ピクシブ百科事典

朝霧要

あさぎりかなめ

『魔法少女サイト』の登場キャラクター。
目次[非表示]

「クズはお前だよ バーカ」
「この僕が神そのものだ―ッッッ フヒヒィィィイイイィィ!!!!」

プロフィール

年齢16歳
誕生日1月13日(やぎ座)
身長172cm
体重52kg
BMI17.6
血液型AB型
出身地東京都
趣味・特技勉強、スポーツ、囲碁、将棋、散歩
長所記憶力が良く、全てにおいて万能
好きなものカレーライス、お風呂、DV
苦手なもの動物、父親
CV岡本信彦


概要

主人公・朝霧彩の兄。三陽堂院高等学校に通う高校2年生(2年4組在籍)。
表向きは100を越えるIQを持つ頭脳明晰かつ、容姿端麗・文武両道に恵まれ、東大合格確実の秀才として父・朝霧次郎や周囲から期待されている、知的で聡明な雰囲気を持つ黒縁眼鏡をかけた黒髪(アニメでは若干青みがかっている)の眼鏡男子

しかしそれらは全て表向きの顔に過ぎず、かつて東大に落ちてしまった父から過大な期待を寄せられ、模試が満点でないだけで過剰な暴力に出る父を嫌悪し、その影響ゆえに酷く歪みきった本性の持ち主であり、精神的ストレスを解消するために妹の彩を日々虐待している。
自分自身にしか価値を認めておらず、心の中で他人を見下しながらニコニコと接して幸せを感じており、自分や自分に良くしてくれる母親以外の全てを「クズ」と見下し、自分はのような存在なのではと本気で思い込んでいる(洞察力の鋭い奴村露乃は初対面時に「あんなクソみたいにうさん臭い顔をした人は久々に見た」と、要が裏の顔を持っていることを密かに見抜いている)。
目的のためなら手段を選ばず、ゲームのように他人を弄ぶことに快楽を感じており、極めて純粋かつ清らかな心を持つ妹の彩とは完全に正反対の卑劣漢である。

妹を虐待する際は縄で彼女の両腕を拘束して腹パンなどの激しい暴力を振るっており、縄の縛り方は数百通り頭の中にある。ショートスリーパーだが視力が悪い。

そんな彼だが、どこぞの変態ポリ公と並ぶほどのカルト的な人気を集めているところがあり、コミックス第5巻の表紙及びアニメ第1弾のティザービジュアルでは衝撃的なメインを飾ったり、アニメでは次回予告を担当している。

来歴

にじみんとの出会い

ある晩、立ち寄ったコンビニで人気アイドル・穴沢虹海の芸能活動休止を知ったショックで卒倒した、彼女の熱狂的なファンである直戸圭介を病院へ運び、「生き甲斐を失った」と自殺を図ろうとした彼を引き止めたものの、夜通しで虹海の話題を聞かされ、「今まで出会った中で一番のクズ」と陰で直戸を見下した。

雫芽さりなが引き起こしたマンション崩落事故で彩が奴村と共に病院に運ばれた際、両親が病院へ向かい、一人留守番をしていた時に芸能活動を休止して彩のクラスに転校してきた虹海が彩に用事があると訪問し、彼女に一目惚れされた。
虹海と(表面上において)談笑を交わし、彼女が帰宅したその後、雨谷小雨のステッキの力で復活を果たした彩が上記の事故で住居を失った奴村と共に帰宅して両親を驚かせた際、妹の部屋のパソコンを調べ、『魔法少女サイト』の存在を知る。

その後、立ち寄ったコンビニで直戸と再会し、彼から上記のお礼としてこれまで集めてきた虹海関連やおしりんごグッズを全て贈ることに加え、虹海ファンの卒業宣言を聞かされた後、偶然再会した虹海から魔法少女サイトやステッキに関する情報を聞き出すが、偶然彼女と一緒にいるところを直戸に目撃され、「にじみんをたぶらかした」と思い込んだ彼に激しい殺意を向けられるようになった。

狂気に満ちた魔法少女狩り(マジカルハンター)

彩達が海水浴に出掛けたその日、奴村が所持していた虹海のパンツ型ステッキを奪い、それを穿いた直後、殺意剥き出しで襲いかかってきた直戸をステッキの力で操って本性を暴露し、徹底的に罵った上で自殺に見せかけるように彼を殺害するが、その一部始終を彩に目撃されていた。

その夜、帰宅途中の虹海と再会して彼女の家を訪れ、「自分のためにステッキを取り戻してくれた」と思い込む虹海をステッキの力で始末しようとするが、今回の事情を密かに察知した水蓮寺清春と彼に操られた滝口あさひに阻止され、真正面からあさひの鉄拳制裁を喰らった。しかし、事前に虹海を操っていたことであさひを操り、清春に瀕死の重傷を負わせた。
そして彩達が極道の娘である魔法少女・燐賀紗雪の家に身を寄せていることを虹海から聞き出し、本格的に魔法少女達から全てのステッキを奪おうと暗躍する。

末路

「神は君を見離した。」

自ら操った虹海を引き連れ、彩達が身を寄せる燐賀邸へと乗り込み、魔法少女達の動きを封じてその場を支配。清春の魔法で正気に戻った虹海を紗雪の日本刀型ステッキによる攻撃で致命傷を負わせたが、彼女の最期の力を振り絞った攻撃で喉に深手を負い、ステッキが使えなくなった最後の悪あがきで小雨のステッキを奪ってその傷を治そうとするが、サイト管理人の協力者である美炭貴一郎によって阻止されてしまう。
サイト管理人の協力者にして刑事である美炭は、直戸の自殺の件を調べていくうちに要が魔法少女サイトの存在を知った上、ステッキを手にしたことに気付き、漆から要の手に渡った虹海のステッキを回収するように命じられたことで魔法少女達には手を下さず、虹海のステッキを回収すると同時に要を自宅地下室へと監禁した。

魔法少女サイトの存在を知り、“少女”が使わなければ意味を成さないステッキを悪用して直戸・虹海の殺害(及び清春をはじめ、魔法少女の殺害未遂)といった暴虐の限りを尽くした結果、要はサイト管理人の協力者にして自身に偏執的な恋愛感情を向ける美炭によって拉致監禁された挙げ句、今まで妹を虐待し、他人を見下してきた自分が同性愛者の男から死や牢獄行きよりも重い罰を受けるという、自業自得の末路を迎えた。

なお、第1話ではさりな達グループにいじめられていた妹の彩が彼女達3人の知り合いである男の先輩に襲われそうになるが、拳銃型ステッキによって兄とは逆に危機を免れている。

監禁生活後



「ぶっ……ころ……す……」


ステッキの使用によって寿命が減ったばかりか、DVは趣味でもそっちの趣味のない要は美炭にステッキを奪い返されたために成す術もなく貞操を奪われ、監禁されたその後も抵抗する意思をわずかに見せてはいたが、地下室に大量のステッキや拷問器具を保有する美炭に対してやはり抵抗しきれない様子である。
一方、サイト管理人から信頼されつつもステッキを悪用した要を排除するよう管理人から命じられている美炭だが、「(要は)排除した」と虚言して命令に背いている。

両親は要が拉致監禁されていることを一切知る由もなく、母は夫と共に世間的に行方不明となった息子の捜索願いを美炭に出したが、虹海の急逝ニュースが世間で大きく取り上げられているために要の行方不明に関する話題は扱いが小さく、世間からあまり見向きをされていない状況にある。
父も息子が姿を消してからはすっかり気落ちし、一人部屋にこもりアル中状態に陥ってしまい、息子の失踪や娘のクラスメイトの突然死などといった家族の周辺で起きる不審な事件による家庭崩壊に苦しむ母は娘の彩に目をくれようとせず、息子のことしか頭にない夫に痺れを切らし、「私達の子供は要だけじゃない」と言い咎めた(ただし、妹の彩は姿を消した兄に関して関心を向けているかは不明)。

「ごちそうさまです ごしゅじんさま……」

美炭に監禁されてからしばらく姿を見せず、第49話冒頭で再登場を果たした要だが、美炭から徹底的に調教を受けてきたためか、美炭を「ごしゅじんさま」と呼んだり、レイプ目アヘ顔トロ顔)を見せるなど、完全に手懐けられており、今まで妹を虐待しステッキで暴虐の限りを尽くしていたあの頃とは見る影もなくすほどの身も心も壊れた性奴隷へと変わり果てていた。










…しかし美炭に屈服したのは演技に過ぎず、要は食事に出されたフォークを使って自力で拘束具を外した上、割れた食器の破片で首に深手を負わせ、外した拘束具で何度も殴打し、美炭の抹殺を試みるが、満身創痍の美炭が隠し持っていた拳銃に二発も打たれて深手を負いつつ、遂に地下室からの脱出に成功する。

美炭の元を脱走したその後、拘束具をつけた全裸のままで街中を徘徊した末、美炭から受けた銃撃が元で倒れ、周囲の人達の通報で病院へ搬送されるが、辛うじて一命は取り留めた。
息子が見つかったと連絡を受け、病院に駆けつけた両親は医師から要が何者かに監禁されていた可能性があることを聞かされ、要が握りしめていた虹海のパンツ型ステッキ、並びに美炭とある少女のツーショット写真を手渡された。

関連イラスト

期待のクズゲス兄貴
原作に軽く手を出してみた



関連タグ

魔法少女サイト
眼鏡男子/鬼畜眼鏡 完璧超人 美形悪役 残念なイケメン 顔芸/ゲス顔 DV エゴイスト 吐き気を催す邪悪 魔法少女狩り
朝霧彩 穴沢虹海 直戸圭介 美炭貴一郎 クソ兄貴暴走編
雫芽さりな:彩をいじめていたグループのリーダーで魔法少女の一人。彼女も自業自得の報いを受けたが、こちらは紆余曲折もあって改心の姿勢を見せている。

