ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューションが所有・運営する、アメリカの定額制ビデオ・オン・デマンド・OTTサービス。

2019年11月12日にサービス開始され、日本では2020年6月11日からサービス開始となった。

英語表記は『Disney+』。


直接制作のディズニー作品のほか、ピクサーMARVELスターウォーズ(元々は20世紀フォックスが配給)、ナショナル・ジオグラフィックスの5ブランドの作品が見放題。

後に、20世紀フォックスや日本のアニメなど様々なブランドをひっくるめた「スター」ブランドが追加された(日本では衛星放送による洋画専門チャンネル『スターチャンネル』を運営している東北新社との間で、事前にクロスライセンス契約を結ぶ事で訴訟問題を回避している)。

またこれらの各ブランドにおいてディズニープラス独自制作かつ独占配信の作品を随時リリースしている。

2022年秋には、国内でディズニー刊行物を出版している講談社と連携し、一部講談社作品がディズニープラスでサブスク独占配信されるようになった。第一弾として東京卍リベンジャーズを配信した。

この他にもBTSのドキュメンタリー等の韓流アイドル及び韓国ドラマやフィギュアスケート等も配信もしている。


コロナ禍によって劇場での興行のめどが立たなくなったのを受けて、劇場公開できなかった映画の配信プラットフォームとして利用されたほか、劇場公開した映画を即日(あるいは公開からそれほど間を置かずして)配信するというサービスも行っている。この公開形態はワーナーブラザーズもHBO MAXにて同様に行ったが、劇場側の減益につながり、これまで映画文化を支えてきた映画館業界に後足で砂をかけるような行為として、劇場経営側や映画製作者から広く批判を集めている。

またNetflixAmazonプライムビデオといった他の配信サービス同様、自社制作コンテンツ以外の有力コンテンツの独占配信にも力を入れているため、その作品のファンからの批判も集まりやすい。


最近では、ディズニーの経営の足を引っ張る存在としても名高い。

利用者数は確かに多いのだが、それ以上に独自制作コンテンツの制作・マーケティングに資金をつぎ込みすぎて、慢性的な赤字体質となっていることが方々で指摘されている。先行する同業他社に追いつくためにある程度の赤字を出してでも投資するという姿勢自体は普通だが、ディズニープラスの場合はこれが実を結んで黒字転換する見込みが立っておらず、投資家からも厳しい目で見られている。

2023年以降、CEOのボブ・アイガーは、ディズニープラスへの投資を抑制したり、人員を削減したりと、体質改善に取り組んでいる。


主な日本版配信中の作品編集

ディズニー作品編集

ピクサー編集


スターウォーズ編集


マーベル編集


スター編集

(ディズニー作品以外の配信作品)

国内ドラマ編集

アニメ編集

今後配信のアニメ

FOX作品編集

ザ・シンプソンズ

フューチュラマ

マペッツ作品編集

韓流ドラマ編集

その他多数


日本版オリジナルの長編作品編集


日本版未配信の作品編集

ディズニー作品編集

マーベル作品編集

マペッツ作品編集


関連リンク編集

https://www.youtube.com/channel/UCm9iPGnmMYtZkNQ3IoBIPIA


関連タグ編集

ディズニー 動画

関連記事

親記事

ディズニー でぃずにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9407

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました