ピクシブ百科事典

レイプ

れいぷ

暴行、脅迫を用い無理矢理性行為に及ぶこと。強姦。
目次[非表示]

現実における犯罪の解説は→強姦

主な動向

「強姦」の英訳“rape”に由来する単語で、アダルトビデオを始めとするポルノ産業が当該作品をこうカテゴライズしてきた事により日本でも知られるようになった。
強姦が重犯罪であるため、フィクションといえど堂々と掲げる事を憚って聞きなれない英語を用いたものと思われるが、結果的に娯楽として軽々しく口にされる事も多くなった単語である(例:昏睡レイプ!野獣と化した先輩)。


ポルノでは性行為のきっかけとして珍しいものではなく、二次元においても同等かそれ以上の割合で描かれている。
理由は諸説あるが、「ポルノを必要とする人にとって、ある意味和姦以上に感情移入できるから」「性欲とは無縁の女性が理想なので、最後まで拒んでいてほしいから」あたりが有力かと思われる。
事実、ポルノにおける「和姦」はNTRであったり売春行為の結果であったりする事は珍しくない。


なお、ポルノにおけるレイプは非常に回りくどい手段や、逆に実行すれば速攻で逮捕される事が確実な手段を用いている事も少なくない。被害者が「襲われている内に好きになった」「気持ち良すぎてもうどうでも良くなった」と言いだす事も珍しくなく、最終的になんかハッピーエンドっぽく終わったりもする
現実においても、有名な「ストックホルム症候群」を始めとする精神の異常によってあり得る展開ではあるが、始めからエログロナンセンスシュールとしてそうした表現を追求する一派も存在するのである。


pixivにおいては、フィクション・ポルノ文化の延長として「強姦」よりも「レイプ」のタグ使用数が多くなっている。また、事前事後であっても状況的に穏やかでない場合にはタグ付けされる事もある。

もっとも、それ以上にタグ付けされずにただの性行為扱いされている例が多く、一般化しすぎているきらいがある事もまた事実である。創作物上の表現は自由であるが、特殊ジャンルである事を自覚し、マイナス検索に協力するくらいの事はしても良いのではないだろうか。


なお、女性から男性に対して行った場合、「逆レイプ」と呼ばれる事が一般的である。誰が誰に行おうともレイプはレイプなのであるが、ポルノ文化において男性が女性から強姦されたことをご褒美とする面があるため、当たらずとも遠からずといった所か。現実では強制性交等罪が適用される。

また、原作を滅茶苦茶にしてしまうことの比喩表現として「原作レイプ」、レイプ
被害者の表現から転じて虚ろな目を「レイプ目」と呼ぶ事がある。

レイプが性行為を目的とし直接的な性描写がほぼ必須なのに対し
リョナは暴力行為を目的とし直接的な性描写は描写されないのでレイプとリョナは全くの別物である。(ただし併用されることは多々ある)

別名・表記ゆれ

強姦 rape

関連タグ

R-18 陵辱 鬼畜 無理やり
脅迫 誘拐 監禁 拘束 緊縛
輪姦 腕押さえ輪姦 睡姦 触手 
イラマチオ 強制絶頂 孕ませ レイプ願望
ほのぼのレイプ 逆レイプ モブレイプ(モブレ) 百合乱暴
即レイプ レイプフラグ ちんぽには勝てなかったよ… クラウザーさん

関連記事

親記事

性犯罪 せいはんざい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561763147

コメント