ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スパイダーウーマン

すぱいだーうーまん

"Spider-Woman"、直訳で「蜘蛛女」。ここではMARVELコミックのスーパーヒロイン、および彼女を主人公とした作品について述べる。
目次 [非表示]

概要

MARVELコミックのキャラクター。

1977年に初登場した「スパイダーマン」の女性版で、クモの能力を持つスーパーヒロイン。


タイトルとしては、初代がデビューした翌年から全50巻が刊行されたシリーズや、歴代四名とマダム・ウェブが競演した1999年刊行のシリーズなどが知られている。


キャラクター

別宇宙も含めるとかなりの人数がいるが、正史世界【アース616】の4人を挙げる。

ちなみにその大半は、ピーター・パーカーのような「特殊なクモに噛まれた」以外の理由で能力を得ている。


初代

本名:ジェシカ・ドリュー(Jessica Miriam Drew)。

詳細は『JessicaDrew』の記事を参照。


二代目

本名:ジュリア・カーペンター(Julia Eugenia Carpenter)。旧姓はコーンウォール(Cornwall)。

詳細は『マダムウェブ』の記事を参照。


三代目

1998年デビュー。本名:マティー・フランクリン(Martha "Mattie" Franklin)。

マーサ(Martha)の愛称である「Mattie」には「マティ」「マッティー」などの表記ゆれがあるが、いずれもpixivでのタグ用例は無い(2024年4月現在)。


ピーター・パーカーと因縁のあるJ・ジョナ・ジェイムソンの姪。父子家庭で育ったが、その父親が魔術に関わっていることを知り、代わりに儀式を受けたことで超人的なパワーや飛行能力を会得。元から憧れていたスパイダーマンの不在時に「スパイダーマン」を勝手に名乗っており、彼の帰還後から「スパイダーウーマン」を名乗った。マティーを主人公とした新シリーズ『Spider-Woman』がスタートした(1999年)が、18号(2000年)までで打ち切りとなった。

この短い期間に頻繁にコスチュームを変更している。


二代目のジュリアと同じく四代目のシャーロットに能力を奪われるが、これを撃退。さらに打倒し、奪われた能力を取り戻した際に、同時にクモの能力を得た。

最期はJJJの後妻マーラとともに死亡している(2010年)。


初登場から死亡までが(作中の時間軸ではなく出版史上において)12年間、平均より短すぎるということはないものの、この間マティーの動向が描かれているのはジェシカ・ジョーンズを中心としたストーリー『Alias』の中盤のエピソード(2003年)と、若手のはぐれヒーローチーム『The Loners』メンバーとしての登場(2007年2008年)に限られている。


四代目

1999年デビュー。本名:シャーロット・ウィッター(Charlotte Witter)。

カサンドラ・ウェッブの孫娘だが、これまでの3人とは違いヴィラネス

ドクター・オクトパスに見いだされて改造を受け、超人の能力を抽出して奪い取る能力を持つ。

当時「スパイダーウーマン」を名乗っていたジェシカ、ジュリア、マティーの能力を奪ってスパイダーマンを打倒する計画だったが、カサンドラの助力で結集した3人に敗北した。


一度は昏睡状態に陥り、祖母であるカサンドラが身柄を預かることになったが後に復活、複数回に亘ってマティーを襲いスパイダーウーマンとしての能力と名義を奪い合う。スパイダーウーマンの四代目ではあるが、実質「偽ヒーロー」枠といえる。


当代「スパイダーウーマン」

ジュリアが二代目スパイダーウーマンとして登場する直前(1984年)、ジェシカは超人としての能力の大半を喪失しアベンジャーズを脱退、私立探偵としての活動を中心とし、以降は「元・スパイダーウーマン」として登場することが多かったが、能力は戻ったり弱体化したりを繰り返しながら複数のヒーローチームに招請されており、2008年(以下略)


2010年クラヴィノフ一族によって三代目スパイダーウーマンのマティーと初代マダム・ウェブのカサンドラが殺害され、同じイベントでジュリアが二代目マダム・ウェブを襲名。

四代目スパイダーウーマンのシャーロットについてはその動向に不明な点が多く、元々が半ば員数外の扱いなので、結果的に初代であるジェシカ・ドリューが再びスパイダーウーマンの名義を用いている(2024年現在進行中の『GANG WAR』というイベントで活動している)。


その他

名義は異なるが「女性版スパイダーマン」として名高いキャラは

  • アーニャ・コラソン / スパイダーガール
  • シンディ・ムーン / シルク

のほかに、別アースでは

などなど。また、シンビオートの宿主としても数名いる。


余談

数々のMARVELキャラクターを世に送り出したスタン・リーによると、かつてライバルのDCコミックから「ワンダーマン」が「ワンダーウーマン」に似ているとして訴えられそうになったため彼をデビューエピソードで死亡させ、さらに「パワーマン」を出した数年後に「パワーガール」を出された、という苦い経験を踏まえて、他社から「女性版スパイダーマン」が出る前に自分たちで出してしまおう、という裏事情があったとのこと。


そして案の定、昆虫と会話する能力を持った女性を主人公にした『Web Woman』というアニメをまた別の会社が企画していることを知り、急いでジェシカ・ドリューを登場させたらしい。


他メディア

単独アニメ

全16話。1979~80年にABCで放送。

日本では2005年にCSチャンネルで放映されたことがあるが、担当声優は不明。アメリカのディズニープラスでは日本語音声および字幕が対応されておらず、日本では配信されていない。


主人公はジェシカ・ドリュー。ただしオリジンや能力は変更されており、脇を固めるキャラクターも基本的にはオリジナル。

第1,7話でピーター・パーカーがゲスト出演しており、その声優は1967年版と同じだったりする。


エピソードリスト

No.原題
1Pyramids of Terror9Shuttle to Disaster
2Realm of Darkness10Dracula's Revenge
3The Amazon Adventure11The Spider-Woman and the Fly
4The Ghost Vikings12Invasion of the Black Hole
5The Kingpin Strikes Again13The Great Magini
6The Lost Continent14A Crime in Time
7The Kongo Spider15Return of the Spider-Queen
8Games of Doom16The Deadly Dream

オープニングシークエンス


Iron Man: The Animated Series

CV:Casey DeFranco(シーズン1)、Jennifer Hale(シーズン2)


1994~96年に放映されたテレビシリーズに、ジュリア・カーペンターがレギュラー登場。

ペッパー・ポッツのポジションで、トニー・スタークの助手兼親友、ビジネスパートナーかつ恋愛対象。ライバル枠にスカーレットウィッチが配されている。


スパイダーマン:スパイダーバース』シリーズ

Drew Jessica Drew

原語版:イッサ・レイ / 日本語版:田村睦心


2023年6月公開の第2作『アクロス・ザ・スパイダーバース』から登場。

こちらもジェシカ・ドリューで、2000年代のコミックと同じく妊娠中だが、主な移動手段がバイクになっている。


スパイダーマン・ユニバース

2024年2月公開の映画第4作『マダム・ウェブ』にて、コミックでウーマン / ガールを名乗った3人が実写デビュー。

2000年代が舞台で、年齢は10代に統一された。主人公キャシー・ウェブは老婆から30歳に変更。

  • ジュリア・コーンウォール(演:シドニー・スウィーニー / 吹替:潘めぐみ

上記の通り旧姓。両親が離婚し父親に引き取られたが、義理の母や弟と折り合いが悪く、孤立している。

急病になった義母をキャシーに救助されている


  • マティ・フランクリン(セレステ・オコナー / 伊瀬茉莉也

海外で働く両親とは疎遠で、JJJは「ジョナ叔父」として言及された。

スケボーに乗って道路を走っていた際、キャシーの運転する救急車に危うく引かれ掛け、顔は見えてない運転席のキャシーに向けて中指を立てた事がある。


キャシーと同じアパートの一階に住んでおり、不法移民の父が強制送還されてしまったため、家賃について大家から注意を受けながら孤独に暮らしている。


謎の男エゼキエル・シムズに命を狙われているところを、三者三様で繋がりのあったキャシーが予知能力で助けることになる。


関連タグ

アメコミ / MARVEL

スーパーヒロイン / クモ女


スパイダーマン

スパイダーガール / スパイダーグウェン / シルク(スパイダーマン) / サクラスパイダー

スクリーム(MARVEL) / アゴニー


S.H.I.E.L.D. / アベンジャーズ / X-MEN

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 295728

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました