ピクシブ百科事典

マイティソー

まいてぃそー

「マイティ・ソー」とはMARVEL COMICSのタイトル及び同名のヒーロー。 単に「ソー」と呼ぶほうがキャラクター個人をさしているが、タグ分けとしてこちらに作品およびキャラクターの概要を書くものとする。
目次[非表示]

概要

『マイティ・ソー』という作品名および主人公の名前。
ソーはトールの英語読みで、キャラクターの設定としても北欧神話での雷神トールをさしている。

近年、週刊少年ジャンプにおいて、彼とキャップを『キン肉マン』の作者ゆでたまご先生が描いたイラストが掲載された。

主な登場人物(交友関係があるキャラクター)

ソー
本作の主人公。詳細はリンク先を参照。

オーディン
演 - アンソニー・ホプキンス吹替 - 浦山迅
父であるアズガルドの王。

ボルダー
ソーの異母兄弟。名前はバルドルの英語読み。

シフ
演 - ジェイミー・アレクサンダー/吹替 - 北西純子
ソーの元許婚である狩りの女神。神話ではソーの妻である。

スリー・ウォーリアーズ
演 - ファンドラル:ジョシュア・ダラス《1作目》, ザッカリー・リーヴァイ《『ダーク・ワールド』以降》(吹替:小松史法《1作目》→遠藤大智《『ダーク・ワールド』以降》)
- ホーガン:浅野忠信 (吹替:同左)
- ボルスタッグ:レイ・スティーヴンソン (吹替:咲野俊介)
ファンドラル、ホーガン、ボルスタッグの三名。ソーの戦友。

ちなみに、映画(MCU)版ではホーガンを日本人俳優の浅野忠信が演じたことで大きな話題となった(日本向けのDVD・BDのパッケージにもソーやロキ等と並んで浅野演じるホーガンが描かれている)。また、ヴォルスタッグを演じたレイ・スティーヴンソンはかつてパニッシャーを演じており、マーベル映画には2度目の参加となる。

最新作である『マイティ・ソー/バトルロイヤル』では残念ながら、三人ともヘラに殺されてしまう。

ヘイムダル
演 - イドリス・エルバ/吹替 - 斉藤次郎
虹の橋(ビフレスト)の管理者。

ジェーン・フォスター
演 - ナタリー・ポートマン/吹替 - 坂本真綾
ブレイクの勤務先の同僚看護師

映画(MCU)版では、天文物理学者として登場。『マイティ・ソー』及び、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』では、ソーとのロマンスが丁寧に描かれ、特に『ダーク・ワールド』ではキーパーソンの一人だった。
…が、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』では、ソーと破局した事が(サラッと)明らかになる。

ベータ・レイ・ビル
異星人のサイボーグ戦士、二人目の雷神の力を持つヒーロー。宇宙戦艦スカトルバットと共に移民船団を護衛する旅をしていたが、行き違いからソーと戦うことになりムジョルニアを持ち上げることができることが判明した。その後ムジョルニアの正式な所有者決定するためにオーディンの前でソーと決闘し見事に勝利した、しかし戦いを通してソーとの間に友情が生まれたためムジョルニアの所有を辞退する。オーディンはその高潔さを称え、ビルに雷神の力と新たなるハンマー「ストームブレイカー」を与えた。

サンダーストライク
本名:エリック・マスターソン。
ソーの戦いに巻き込まれ、重傷を負った建築家。ソーは彼を助けるために融合した。しかし、ソーはエリックの深層心理に魂を閉じ込められ、その間彼がソーとして活躍。その後、復活したソーはエリックに感謝の印として新たなハンマーを送り、サンダーストライクとして活動を開始する。

ヴィラン

ロキ
演 - トム・ヒドルストン/吹替 - 平川大輔
ソーの義弟にして最大の宿敵。元々は巨人族の息子だが、オーディンの養子に入り育てられた。後に王になることを約束され才能もあるソーを妬み、亡き者にしようと策略をめぐらせる。しかし、他のヴィランと共謀し策略を駆使して戦うことが多く、自分自身が戦うことはあまりしない。自分の目的の為には手段を選ばない卑劣漢。

