ピクシブ百科事典

スパイダーウーマン

くもおんな

MARVELのスーパーヒロイン、及び彼女を主人公に据えたコミックのシリーズ。
目次[非表示]

様々な「スパイダーウーマン」が存在するが、ここでは代名詞と言える人物に関して説明する。

キャラクター

初登場は1977年、"Marvel Spotlight" #32。
本名はジェシカ・ミリアム・ドリュー(Jessica Miriam Drew)。
両親(ジョナサンとミリアム)はイギリス人科学者で、ヒドラの資金提供を受け遺伝子研究を行っていた。

ジェシカを身篭っていたミリアムはクモの遺伝情報を含む光線を浴びてしまい、胎内のジェシカにクモ人間の特性が具わることになる。

両親の失踪後、ウンダゴア山に棲むボヴァに育てられ、後にタスクマスターの指導の許、ヒドラのエージェントとして活動を開始。初登場作品ではS.H.I.E.L.D.と戦っている。

その後ヒドラの洗脳が解け、クライムファイターに転向した(バウンティハンター私立探偵にもなっている)。

アベンジャーズX-MEN、S.H.I.E.L.D.にメンバーとして参加したこともあり、他にもA-フォース、ヒーローズ・フォー・ハイアー、S.W.O.R.D.、ハント・スクァッド、レディ・リベレイターズにも参加している。
なお、アルティメット世界のジェシカ・ドリューは『ブラックウィドウ』と名乗っている。

ジェシカ以外のスパイダーウーマン

スパイダーウーマンの称号は1984年に2代目ジュリア・カーペンターに、1998年に3代目マティー・フランクリンに、1999年に4代目シャーロット・ウィッターに引き継がれているが、各種並行世界との兼ね合いもあり、結局は初代ジェシカ・ドリューが復帰している。

その他スパイダーマンに関連する多数のキャラクターの中には『女性版スパイダーマン』も多く含まれ、ヴェノムからの派生キャラクター(シンビオートの宿主)にも複数の女性キャラクターがいる。
近年のスパイダーバース展開でも、設定改変でそれらのキャラクターに注目が集まっている。

シリーズ

彼女を主人公に据えたコミックシリーズ"Spider-Woman"が1978年にスタート。1983年まで全50巻が刊行された。
1999年には新シリーズがスタート、四人のスパイダーウーマンとマダム・ウェブが競演。全18巻。
その後も幾度かにわたり短期シリーズが刊行されている。

関連タグ

アメコミ / MARVEL
スーパーヒロイン / クモ女

スパイダーマン
スパイダーガール / スパイダーグウェン / シルク(スパイダーマン)
スクリーム(MARVEL) / アゴニー

S.H.I.E.L.D. / アベンジャーズ / X-MEN

関連記事

親記事

スパイダーマンの登場キャラクター一覧 すぱいだーまんのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スパイダーウーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32595

コメント