ピクシブ百科事典

ディズニー

でぃずにー

Disney(ディズニー)とは、ウォルト・ディズニー・カンパニーもしくは創業者のウォルト・ディズニーのこと。
目次[非表示]

ディズニーについて

ウォルト・ディズニー・カンパニー (The Walt Disney Company) はアニメーションや映画の製作・配給からテレビ放送、舞台、そしてディズニーランドをはじめとするテーマパークやホテル運営まで多岐にわたって活動している、アメリカのエンターテインメント企業。
傘下企業にピクサールーカスフィルムMARVEL20世紀フォックスなどが存在している。
アメリカ日本フランス中国と世界各地にテーマパークがある。

各国での作品づくり

2000年代末期より、数あるディズニーアニメの中で、その国で最も人気の高いディズニーアニメのローカライズ版を製作・放送する一方で、その国のみの完全オリジナル作品も作る事があった。
日本では、日本で人気の高かった「リロ・アンド・スティッチ!」のローカライズ版「スティッチ!」と、完全オリジナル作品の「ファイアボール」がそれぞれ製作・放送された。
東映アニメーションとの合作でロボットアニメ『ロボディーズ』が制作された。
2020年3月にはアニプレックスと組んだ『ツイステッドワンダーランド』が配信されている。

著作権についてのエピソード(二次創作について)

海外では、deviantARTなどのイラストSNSサイト等のネットを含めて一般的なファンアートから、ネタエロR-18)・グロ(主にアングラ系)まであらゆるタイプの二次創作が存在しているが、それについてディズニーから訴えられた例は1970年代にエログロ同人をディズニーの重役会議に送りつけ警告を無視して書き続けた例を聞くのみ。
結論から言うと、二次創作に対する姿勢は他社と大差はない。
要するに非営利目的であれば、グレーではあるが取り立てて咎めないという立場を取っている。
また、『アナと雪の女王2』が公開決定した際に、公式サイトで流行の現象や好意的な活動の一つとして二次創作の存在自体に言及した例もある。

厳しいイメージがついていた理由

日本ではアメリカにおける「ミッキーマウス法」と呼ばれる米国の著作権事情、ディズニーランド都市伝説夢の国の実態は恐ろしいなどとするもの)の流行に加え、ディズニーが1987年 小学校のプールに描かれたミッキーマウスの絵を消した事件から「(非営利も含めた)ファンアートでも容赦しない」という印象が付いた。
だが、このクレームは先の話と合わせて「営利目的になりかねないものを無許可で描かれた」ことによるものである。
さらに、この絵は完成当時新聞などでも大きく報道されており、ほとんど宣伝のような状態になっていることもあったため、ディズニー社は動かざるを得ない状況だった。
実際、後年、別の小学校が正式に承諾を取りに行ったところ、二つ返事で許可が出されている。

こういったイメージがついた一つの理由として、ウォルト・ディズニーが制作した「しあわせうさぎのオズワルド」の権利を制作会社のユニバーサルに奪われたことが原因と言われている。実際、それ以降は著作権への認識の甘さを反省して自社から手放さないよう管理され、その後世界的に有名なあのミッキーマウスを生み出すこととなった。ちなみにオズワルドの権利は、現在ディズニーに戻ってきている。

「一定の期限で消滅する著作権」と「半永久的に更新できる商標権・意匠権など」は別物の権利なので、商売に影響はなく、そもそも初期のディズニー(おおむね1950年代以前に公開された作品)は日本において著作権が既に切れているので、パブリックドメインのDVDが出ている。

以上のことはあまり知られていないことと、この事件に関してマスコミは明らかにディズニーに対し悪意の強い報道を行ったこと、「宣伝目的になるほどの大掛かりな絵」であることが「小学生が紙に描いた落書き程度の絵」になっていたり、小学校ではなく幼稚園であるなど、事実とは異なった形で誇張・捏造された話で出回っていることが多く、未だにそういった話を鵜呑みにしてしまう人も多い。

