ピクシブ百科事典

目次[非表示]

方言」とは、あるひとつの言語言葉の一地方・地域における変種のこと。
日本語以外にもあるが、この項目では主に日本語の方言について記載する。

日本語の方言

創作では、特徴的な語尾と訛りだけを真似た似非方言も良く使われる。たとえば『俺ら東京さ行ぐだ』のようないわゆる「東北弁」は、創作の中にだけ存在する「役割語」の類に過ぎない。そもこの手の役割語は時代劇や時代小説などで「江戸に進出した近隣の関東地方の農民の方言を基に創作された物」とされている。また実際には同じ東北地方でも地域によって言葉が全く違う。例えばこの歌を歌った吉幾三の出身地の津軽弁では「わ、東京さ行ぐでぁ」、「おらきゃ東京さ行ぐど」などとなる。ただし、一部の方言の言葉の内容が飛び地的に共通だったりする場合も有り、これは昔元の地域から開墾などで移り住んだ者達の方言がそのまま残ったというケースが多かったりする。

各地域の方言

旧藩などの地域単位でのまとまりである事が多く、必ずしも現在の都道府県区分単位でまとまっている訳ではない。昔は「川や山一つ隔てたらそこはもう別の国」という有様で、同一県内でも大きく異なる方言が話されている場合も少なくない。例えば秋田県では「山側の住民と海側の住民で方言で喋ると話が通じない」という例が有る。県内での方言差が極端に大きい鹿児島県沖縄県などでは「方言の共通語」が生まれている程である。また方言娘など創作の方言話者に対し「自分は聞いたことが無い」「こんな言葉遣いはしない」という非難が上がる場合、大抵はその主張者が、この昔の地域区分では別な地域だった場所の方言話者であるケースが少なくない。逆を言えば方言話者の訛りやゆすり、アクセント、独自用語などで大まかに旧区分のどの地域の出身者か推測できる程地域性の高い物である。

北海道・東北

北海道弁
津軽弁(青森県津軽地方の方言)
南部弁(岩手県の中北部と青森県東部及び秋田県東北部の旧南部藩地域の方言)
仙台弁(宮城県と岩手県南寄りの方言 ※なお岩手県で南部と言うと旧南部藩エリア、すなわち中北部を指すためこう表記する。ややこしい)
秋田弁(秋田県の大部分。県東北部の旧南部藩エリアは南部弁である)
福島弁(栃木弁・茨城弁に近い)

関東

首都圏方言(標準語が西関東方言と交わって崩れたもの。現代の南関東では話し言葉として広く使われる)
栃木弁(≠栃木県の方言。茨城弁・福島弁に近い。県南西部では栃木弁ではなく上州弁に近い足利弁が話される)
茨城弁(福島弁・栃木弁に近いが、江戸言葉の影響を受けているのが違い)
東京弁(≠標準語。現在ではほぼ死語となった江戸言葉を含む)
多摩弁 神奈川弁 埼玉弁 上州弁(これらは共通した特徴を持ち、ほぼ同一の方言とみて差し支えない。学術的には西関東方言という枠に括られ、これは東京方言の母体でもある)
房州弁(千葉県の房総半島南部で話される方言。西関東方言をベースに茨城弁の要素が加わった言葉)
※千葉県の方言を指して「千葉弁」という表現もあるが、房州弁以外は茨城弁や江戸言葉などの影響が入り混じっており、特徴はハッキリしない。
八丈弁八丈島青ヶ島特有の方言。八丈島からの移民の多い沖縄県大東諸島でも用いられる。奈良時代以前の東関東の方言の特徴を色濃く残しているとされる)

中部

これらを総称して、「東海東山方言」と呼ぶ。ただし「方言連続体」であるので、グラデーションの様に少しずつ変化していっており、大体の場合互いに通じるものの端と端同士では通じない語彙もある。
甲州弁(県東部は西関東方言に近い郡内弁)
新潟弁(長岡弁を含む。ただし県北部は山形弁に、佐渡島は北陸方言にそれぞれ近い言葉が話される)
信州弁
静岡弁
伊豆弁(基本的に静岡県伊豆半島で話される言葉を指すが、東京都伊豆諸島御蔵島以北の方言を含む場合もある)
遠州弁
三河弁(愛知県三河地方の方言)
名古屋弁(=尾張弁)
飛騨弁美濃弁:岐阜県の方言。名古屋弁に近いが、母音は三河弁の様に単純化している。「君の名は。」のヒロイン・三葉達が使っていたのが飛騨弁(但し方言指導や聞き取り易さの関係もあり、多少ゆすりアクセントが入る飛騨北部のものより下呂など飛騨南部のものに近くなっている)。

北陸

北陸方言:福井(嶺北地方)・石川・富山の3県の方言。「間投(又は”ゆすり”)アクセント」が特徴。語彙も東隣の新潟県(佐渡島を除く)や真南にある岐阜県等の方言とは全く異なる。なお福井県の嶺南地方の方言は関西弁に含まれる。

関西

関西弁(≠大阪弁京言葉を含む) 三重県の方言も木曽岬町(地続きなのは愛知県側)以外は全て関西弁のグループに入る。

中国・四国

岡山弁
広島弁
山口弁
出雲弁
土佐弁

九州・沖縄

博多弁(=福岡弁)
長崎弁(長崎県本土の方言。離島では五島弁、対馬弁、壱岐弁が話される)
佐賀弁唐津市周辺の方言を唐津弁としてさらに分ける)
大分弁
鹿児島弁(難解な方言として有名だが、その中でも地域差が著しい)
沖縄弁(=ウチナーヤマトグチ伝統的な沖縄の方言とは異なる)

関連タグ

日本語
洋ゲー英語の方言(特にスペイン語訛り)で喋るキャラが多い。

関連記事

親記事

日本語 にほんご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「方言」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12343675

コメント