ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派西ゲルマン語群に属する言語。漢字での略称は「蘭語」。
オランダ本国とその属領ベルギー北部(ベルギーではオランダ語の事を「フラマン語」と呼んでいる)、スリナムなどで話されている他、南アフリカでもこのオランダ語から派生したアフリカーンスという言語が話されている。
同じ西ゲルマン語群に属する英語ドイツ語とは似ている点が多く、おおむね両者の中間くらいの言語と言える。

日本語との関係

オランダヨーロッパで唯一江戸時代を通して日本と交易関係にあった国である。そのためこの時期、西洋の学問は基本的にオランダ語の書物などを介して日本にもたらされている(そのためこれらは開国まで「蘭学」、すなわちオランダの学問と呼ばれていた)。一例として、杉田玄白が執筆した解剖学書『解体新書』の底本となった、ドイツの医学書"Anatomische Tabellen"のオランダ語訳版(通称:『ターヘル・アナトミア』)がある。
そのため、江戸時代を通じて多数の外来語がオランダ語から日本語へと流入している。中には一見すると外来語と分からないほどに完全に日本語に定着したものもある。以下にその一例を挙げる。

単語元のオランダ語備考
アルカリalkari
お転婆ontembaar
オルゴールorgel
ガラスglas本来の発音は「フラス」が近い
kan保存用金属容器としての意味で
コックkok
コーヒーkoffie
ゴムgom
ドイツDuits, Duitslandドイツ語のDeutschlandに直接由来するという説もある
ビールbier
ピントbrandpunt原義は「焦点」
ブリキblik
ベルギーBelgië本来の発音は「ベルヒエ」が近い
ポン酢pons本来は蒸留酒レモン汁・砂糖・水および紅茶またはスパイスを混ぜて作るカクテルの名前(フルーツポンチも参照のこと)
モルモットmarmot
ランドセルransel
リウマチrheumatisch日本語ではリューマチとも表す。
レッテルletter原義は「手紙」

関連タグ

言語 オランダ ベルギー スリナム

英語 ドイツ語

蘭学

関連記事

親記事

言語 げんご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オランダ語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 790

コメント