2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

レイプ

れいぷ

暴行、脅迫を用い無理矢理性行為に及ぶこと。強姦。 本項では「ポルノ(創作物)として」のレイプを指す。
目次[非表示]

現実における犯罪の解説は→強姦

主な動向

「強姦」の英訳“rape”に由来する単語で、アダルトビデオを始めとするポルノ産業が当該作品をこうカテゴライズしてきた事により日本でも知られるようになった。
強姦が重犯罪であるため、フィクションといえど堂々と掲げる事を憚って聞きなれない英語を用いたものと思われるが、結果的に娯楽として軽々しく口にされる事も多くなった単語である(例:昏睡レイプ!野獣と化した先輩)。

内容としては嫌がる相手に対して無理矢理性交渉を行う、あるいは行った後の作品を指す。
始終相手が感じることなく嫌がって激しく抵抗していようが、途中で快楽堕ちしていようが、そこはあまり関係ない。
基本的には挿入を伴う行為、あるいは挿入があったことが察せられる描写があるものを指し、逆に相手が嫌がっていたとしても、挿入に至っていなければ本タグが使用されることは少ない。

ポルノにおいては性行為のきっかけとして珍しいものではなく、二次元においても一定数散見されるため、ジャンルとしては男性向け女性向け問わず人気かつメジャーなものである。
とはいえ実際にポルノにおけるレイプ物の比率が特別高いというわけではない。
pixivにおいてもレイプのタグが付いている作品数は、R18タグが付いた作品数に対して、一桁前半代のパーセンテージである。
もちろん明らかにレイプものでありながらタグが付いていないというケースもあるため、上記数字がすべてというわけではないことは留意願いたい。
例:単なる付け忘れ、他の類似タグによる内包(凌辱無理矢理など)

また、男性向けに限らず女性向け(BLを含む)においても、レイプ行為が物語の導入あるいは本筋になるケースは少なくない。
しかしこの呼び方自体が男性向けポルノの文化であること、また下記の理由から、本タグを使用する割合が低いと考えられる。
(これも上記の割合を下げている要因の一つである。)
・(主に二次創作で見られるが、)くっつけたい者同士の場合は本タグを使用せずにカップリング表記、作中に登場しない第三者によるレイプはモブレタグを使用することが多い。
・男性向け以上に、挿入される側の快感が重視されるため、最終的に和姦快楽堕ちに落ち着きやすく、悲壮感や無理矢理感があまり持続しない。
・レイプ描写こそあるが、話の本筋ではなくスパイス程度の内容のためタグ付けするほどではない、と作者が判断した。
・タグではなく、作品の説明文および一ページ目に記載して注意喚起を行う。(特に小説で顕著)
・女性向けジャンル全体的のタグ付け傾向として、作者は作品名やカップリング名、閲覧者はブクマ数や主観に近いものをタグ付けし、逆に内容や属性に関するタグ付けをしない。

なお、ポルノにおけるレイプは非常に回りくどい手段や、逆に実行すれば速攻で逮捕される事が確実な手段、そもそも実行することが不可能な手段(催眠透明人間時間停止ものなど)を用いている事も少なくない。
これは実行可能性を減らし、ポルノを参考にした現実の事件を引き起こさないようにするという、製作側の良心的な配慮のためと考えられる。
また、男性向け女性向け問わず、被害者が「襲われている内に好きになった」「気持ち良すぎてもうどうでも良くなった」と言いだす事も珍しくなく、最終的に両想いのハッピーエンドっぽく終わったりもする。
現実においても、有名な「ストックホルム症候群」を始めとする精神の異常によってあり得る展開ではあるが、始めからエログロナンセンス的シュールとしてそうした表現を追求する一派も存在する。

複数の男にレイプされる(輪姦)ポルノ作品も非常に多い。
これはレイプを通じて組織的な団結と、集団リンチ的な加虐行為に愉悦を感じる場合(イジメや組織犯罪への傾倒と似ており、実際にこうした男たちはヤクザとされる場合が多い)、肉棒が沢山出てくることが性癖の場合、単に女性を襲って身動きを封じたり、連れ去るための便宜のための場合などが考えられる。

pixivにおいては、フィクション・ポルノ文化の延長として「強姦」よりも「レイプ」のタグ使用数が多くなっている。また、事前事後であっても状況的に穏やかでない場合にはタグ付けされる事もある。