霜の巨人
ヨトゥンへイムに暮らす巨人族。この王の子供がロキである。

マレキス
演 - クリストファー・エクルストン/吹替:相沢まさき
スヴァルトヘイムの「闇の軍団(ダークエルフ)」の首領。
遥か昔、9つの世界を征服すべく自身の軍団を率いて征服に乗り出すものの、オーディンの父:ボルらの奮戦により軍団は壊滅状態に陥り、失敗に終わった。その後長い間眠りについていたが、現代において復活し、再び侵略を開始する。

映画(MCU)版では、シリーズ二作目の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のヴィランとして登場。インフィニティ・ストーンの一つであるエーテルを狙う。

サーター
世界の終わりに現れるとされる火の巨人。名前はスルトーの英語読み。
その能力は非常に高く、ロキも彼を倒すために一時的にソーと手を組まざるをえなかったほどである。

映画(MCU)版では、スルトの名前で、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』に登場。「ラグナロク」を起こしてアスガルドを滅ぼそうと企んでいる。序盤にソーと戦い、力の源である王冠を奪われてしまうが終盤に大きな役割を担うことになる。

ヘラ
死を司る女神。詳細はリンク先を参照。

映画(MCU)版では、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のヴィランとして登場。

映画(MCU)版

2011年に『マイティ・ソー』として公開され、2013年11月18日(日本では2014年2月1日)には2作目である『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が、2017年11月3日には最終作である『マイティ・ソー/バトルロイヤル』がそれぞれ公開された。

MCUの一つとして、『アイアンマン』・『アイアンマン2』、『インクレディブル・ハルク』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と世界観を共有しており、これらの作品がフェーズ1として、最終的に『アベンジャーズ』へと繋がっていくという構成を取っている。

2作目である『ダーク・ワールド』、最終作『バトルロイヤル』も、それぞれ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に繋がっていくような構成となっている。

マイティ・ソー

一作目。シェイクスピア風のストーリーとなっている。
【ストーリー】アズガルドの王座の次期後継者であるソーだったが、自身の王位継承式を邪魔されたことに対して、氷の巨人の世界に攻め込むといった勝手な行動をとったために、ムジョルニアを取り上げられ、地球に追放される。一方で、弟のロキは暗躍を始め…

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

ジェーン・フォスターとのロマンスが丁寧に描かれた。
【ストーリー】アベンジャーズ』の戦いの後、ソーは王位の次期後継者として、アズガルド周辺の戦乱を鎮めていた。一方で、ジェーンは思わぬ形でインフィニティ・ストーンの一つであるエーテルを吸収してしまい…

マイティ・ソー/バトルロイヤル

前二作に比べ、コメディ色が強くなり、シリーズはおろか、MCUの中でも上位に入るほどのヒット作となった。ドクター・ストレンジも序盤に登場する他、ハルクが準主役級の登場を果たしている。
【ストーリー】アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、ソーはインフィニティ・ストーンを探し回っていたが、アズガルドに帰還した際に、ロキがオーディンに化けて、密かに王座に就いていたことを突き止める。正体を暴かれたロキとともに地球にオーディンを探しに行くが、オーディンはまもなく寿命で死んでしまい、彼に封じられていた死神・ヘラが復活してしまう。彼女に吹き飛ばされて、ソー(とロキ)は、惑星サカールにたどり着くが、そこでは何とハルクが格闘大会のチャンピオンとして君臨しており……

米国版予告編1

米国版予告編2

米国版予告編3

日本版予告編

『アベンジャーズ』シリーズ

主役の一人として登場。『アベンジャーズ』ではロキとの関係性にスポットが当たり、『エイジ・オブ・ウルトロン』ではアベンジャーズの中でいち早くインフィニティ・ストーンの重要性に気付く、など、わりかし重要な役割を毎回果たしている。

関連タグ

MARVEL 北欧神話 アベンジャーズ マイティ・ソー(表記揺れ)
MCU

pixivに投稿された作品 pixivで「マイティソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 723349

コメント