よって実情を知るディズニーマニアの間では、こういった「著作権に厳しい会社」といったイメージだけで物を語る相手は不愉快に思われやすい。

2012年、ディズニーのフリーの同人ゲームの製作者が「ディズニーから賠償金600万円を要求された」とTwitterで発言し話題になったが、数日後に「確認したらディズニーはこの件に関して一切ノータッチ」であったことが判明している。
Twitterまとめ

この様に、特別に過激な挑発をせず、個人としてファンアートを描いてディズニーから訴えられた例は確認されていない。

が、それまでの根も葉もない噂が根付き過ぎてしまったのが原因で、日本国内では多くの印刷業者がディズニー関連のキャラクターを題材した同人誌の印刷を自主的に規制している。また、「写真に写りこんだだけで飛んでくるらしい」というようなデマが流され続けた結果、SNSでもなるべく写さないようにしている人も多い。

実際のところ

2009年にはディズニーが制作しているアニメ「ファイアボール」のオンリーイベントが行われていたり、2018年にはディズニーオンリーのイベントが開かれている事実など、一時期に比べれば誤解の緩和は進んでいるが、検索結果の大半は未だディズニーの恐ろしさを説く内容に占められている。
ディズニーの同人誌について詳しくはこちら

また、ディズニーは近年の方針では主に二次創作やパロディなどの二次利用に関しては緩和な態度で接することを宣言している。

ディズニーCEOのボブ・アイガーは
 「誰もがコンテンツを楽しみ自由に創造活動が出来るように、コピーや(パロディなどの)二次利用に対する制限を今より柔軟にすべきだろう。」と発言している。
(「未来を見るディズニーCEO」より引用)

そもそも、公式からしてOh My Disney(外部リンク:英語)といったサイトで公式が病気ともとれるようなジョークサイトが展開されているという事実がある。
ちなみにこのOh My Disneyはインターネットを冒険するストーリーの『シュガー・ラッシュ:オンライン』にも登場している。

公開時に大ヒットし人気を得た「アナと雪の女王」や「ズートピア」なども、pixivやtwitterなどでも多くのイラストが投稿された事実から、日本でのディズニー二次創作が廃れることは無いだろう。
また、シュガー・ラッシュ:オンラインの公開記念にpixivで公式にシュガライラコンが開催されたり、それ以降の作品でも度々募集するなど公式が積極的な様子を見せた。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』公開記念イラストコンテスト開催



pixivについて

pixivでもディズニーの映画やアニメのキャラクターに関する絵が数多く投稿されているが、バタ臭い画風のため日本アニメ風にされることが多い。

先述の著作権の印象から「命がけの行為」のよぅなイメージが付きまとい、夢の国チキンレース夢の国チキンレース参加者タグや作者は命知らずといったネタタグがつけられている絵もある。

※作者に失礼な場合もあるので、これらのタグをつけるときは注意が必要(作者が自主的ないし自虐的な意味でつけている場合は除く)。

そのため海外絵師による投稿の比率が高い。

主な作品

短編アニメーション

長編アニメーション

ディズニー映画ピクサーを参照。

TVシリーズ

ゲーム作品


関連イラスト

パパパパヤパヤのやつ
蒸気船ウィリー84周年


プリンセス集合
ARE YOU READY?



関連タグ

Disney ピクサー ウォルト・ディズニー
海外アニメ カートゥーン ファンタジー 海外絵師
ディズニーキャラ ディズニーXD ディズニーチャンネル ディズニー映画
東京ディズニーリゾート 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー

ディズニー100users入り ディズニー500users入り
ディズニー1000users入り ディズニー5000users入り

ディズニーパロ

MARVEL:2009年から主要株主がディズニーになった。この影響で、ディズニーのオールスターゲームである「ディズニーインフィニティ」にもマーベルヒーローが登場している。

外部リンク


他の記事言語

Disney

関連記事

親記事

ウォルト・ディズニー ゆめのくにのかみさま

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ディズニー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ディズニー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115353386

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました