ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:山谷祥生

概要

野乃はな薬師寺さあや輝木ほまれのクラスメートの男子生徒。
吹奏楽部に所属するメガネ男子。担当はトランペット。
クラスメートたちの中では比較的出番が多い。

作中での活躍

第1話から登場しており、はなの転校初日の挨拶については「お茶目だねぇ」と笑いながら呟いている。第2話では吹奏楽部の練習があって委員会の仕事ができないのでさあやに代役を頼む生徒として登場。この時点では名有りのキャラクターだが然程目立つ存在ではないと思われていた。
しかし、第9話でははなたちのハイキング先で、第10話では「はぐくみフードフェスティバル」での演奏会で出会い、第11話ではのびのびタワーでの演奏会に出場。
三話連続でトランペットで音楽を奏でていたので、そういう立ち位置のキャラだと視聴者に認識された。
三話ともははなに対してフランクに話しかけており、特に第11話では彼の言葉がはなに立ち直りのヒントを与えている。
だがもっとも特筆すべきことは、第11話での彼の演奏が「はぐたんにとって安心するもの」と評されたことである。
またこれは深読みでもあるが、この第11話で立ち直ったはなが「自分のなりたいプリキュア」の象徴として生み出したメロディソードが音楽を奏でるアイテムであったことも、彼の影響を受けているのかも知れない。何しろ、この時点のはなは別に音楽に特別な興味や関心を持っていたキャラではないのだから。また、はなのメロディソードである「エールタクト」は振るとトランペットの音が鳴ることは付記しておく。

第20話では、風邪を引いて熱を出し学校を休んだはなを、周囲のクラスメイトが「元気が取りえなのに」と噂する中、ただ一人真剣に心配して千瀬ふみとに怪訝な反応をされるという意味深な描写が…?
第25話では、(はぐたんが欲しがった)ぬいぐるみを手に入れる為にくじ引きに挑戦し続けるはなの為に全財産(500円)を投げ打ってくじ引きに挑戦するという大胆な行為に出た。結果見事ぬいぐるみを手にすることができ、すぐさま「ボクの気持ち…だから」とはなに手渡したがあっさりとはぐたんに渡されてしまい、パップルから「ドンマイ」と慰められた。その後、とっさにはなから渡されたりんご飴をなんとも言えない表情で見つめていたりと、はなに特別な思いを寄せていると思われる描写が目立った。

第34話ではことりと一緒に、ふみとから勝手にキュアエールファンクラブ会員認定されやむなく行動を共にする。ひなせとことりはこの時点ではなを通じた顔見知り同士なのだが、ことりはひなせのことを「ひなせくん」呼びしていた。ことりは彼(と同居人であるルールー)以外の年上には普通に敬称を使うタイプなので、意図的な演出と思われる。
この話では姉の愚痴をこぼすことりに対し「君のお姉さんはいつも元気で誰かのために頑張れる」とやけに熱く評したため、ことりは彼の恋心に勘付いたようでニヤついていた。

エピローグの2030年ではトランペットを手にしており、吹奏楽関連の仕事に就いた模様。


はなへの影響力や恋心、はぐたんが彼の演奏を聞いて安心することなどから「未来におけるはなの夫、はぐたんの父親」だと想像させるミスリード要員であったことが伺える。
あるいは「はぐたん」が来た未来では本当にそうであったのかもしれない(エピローグで産まれた「はぐみ」の父親は彼では無いが、「はぐたん」が来た未来とは運命が変わっているためはなが結ばれた相手も変化している可能性は否定できない)。

関連タグ

HUGっと!プリキュア
十倉じゅんな百井あき千瀬ふみと:同じくクラスメートで、全員苗字に数字が入っている。このパターンは『ドキドキ!プリキュア』とも共通する。

関連記事

親記事

ラヴェニール学園 らゔぇにーるがくえん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「阿万野ひなせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84766

コメント