ピクシブ百科事典

ゆでたまご

ゆでたまご

ゆでたまごとは、以下のものを指す。
目次[非表示]
  1. 生のを茹でたもの。→ゆで卵
  2. 創価学会のPV(フトレ2)に出てくる観客の一人。→ゆでたまご(創価学会)
  3. 日本の漫画家。本項で説明。


ゆでたまご(漫画家)

主に格闘技ネタの作品を描くコンビ漫画家。大阪府出身。
原作担当の嶋田隆司(しまだ たかし)と作画担当の中井義則(なかい よしのり)の
二人組の漫画家。小学生のとき出会い、中学生の頃から2人で合作漫画を描き始め、高校生で現在の分業体制となり高校卒業直後少年ジャンプでデビューを果たす。

著名な作品に、『キン肉マン』・『キン肉マンⅡ世』・『闘将!!拉麺男』等がある。
目がくらむような、独特の作中の理論展開はゆで理論として知られ、また「設定は投げ捨てるもの」と言わんばかりのひっくり返しや矛盾が桁違いに多く、酷い時は同じページの中ですら平気で矛盾するシーンや台詞が出る。
これについては本人達も「整合性より勢い」で描いていることを堂々と公言しており、長年のファンもその数えきれない矛盾を時にはツッコミ、時にゆでだからの魔法の言葉で流しつつ楽しんでいる。
また読者から公募したキャラクターをよく取り入れている。

ルーキー時代はあまりに画力が低すぎて、カラーイラストを描かせてすらもらえなかったという伝説が残っている(初期の『キン肉マン』の顔が緑色で塗られていたりするのはその為)だが、画業30周年を迎え画力は研ぎ澄まされて行き、温かみのある画風はそのままで躍動感あふれるバトルが今日も紙面を賑わしている。

近年、週刊少年ジャンプにおいて、アメリカMARVELコミックとのコラボ企画として、代表的ヒーローであるキャプテンアメリカマイティソーを描いたイラストが掲載された。


なお、自作の声優としてもゲスト出演をしまくっており、劇場版『キン肉マン』シリーズではウコン一味役として毎度毎度登場していた。『キン肉マンⅡ世』の劇場版でも観客役で登場した。

作品

ジャンプ系列

 言わずと知れた伝説のデビュー作。初期はヒーロー特撮を皮肉ったギャグマンガだったが、次第にプロレスのようなガチンコバトルを繰り広げる熱血漫画に変化。主人公もアホバカダメ超人から仁徳あふれる名君へと成長を遂げた。「友情・努力・勝利」の極みのようなジャンプ黄金期を代表する作品である。
 現在WEB上で第2部『完璧・無量大数軍編』が掲載中。

 キン肉マンの息子・キン肉万太郎の成長を描いたプロレス漫画。『Ⅰ世』時代の伝説超人やその遺志を受け継ぐ新世代超人が、人の世に仇為す悪行超人を懲らしめていく。
 第2部『究極の超人タッグ編』では万太郎たちが歴史改変を目論む時間超人を倒すため、昭和の世界で現役時代の伝説超人と共闘する。
 『キン肉マン』の名物キャラ・ラーメンマンの中国拳法バトルを描いた武侠漫画…なのだが、1日中かけても突っ込みきれないくらいツッコミどころが多い。世界観はキン肉マンとは全く別。
 キン肉マン終了後にジャンプで連載した妖怪バトル漫画。相変わらずのゆで理論爆発。
 キン肉マンが故郷のキン肉星に帰って幾星霜、遥か未来の21世紀後半を舞台にお下劣柔道ロボ・三太夫がロボット刑事として活躍するギャグマンガ。終盤にはある意外な人物が登場する。
 ジャンプ最後のゆで漫画。ムエタイをテーマにしているが、明らかに敵キャラはショッカー怪人、もしくはワンピースの動物系能力者である。速い話が立ち技版キン肉マン。

講談社版権

 画業15周年記念作品。総合格闘技ブームを背景に『デラックスボンボン』で掲載された異種格闘技漫画…という、ゆで先生には格好の題材だったにもかかわらず、本誌廃刊により未完に終わる。

角川書店版権

 『月刊少年エース』で連載していた漫画。ゆで作品にしては珍しく主人公が二枚目。動物の力を模した形意拳バトルもの。SMAPとは何の関係も無い。

 見ているだけで糖尿病になりそうな超絶高カロリーかつ豪華すぎる料理が次々登場する、ゆで理論満載のグルメ漫画。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆでたまご」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 546353

コメント