なお、女性から男性に対して行った場合、「逆レイプ」と呼ばれる事が一般的である。誰が誰に行おうともレイプはレイプなのであるが、ポルノ文化において男性が女性から強姦されたことをご褒美とする面があるため、当たらずとも遠からずといった所か。
現実で行えば女性から男性であっても当然犯罪である。まずは強制性交等罪や強制わいせつ罪が適用されるだろう。
また女性が一人で真っ向から成人男性を襲うのはかなり困難であり、薬物などで物理的に身体の自由を奪ったり、何らかの方法で脅して精神的な自由を奪う必要がある。
そのため薬事法違反、暴行罪、脅迫罪なども対象になる可能性が高い。

また、派生語として原作を滅茶苦茶にしてしまうことの比喩表現として「原作レイプ」、レイプ被害者の表現から転じて虚ろな目を「レイプ目」と呼ぶ事がある。
もちろん元の言葉が言葉なので、公共の場で堂々と発するのはやめておこう。

レイプが性行為を目的とし直接的な性描写がほぼ必須なのに対し
リョナは暴力行為を目的とし直接的な性描写は描写されないのでレイプとリョナは全くの別物である。(ただし併用されることは多々ある)

現実との違い、注意点について

創作物におけるレイプでは被害者が感じる描写が多い。
一方、現実でも局部に特有の反応が出るケースが多いが、あれはあくまでも人体の構造上致し方なく起きる反射であり、実際に快楽を得ていることは少ない(恐怖が圧倒的に勝って快楽どころではない)。
「相手も濡れていたから(勃起していたから)」という理屈は通らない。
あくまでも創作物であるから許されるしネタにできるということを忘れないようにしたい。

また相手の体を乱暴を扱う描写が多いが、生身の人間にとっては間違いなく危険行為である。
特に膣および腸はあくまでも内臓であるため、扱いによってはどんな代償が待っているか分かったものではない。

現実社会における強姦と創作に起因する一般的なイメージの違いは「レイプ神話」と呼ばれる。
レイプ神話は被害者に対し、「本当は嫌ではなかったのではないか」などの謂れなき疑念を浴びせることにもつながり、セカンドレイプの原因になるため、被害の深刻化、暗数の増加につながり、治安的な脅威たりうる。また、被害者たる女性だけでなく、加害者とされる男性にとっても脅威である。
一般に「性的な欲求不満を抱えた醜くモテない男性が、有り余った性欲を発散すべく見ず知らずの美しい女性を強姦する」というイメージで語られるため、一度事件があったことが知られると、無関係なブサイクな男性が世間から疑いの目で見られ、村八分いじめ、それによる解雇不登校に追い込まれる事態も稀ではない。氷見事件のように被疑者の容貌が客観的なアリバイ以上に重視された結果、犯人が別に存在することが明白である状況であるにもかかわらず、無関係な男性が刑務所送りとなってしまったような事件も存在する。実際には強姦は性欲の発散ではなく、相手を蹂躙し、支配する目的で行われていることが多いため、加害者はモテないブサイクとは限らず、意外にもイケメン妻子持ちの割合が高いことは警察関係者でも認めるところであり、強姦事件の発生によるイケメンでない男性への差別的取り扱いや偏見は、重大な人権侵害である。


SMプレイとして

恋人レイプ願望がある場合などに、SMプレイの一環として行う場合もある。絵面はガチと大差ないが、法的には相手が襲われることに合意しているため、和姦である。しかしながら、前述の通り人体への影響が極めて大きいため、あくまでも乱暴さは雰囲気や言葉だけに止め、行為そのものは丁寧に行うのが好ましい。
また、一般にパートナー相手であろうと相手が拒絶の意思を示しているにもかかわらず行為を強いるのは虐待であり、やめてと言っているのにやめてあげないのはDVに他ならないものの、このレイプごっこを行う場合に限っては相手が泣こうが喚こうが容赦無く陵辱することが不可避であるために、雰囲気を出すために嫌がっているふりをしているのか、本当に嫌がって泣いているのかわからない危険性がある。そのため、本当に嫌がっている時の合図として、事前に通常拒絶の意思を表する単語としては用いられない暗号のようなものを事前に決めておく必要がある
多くの場合、信号機の色を使って「赤」「黄色」などと言ったり、双方のどちらの出身地とも無関係な外国語母国語方言を含む)を用いることが一般的である。

別名・表記ゆれ

強姦 rape

関連タグ

R-18 陵辱 鬼畜 無理やり 強姦
脅迫 誘拐 監禁 拘束 緊縛
輪姦 腕押さえ輪姦 睡姦 触手 
イラマチオ 強制絶頂 孕ませ 種付けプレス レイプ願望
ほのぼのレイプ 逆レイプ モブレイプ(モブレ) 百合乱暴
即レイプ レイプフラグ ちんぽには勝てなかったよ… クラウザーさん

関連記事

親記事

強姦 ごうかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2383438808

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました