ピクシブ百科事典

愛崎正人

あいさきまさと

アニメ『HUGっと!プリキュア』の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:霜月紫

概要

愛崎えみるの兄。ラヴェニール学園の3年生。
個性的……というより奇人という方がしっくりくるのかもしれない愛崎家の人間の中では最も常識人で、一見すると礼儀正しい好青年。
しかし実際には、妹のえみるに対して「自分が考える理想な女子のあり方」を高圧的な態度で強要してくる毒兄気質の持ち主である。

人物

男子が女子物、女子が男子物のファッションを身に着けるのがごく普通になった昨今の中性化した現代社会において、彼は今時にしては大変珍しい程に「男は男らしく、女は女らしく」というジェンダー至上主義に非常に強いこだわりを有している。
しかも彼が考える「理想の女子のあり方」は前時代的な男尊女卑思想に染まったもので、ひとことで言えば「女子は可愛らしく振舞って、男に守られていればいい」と言うもの。
ちなみに、「男らしさ」に関しては体育会系なマッチョイズムよりも理性やリーダーシップを重視しているようだ(逆にいえば、「女子は理性・積極性・リーダーシップを持つべきではない」という考えでもある)。
愛崎兄妹の祖父が大変厳格で保守的な人物であることが正人の口から語られており、どうやら彼の思想は祖父の影響を受けている模様。

心の中でそう思っているだけならまだマシなのだが、正人は自分の偏狭な思想を他人に対して何のためらいもなく主張し、同意を求めようとする。
正人と同学年で自由奔放なジェンダーフリー気質である若宮アンリとは当然ながらウマが合わず、お互いに快く思っていない。しかし、彼がアンリを「若宮くん」と「くん」付けで呼んでいるあたり、犬猿の仲というほど険悪な間柄ではない様子である。
また、クラスメイトなどの近しい者たちが、自分が考える「男性らしさ・女性らしさ」に合致しない場合にそれを善意で警告してあげる事すらある。現代だとそれは正直なところセクハラ発言にしかならないのだが、正人にとってはこれは相手のためと本気で信じている。なので上から目線な傲慢さがどうしても隠しきれない。
第19話で正人がアンリに対し女子的な制服の着こなしを非難したとき、この様子を見ていたはなは正人に強い怒りを感じていた。

しかし、クラスメイトなどに対する態度はそれでもまだ常識的な範疇である。
正人が最も高圧的に接するのは妹のえみるに対してである。彼はえみるを「自分が好む可愛いお人形」のようであるべきだと本気で考えていて、その理想に合わないような言動や態度を決して許そうとはしない。
さらに、彼は音楽一族である愛崎家の歴史と伝統に対して(おそらく両親以上に)強い誇りを持っており、えみるが家風を乱すような振る舞いをする事も良しとしない。

一方で、吉見リタ主催の女の子もヒーローになれると銘打たれたファッションショーに対してはリタではなく参加者のえみるを注意するあたり、中学生という立場は一応わきまえている様子。
アンリとのいざこざで正人に反感を持っていたはなは、正人がえみるの兄と知らなかったこともあり、えみるを無理矢理会場から連れだそうとした彼を見て、いじめっ子が嫌がらせをしていると見て怒りを前回の時以上に爆発させていた。

愛崎えみるとの関係

えみるは自分の生活に常に干渉していく実兄に対して強い苦手意識を抱いており、彼女が特に趣味としているエレキギター演奏を「女の子らしい可憐さや可愛さがなく、家風にも合わない」という理由だけで否定することは、えみるにとって大変なストレスとなっている。
しかし、えみるにとって厳格な祖父の威光を背景とした兄の言動は絶対的な畏怖の対象として刷り込まれているらしく、自分の思いや意見を兄に対して言うことができない(もしかすると度を越したえみるの心配性も、この事が原因なのかもしれない)。
この正人の毒兄じみた接し方には、現場に居合わせたルールーが(普段の無感情な彼女からは想像できないほどに)怒って反論したほど。

正しい人ネタ色々
愛崎正人の次回予告



ただ、演者の霜月氏は「愛情が少々歪んだ方向に向かっている」と発言していることから、正人のえみるへの高圧的な態度は妹への愛情の裏返しでもあるらしい。
どうやら正人は「妹を自分の好みの女性像に押し込めようとしている」とう自覚は全くないようで、そうではなく妹が誰からも愛される女の子になって欲しいと考えているだけのようだ(がぶっ飛んでいるあまり、妹には世間から白い目で見られないまっとうな人間として歩んでほしいのかもしれない)。

第15話でルールーから抗議された際は全く言い返す事が出来ずその場から逃げるように去っていることからも分かるように、自分の妹への態度が正しいという自信もあまり持っていないようだ。
その後の第19話で「お爺様」の存在が示唆されたことから、正人もまたえみると同様、親族からのプレッシャーに縛られている犠牲者なのかもしれない。

本編での動向

そしてその第19話にて、前述のファッションショーをめぐるいざこざから、「だから何?ボクは自分がしたい格好をする。自分で自分の心に制約をかける…それこそ時間…人生の無駄!」とアンリに理路整然と反論され、しまいには「つまらないよ!」とまで評価され何も言い返せず、そのストレスが原因で、「そこのキミ、いい顔しているわね!」と彼に声をかけたジェロスのネガティヴウェーブによってオシマイダーの素体にされてしまう。
その際、女子ヒーローのプリキュアや正人の辛さに気づいたアンリの心からの説得に助けられ、男女子間というジェンダーの束縛にとらわれ続けた彼の気持ちに若干な変化が訪れていた。

その後20話では憑き物が落ちたようにえみるのエレキギターの価値観を受け入れ、それを自室で弾いていたえみるに「ルールーと一緒に行っておいで」とライヴコンサートのチケットを2枚渡し、アンリにはこれまでの事を謝罪し、「(ボクを呼ぶ時は)アンリでいいよ。」と彼とはお互いに和解しあった模様である。

関連タグ

プリキュア内

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる 

水嶌みつよし前作に登場した、お嬢様がエレキギターを弾くのを良しとしない繋がり。ただし否定する理由は執事としての立場上のものにすぎず、彼自身の価値観では否定感情を持っていなかった。

プリキュア以外

男尊女卑 時代錯誤 ジェンダー トランスジェンダー 

朝霧要:容姿や言動から彼を連想する人が少なからずいる模様で、正人が登場した際のネット実況では大抵は「サイトの兄貴」呼ばわりされていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「愛崎正人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45168

コメント