ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

方言とは

言語言葉の地域変種のこと。共通語標準語とは異なった形で、一地方だけで使われる語を方言と呼ぶ。


日本語以外にもあるが、この項目では主に日本語の方言について記載する。


日本語の方言

創作では、特徴的な語尾と訛りだけを真似た似非方言も良く使われる。一例として、『俺ら東京さ行ぐだ』のようないわゆる「東北弁」は、創作の中にだけ存在する「役割語」の類に過ぎない。実際には同じ東北地方でも地域によって言葉が全く違う。例えばこの歌を歌った吉幾三の出身地の津軽弁では「わ、東京さ行ぐでぁ」、「おらきゃ東京さ行ぐど」などとなる。この手の「田舎言葉」のルーツは、時代劇などで「江戸に進出した北関東の農民の言葉(北関東の方言は南東北の方言に近い)を基に創作された物」とされている。


ただし、一部の方言の言葉の内容が飛び地的に共通だったりする場合もあり、これは昔開墾などで移り住んだ者達の方言がそのまま残ったというケースが多い。代表的な例に、福岡市城下町地区で用いられていた岡山弁の変種である福岡弁がある。


日本語の方言は、廃藩置県後の標準語による学校教育の普及、地域をまたいだ人口移動の増加を経ても濃厚に残っていたが、昭和期のラジオテレビの普及により、方言話者は急速に減少した。高度経済成長期以降に生まれた世代では、伝統的な方言は「意味がわかっても話せない」場合も多い。しかし、自分が方言を話していると思っていない人でも、アクセントの違いなどで出身地の方言の影響がうかがえることもある。Youtuber等の配信者は一般に放送業界での矯正を経ていないため、方言の影響が出る人は多い。


一部の方言はマスメディアによって全国に広がることもある。特に近畿方言吉本興業所属のお笑い芸人を中心に多く聞かれ、全国的な影響力を持っている。ただし、今日の京阪神都市圏で若い世代の話す関西弁はメディアの多大な影響力によって半ば共通語化した「関西共通語」であり、「吉本弁」と揶揄されるメディアで使われる関西弁により、日常使われる方言が変容した面もある。


各地域の方言

旧藩などの地域単位でのまとまりである事が多く、必ずしも現在の都道府県単位でまとまっている訳ではない。


昔は「川や山一つ隔てたらそこはもう別の国」という有様で、同一県内でも大きく異なる方言が話されている場合も少なくなかった。県内での方言差が極端に大きい鹿児島県沖縄県などでは地域が違うと全く話が通じないため、「方言の共通語」(唐芋標準語/ウチナーヤマトグチ)が生まれている程である。方言娘など創作の方言話者に対し「自分は聞いたことが無い」「うちの県ではこんな言葉遣いはしない」という非難が上がる場合、その主張者が昔の地域区分では別な地域だった場所の方言話者であった、というケースも少なくない。


方言は話者の訛りやゆすり、アクセント、語彙の選び方などで大まかにどの県のどの地域の出身者か推測できるほど地域性の高いものである。


北海道・東北

東日本方言


関東

東京都島嶼部を除き、東海東山方言との共通点が多い「西関東方言」と南奥羽方言との共通点が多い「東関東方言」とに二分される。栃木県佐野市千葉県周辺は西関東方言と東関東方言の移行地域であり、両者の影響が混在する。

東日本方言

  • 関東弁
    • 東関東方言
      • 栃木弁(≠栃木県の方言。茨城弁・福島弁に近い。足利市など県南西部では栃木弁ではなく上州弁に近い足利弁が話される)
      • 茨城弁(福島弁・栃木弁に近いが、江戸言葉の影響を強く受けているのが違い)
    • 西関東方言
      • 多摩弁・埼玉弁(それぞれ東京都多摩地域、埼玉県の旧葛飾郡域を除く地域の方言。総称して「武州弁」とも言い、旧武蔵国に当たる横浜市・川崎市の農村部でも話されていた)
      • 相州弁(神奈川県の川崎市・横浜市以外の方言)
      • 上州弁(群馬県の方言)
      • 郡内弁(山梨県東部・富士五湖地方の方言)
      • 房州弁(千葉県の房総半島南部で話される方言。西関東方言をベースに茨城弁の要素が加わった言葉)千葉県の方言を指して「千葉弁」という表現もあるが、房州弁以外は茨城弁や江戸言葉などの影響が入り混じっており、特徴はハッキリしない。いずれも現在は首都圏方言に置き換えられつつある。
  • 京浜方言(上述の西関東方言に含まれるが、関西弁や三河弁の影響が著しいため本項目では他の西関東方言とは分ける)
    • 東京弁(≠標準語)
      • 江戸言葉(東京都心部の下町地区を中心に話されていた方言。いわゆる「べらんめえ口調」である。高度経済成長期以降、日常語としては著しく衰退したが、落語などでは今でもよく使われる)
      • 山の手言葉(江戸時代の武家言葉をベースに廓言葉や関西弁などの要素が加わった上層階級の言葉。明治以降の標準語のベースとなった。現代ではほぼ死語だが、「お嬢様言葉」などの役割語にわずかにその名残りをとどめている)
      • 首都圏方言(標準語が周辺の西関東方言をはじめとする日本各地の方言と交わって崩れたもの。旧来の方言に取って代わる形で関東広域で用いられる)
    • 横浜弁(横浜市周辺で話されていた方言。横浜開港以降成立した方言で、東京弁と相州弁・多摩弁の特徴が入り混じっていた)

八丈方言

  • 八丈弁八丈島青ヶ島特有の方言。八丈島からの移住者の多い沖縄県大東諸島でも用いられる。奈良時代以前の東関東の方言の特徴を色濃く残しているとされる。八丈島を含む伊豆諸島でも首都圏方言が話されており、伝統的な八丈弁は絶滅危惧種)

中部

主に東海地方・中央高地(東山地方)および新潟県本土の大部分で話される「東海東山方言」と、新潟本土と福井県嶺北地方を除く北陸地方で話される「北陸方言」に二分される。

このうち北陸方言は関西弁と、東海東山方言は関東方言(特に西関東方言)との共通点が多く、北陸方言と東海東山方言の間は差異が著しい。そのため「中部弁」などとしてひとつにまとめてしまうのは無理がある。逆に同じグループの間であれば「方言連続体」であるので、グラデーションの様に少しずつ変化していっており、地域が近い場合は言葉が通じやすい。しかし距離が離れると同じ系統の方言であっても通じない語彙も増えてくる。


東海東山方言

西日本方言


関西

西日本方言

東海東山方言

  • 奥吉野方言
    • 十津川弁
    • 上北山弁
    • 下北山弁
    • 天川弁
    • 洞川弁

中国・四国

西日本方言

  • 中国方言
    • 岡山弁:おおむね播磨弁に近い備前弁(岡山弁)と、広島(備後福山)弁に近い備中弁(倉敷弁)と、雲伯方言および丹後弁に近い美作弁(津山弁/新見言葉)に分けられる。
    • 広島弁
    • 山口弁
    • 雲伯方言:京言葉と丹後弁の特徴を受け継いでおり部分的に予阿讃方言と似た特徴が見られる。
  • 近畿北陸方言
    • 予阿讃方言:近世以前に用いられていた古い関西弁の生き残り。
      • 讃岐弁空海菅原道真崇徳上皇の影響から「平安式京言葉」の影響を強く受け継ぐ方言と言われる。阿波弁に近い東讃弁と、伊予弁に近い西讃弁に分けられる。
      • 阿波弁:現代の関西弁に最も近いグループと言われる。ただし讃岐弁に近い阿北弁(鳴門・板野・美馬・阿波・池田・三好北部)と、より関西弁に近い徳島弁(徳島・吉野川・小松島)と、土佐弁に近い阿南弁(阿南・那賀・海部・海陽・三好南部)に分けられる。
      • 伊予弁:讃岐弁に近い東予弁(新居浜弁)と、広島弁に近い中予弁(松山弁)と、大分弁に近い西予弁(内子弁)と、土佐弁に近い南予弁(宇和島弁)に分けられる。
  • 南四国方言
    • 土佐弁四万十町黒潮町(いわゆる旧幡多郡)を境とし、それ以西を幡多弁、中土佐町檮原町(いわゆる高岡郡)以東を高知弁(安芸弁)として分けられる。なお、北東側の県境では阿波阿南弁、北側の県境では新居浜弁、北西側の県境では宇和島弁との融和が見られる。ちなみに、よく言われる「~ぜよ」は方言の中でも古語にあたり現在は安芸市周辺の高齢者にのみ残る言い回しとなっている。

九州

西日本方言

  • 中国方言
    • 岡山弁(歴史的経緯により、現福岡市天神地区では以下の岡山弁より派生した方言が話されていた)

九州弁

南西諸島

  • トン普通語(奄美大島で話される新方言。標準語が奄美の伝統的な方言の影響を受けて変化したもので、上記の唐芋標準語や下記のウチナーヤマトグチと成り立ちが似ている)
  • 沖縄弁(=ウチナーヤマトグチ。沖縄県の戦後生まれの世代が話す新方言で、伝統的な沖縄の方言とは異なる)

方言と言語

日本語中国語アラビア語などは、同じ言語の話者であっても、居住地が違えば互いに意思疎通が困難なほどの多様な方言を有する言語であるが、世界的にはポルトガル語オランダ語のように地域差がほとんど見られない言語も存在する。このような方言が少ない言語においては、近隣の外国で話される別の言語と、互いに意思疎通が可能なほど似通っていることが多々見受けられる。


例えば、日本語においては同じ西日本方言の近畿北陸方言に分類される富山弁大阪弁の差異は、インドネシア語マレー語の差異を遥かに上回り、またスウェーデン語デンマーク語の差異は標準語博多弁程度の差異しかないとも言われる。ヒンディー語ウルドゥー語は話者の準拠する宗教の違いを反映して表記する文字体系と不足する語彙を借用する外来語がそれぞれ主にサンスクリット語アラビア語であるかという違いはあるが、それ以外では全くの同一言語である。

一般に言語学的に「近い」「遠い」ということを客観的に示す指標には、相互理解性という概念が用いられる。これは、相互に母国語で話をしたときに、互いに何%程度文意を理解できるかによって表される(無論、個人差があるので相当数の母集団を用いて統計的処理を行う必要がある)。これによると、例えばスペイン語イタリア語の相互理解性は、標準語と博多弁よりは小さく、標準語と鹿児島弁よりは大きい。これは、スペイン語はイタリア語に対して、標準語に対する鹿児島弁よりは近しい関係にあるものの、博多弁よりは遠い関係にある言語であることを意味する。


このように、方言であるか言語であるかという点については明確な基準はなく、あくまで政治や文化、宗教などが複雑に絡み合って派生している概念という見方もできる。このため、ユネスコでは全ての方言を固有の言語であるとみなしており、これに従って 沖縄県東京都の複数の方言を消滅危機言語としてデータベースに登録している


関連タグ

日本語 言語 死語

関連記事

親記事

日本語 にほんご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21616932

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました