ピクシブ百科事典

パロスペシャル

ぱろすぺしゃる

パロスペシャルとは、プロレス技のひとつ。
目次[非表示]

概要

相手の背後から両足を内側から引っ掛け、両手をチキンウイングで絞り上げる関節技。
漫画『キン肉マン』に登場するロボ超人ウォーズマンの必殺技として広く知られ、当時は子供たちが真似する危険を考慮して「友達にパロスペシャルをかけるの禁止」という呼びかけをしていた学校もあったとか。
(キン肉マンに登場する技の中では難易度が低めで、関節技であるため非力な子供が使っても結構痛い)
相手の顔面をマットに叩きつける「パロスペシャル ジ・エンド」という派生技もある。

旧作品ではロビンマスクがウォーズマンをスカウトするきっかけとなった技とされていたが、「キン肉マンⅡ世」以降はロビンマスクが開発した技をウォーズマンに伝授したと言う設定になった。
というのも、もともとパロ・スペシャルはロビンが考え出したクラッチなのだが、ルーキー時代のウォーズマンが所属していたスパイ組織「SKGB」がウォーズマンのコンピューターを利用して「西側超人の最強技」として映し出したのを天井裏に潜んで見ていたロビンが「まさか東側にコレを完成できる超人がいるとは…」と驚き、更にSKGBを脱走したウォーズマンが追っ手相手にコレを仕掛け一発成功したのを見て確信した、というのが事実らしい。

ウォーズマンがキン肉マンとの戦いで披露した際は技を外そうとするキン肉マンのパワーを吸収し、自分のパワーに変えて更なるダメージに反映させていた。
しかし、いつの間にかこの設定は忘れられバッファローマンネプチューンマンにはいとも簡単に力づくで外されていた。
連載再開後にこの設定が復活。バッファローマンやネプチューンマンより超人強度が高い(と思われる)ポーラマンが力づくで技を外そうとした際にパワーを吸収して技のダメージに反映させていた。

実際の所

元は実在のプロレス技で、プロレスラージャッキー・パロが考案。その技はキン肉マンに登場するものとは掛け手の前後が逆(『キン肉マンⅡ世』に登場するロビンの息子・ケビンマスクの「OLAP」とほぼ同じ形)で、ウォーズマンのものは本来は「リバース・パロスペシャル」という名称である。現在では「ウォーズマン式パロ・スペシャル」と呼ばれることもある。

pixivでは、ウォーズマンや技そのものをかけているイラストはもちろん、パロスペシャルに似た体勢の画像にもこのタグが付けられることがある。
R-18のものも結構あったりする。

関連項目

プロレス 必殺技
プロレス技 関節技
キン肉マン ウォーズマン
パロ・スペシャル表記揺れ

pixivに投稿された作品 pixivで「パロスペシャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1687122

コメント