芥倫太郎:彼もまた、幼い頃から英才教育を強いられていたために頭はいいがひとクセある性格に歪んでしまったが、少なくとも要よりはまだマシな方である。
夜神月:要と並ぶ完璧な秀才にして家族構成も共通しているが、歪みきった本性を隠し持ち、自分を新世界の神と自負するものの、皮肉な末路を迎えた(ただ、彼自身はそれなりに弱者のための世界を作ろうとしていたと言う点はあったため、まだ要よりは擁護の余地がある)。
佐古克己勅使河原優紫藤浩一:表面上は善良だが、身勝手な父から受ける仕打ちによる影響で異常に歪んだ本性を併せ持つ卑劣な人物である点は要と共通している(後者2名に至っては要と同じように眼鏡をかけているため、ある意味カップやきそば現象である)。
檀黎斗:同じく歪んだ性格の持ち主かつ、自身を「神」と自称している点が共通している(→檀黎斗神)。
エボルト/ブラッドスターク/仮面ライダーエボル:似たような心を持った者。
愛崎正人:妹に対して高圧的な態度を取っていた毒兄であるが、あくまで自分の価値観を妹に押しつけていただけで虐げるような行動はせずに最終的に和解している。こちらも眼鏡をかけている。
ウリアキ浦添伊緒奈もといウリ奈と彼女の調教でアキラブリーへと生まれ変わった蒼井晶のGLCP。


コンビタグ
朝霧兄妹
カップリングタグ
美要 直要 親父要

※以下、ネタバレ注意!!








第二部ではその後意識を取り戻し、テンペストがあと10日と迫る中、入院生活を過ごしていたが、(美炭の上司と思われる)警察関係者が事情聴取に赴くようになる。ちなみにお見舞いの品にりんごを嫌がっているらしい(元からなのか虹海を思い出すのかは不明だが、恐らく後者の可能性がある)。

入院生活を過ごす中、病院内で美炭と協力関係にある管理人の漆と遭遇し、(彼との夜の営みについて触れつつ)ステッキと共に行方を眩ました美炭の消息について問い詰められるが、彼がある者と行動を共にしていることは一切知る由もなかった。
漆からあと10日と迫る人類選別、テンペストの存在を初めて知らされるが、管理人の陸と拾伍が漆を始末するべく襲いかかり、家族に危険が迫っていることを漆から知らされた要は病院から逃げ出し、自分の部屋に保管されているパンツ型ステッキを手に入れるべく、自宅へと直行する。

辛うじて自宅へと戻った要は世界の終わりや自分達の身に危険が迫っていることを両親に伝えようとするが信じてもらえず、美炭に監禁されていた今までの遅れを取り戻すよう勉強を強制させようとする父に殴り倒されてしまうが、拾陸と時間停止能力を身につけると同時に復活したひょっとこの管理人・や他の管理人達が魔法少女達の関係者暗殺に動き、天狗のサイト管理人・拾弐が自宅へと襲来してしまう。
しかも肝心のステッキは今までの不審な出来事を怪しく思った父の手に渡ってしまい、ステッキの力で拾弐を強制的に追い返した父に操られるがままに受験勉強を強いられる羽目になった。




※更なるネタバレ注意!!

第2部47話(通算第102話)話におけるネタバレ注意!!


















…実は母親は息子・要を産んでから暫くして、二人目の子供になる女の子を妊娠していたが、夫からのDVが原因で流産し、二度と子供を産めない身体になってしまう。しかし数年後に養子の話が舞い込み、それも女の子だったことから、母親はその女の子に亡くなった子供と重ね合わせ、子供は要一人で充分であった夫の反対を押し切って養女であるその子を家族として迎え入れ、「彩(あや)」と名付け育ててきた。

即ち朝霧家と血縁関係のない養女である彩は、実子である要とは血の繋がりのない兄、奴村とは血の繋がった双子姉妹であることが判明した。

彩は再来し猛攻を仕掛ける拾弐の口から親友であった奴村が自分の双子の妹だった事実を突き付けられ絶望に陥ると思いきや、自分と奴村が「運命で繋がっていた」ことを心から喜び、拾弐の攻撃をステッキで相手の背後へと飛ばすことで拾弐を撃破することに成功。
拾弐の口から母親の前で妹を虐待していた事実を暴露されるも、ステッキの酷使で寿命を大幅に削り、意識を失った父親に対してこれまで溜め込んでいた怒りを遂に爆発させて鉄拳制裁を加え、ステッキを奪おうとするが、彩によって湖村花夜の元へと瞬間移動させられ、結局ステッキを手に入れることはできなかったが、彩が声を出せなくなったことをいち早く察した。

pixivに投稿された作品 pixivで「朝霧要」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61656

コメント