ピクシブ百科事典

若宮アンリ

わかみやあんり

アニメ『HUGっと!プリキュア』の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:染谷俊之

概要

HUGっと!プリキュア』の登場人物で、輝木ほまれの旧知の友人。
初登場は第7話。ラストシーンにて突如現れほまれを抱きしめる、という衝撃のデビューを飾った。
はな達より1歳年上の中学3年生。中性的な顔立ちが特徴。父親はフランス人、母親は日本人だがはなにハーフ呼びされた際は「半分じゃない、大和撫子とパリジャンのダブル」と主張しており、自分のルーツに誇りを感じていることがうかがえる。
周囲の空気を全く気にせずに自己主張を真っ直ぐ述べる性格なため独善的な部分が目立つが、自分に対しての反論を面と向かって言い返した相手に対しては、その相手の価値観をちゃんと理解しようと努める柔軟性も併せ持つ。

彼は世界レベルのフィギュアスケーターで、ロシアモスクワ等でひらかれた大会で優勝するほどの腕前。
同じくフィギュアスケーターであるほまれとは、スケートを接点に親交が始まったということ。
ほまれがスケートで挫折したことにショックを感じており、彼が初登場した第7〜8話ではほまれのアスリート人生のことも考えて彼女をモスクワへ連れて行きスケーターとしての高みを目指させようとしていた。将来的には、アンリはほまれとコンビを組んで、アイスダンスにもチャレンジするつもりのようである。

前へ
ちっちゃいほまれちゃんとアンリ君



服装

プライベートでは「自分に似合っていれば女子物だろうと関係ない」としてレディース物を好んで着用しており、学校でも校則の範囲内で制服の女子的な着こなしをすることもある。
周囲からはいわゆる女装男子として見られることもあるが、彼は「なりたい自分」に素直であるだけでありそれ以上でもそれ以下でもなく、男性的な服装が嫌いなわけでは決してない。「自分に似合っている」と思えば男女関係なく普通に着こなす。
ただ「女性らしさ」とか「男性らしさ」とかを定義づけようとするジェンダー的な世間の目線をくだらないと一蹴しており、自分へのジェンダー系ヘイト行為に対しては自覚があるからか感情的になる事はないが、他人への同じ行為に対しては反抗心をあらわにする。

女神系男子
無題



本編での活躍

輝木ほまれとの再会

ジュニアフィギュアスケートの選手にとって、中学生の今は大人達と同じ土俵であるシニアに移れる年齢を目前にした最も重要な時期(作中のフィギュアルールが現実と同じとするならば、選手がジュニアでいられるのは19歳までであり、15歳からはシニアクラスにある程度任意で移行可能)。
故にはな達をほまれのスケートには不要と見なし、ほまれを遠ざけようとした他、はなの応援も「無責任な頑張れは彼女の重荷になるんだよ!」現実的なアスリートの目線で邪険気味に扱っていた。「同じスターとしてほまれを救えるのはボクだけだ!」と少々独善的ですらあった。
しかしほまれがはな達との交流で「新しい世界」を見られたこと、その経験から得た演技と表現力、そしてその応援を背負ってジャンプに成功できたことで思い直す。称賛の言葉を素直にかけ、今のほまれの気持ちあふれる演技も悪くないとして引き下がった。
今ははなとも和解し、「きっと将来素敵なレディーになるよ」と彼女を陰ながらに評している。

こうしてあっさり一件落着……なのかと思いきや、なんとほまれ達が通うラヴェニール学園のスポーツ特進クラスに転入。制服もカスタマイズしており、ワイシャツの襟が波型になっているものを着用し、男子用のネクタイはリボン結びにしている。
その際「ボクもやってみようかな~?プリキュア」とほまれ達にだけ聞こえるように言って、「……な~んてね、まあ他人のために頑張るなんて、ボクには向かないのかな?アハハハハ!」と笑い飛ばした。一方で体を張って女の子を守る熱い正義感も持ち合わせている。

彼は同話の戦闘にてキュアエトワールの跳躍を目撃しており、ほまれがエトワールだと見抜いていたのである。

めちょっくラクガキ8
ほまれちゃん誕生日おめでとう~



第11話では、「自分の応援」としてメロディソードを剣ではない形で行使したキュアエールの姿を見届けており、「やるじゃない」と呟いていた。この時の反応からするとはなやさあやがプリキュアであることにもすでに気づいている様子。(まあ、ほまれがプリキュアだと知ったなら想像には難くないだろうが……)

愛崎正人との関係

第18話ではラストに現れ、スマートフォンにえみるルールーの姿を収め、第19話では2人を自分も参加するファッションショーに誘い、どうやら先の撮影はこのための伏線だった模様。
また愛崎正人と男性らしさ、女性らしさの観点をめぐって対立する。当初は元々の性格もあって適当にあしらうが、その後オシマイダーにされた彼が抱える辛さに気づき、「キミがどんなに不快に思ってもボクの心は変えられない」としながらも正人の価値観を頭から否定せず理解しようとも務めていた。
ファッションショーの会場では天井の崩落からえみるとルールーを救い、無傷で生還するという殊勲を挙げている。

無題
無題



余談

初の"見抜いた"人物

プリキュアシリーズにおいて最初から関与していた場合を除き、後にその正体を知った人物は多く、中には正体を知った縁でプリキュアになったケースもある。
ただし、その大半は当事者からの告白や勧誘、もしくは変身する場面に居合わせた、立ち会ったケースが殆どである。
変身後のパフォーマンス等で直感的に見抜いた人物は、アンリが初めてである。明言こそ無いがはなとさあやがプリキュアであることも芋づる式に看破していると思われる。
本作初のプリキュアの正体を知る一般人に何気になっており、物語にはまだまだ関与してきそうである。

関連イラスト

若宮アンリ
アンリくん



関連タグ

プリキュア内

HUGっと!プリキュア 輝木ほまれ フィギュアスケート アイスダンス 
女装男子 ジェンダー

相楽誠司七瀬ゆい:物語前半にてプリキュアの正体を知った一般中学生。どちらもプリキュアの協力者ポジションに収まっている。

春日野うらら/キュアレモネードプリキュアシリーズにおける父親がフランス人&母親が日本人のキャラクターつながり

伊集院キミマロ:惚れた娘のを目の敵にした繋がり。

プリキュア以外

ユーリ!!!onICE:ロシアから勧誘に来た金髪イケメン、スケートなどの共通点から。しまいにはこんなタグまで出来てしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「若宮アンリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74003

コメント