ピクシブ百科事典

暗号

あんごう

部外者に解読されないような通信(内容)。 推理小説等によく見られる。
目次[非表示]

ギャグ漫画等では書いた本人は普通の文章のつもりが、字が汚い、言葉遣いが古く難解…などの理由で読んだ者が暗号文とみなし解読に四苦八苦するパターンもある。

暗号の手法

現在、インターネットなどで中心となっているものは、RSA暗号といい、素因数分解を用いたものである。大きな素数が求めにくいことを利用している。
RSA暗号は、公開鍵暗号方式の一つで、約150桁の素数2つを掛け合わせることで得た約300桁の数列を公開鍵として公開し、元の素数2つを秘密鍵とする。
送信側は公開鍵を用いて秘密にしたい情報(クレジットカード番号など)を暗号化して受信側に送り、受信側は秘密鍵を用いて暗号を復号化する。
原理的に、大きな数の素因数分解は、とても時間のかかる「解けない問題」であり、解く方法は総当りで片っ端から計算していくしかない(公開鍵が2桁程度なら人間の直感で解読できる可能性はある)ため、秘密が守られるのである。
この方法ならば、将来的にコンピュータの性能が向上して素因数分解の総当りにかかる時間が短くなった場合でも、計算量が素因数分解をする桁数に対して指数関数的に増大する性質から、単純に素数の桁数を増やしてやれば対応できるのである。
なお、量子コンピュータが実用化された場合は素因数分解自体が解けるようになるため、公開鍵暗号によるセキュリティは効果を失う。

他にも、単純に文字を別の文字に置換したもの、送信側と受信側に共通の符牒を用いるもの、機械を通して暗号化・復号化するものなどがある。
古代においては、棒にリボンを斜めに巻きつけてそこに文字を書き、それを解いて受信側に届け、受信側がリボンを棒に巻きつけることで解読する、というものもあった。
また機械式暗号の中で特に有名なのがドイツが用いたエニグマである。これは暗号文からの解読ができなかったため、暗号機そのものを鹵獲して解読したほど難解なものであった。
現在、エニグマシミュレーションでエニグマを再現されている。

暗号例

スパイや軍人の専門分野ではなく、実際以下の例で作った事は誰しもあるのではないだろうか?(簡単に解けるかどうかはともかく、暗号の定義からいけば、これらもそうである)

その1

ろじろ見てんじゃねーよ、おまえらバカか?
まらねぇ記事の糞くだらねぇ解説見てて、本当
おまえらもこんなの読みたくねーと思ってるんだろ
れは善意からの忠告だからな、よーく聞いておけよ、おの
らは所詮、ネットでしか生きられないチキン連中
しかしなくてもそう、認めたくなくても
れが現実、リアルでは生きられないってのwww
まだいすき

その2

たじたつたはたこたれたもたそたうた
ヒント

たぬき。



その3

コツは、痔、漏れそう(アナグラム

一生で一度しか(?)使えない暗号例

【ぴくゆり2】交流パーティ・その裏で【寮にて】



関連タグ

推理小説 ミステリー 情報機関 諜報員/スパイ
https MD5
ADV 脱出ゲーム クイズ パズル
伏せ字 検閲 あぶりだし 象形文字 日本語でおk

まどか文字 踊る人形 ニイタカヤマノボレ

pixivに投稿された作品 pixivで「暗号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207539

コメント