもしれない。


関連タグ編集

HUGっと!プリキュア 公式が病気

女の子は誰でもプリキュアになれる

プリキュアプラス人間


ドキドキ!プリキュア:主題歌『Happy Go Lucky! ドキドキ!プリキュア』の歌詞には、みんながプリキュアとは正反対のようなフレーズがある。

フォーエバーラブリー:世界中にプリキュアが存在する作品で起こった奇跡。地球上の人間全ての想いで起こった点や戦闘不能になったプリキュアを復活させた点で共通。


誰もが皆ヒーローになれるよ

関連記事

親記事

HUGっと!プリキュア はぐっとぷりきゅあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138341

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました