ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

英字表記はPeniParker

アメリカンコミックスパイダーマン』シリーズで行われた大型クロスオーバーシリーズ『スパイダーバース』にて初登場した、平行世界Earth-14512のスパイダーマン。

父親から受け継いだパワードスーツ「SP//dr」を装着して街の平和のために戦う日系アメリカ人の14歳の少女。ちなみにベジタリアン


ちなみに『エッジ・オブ・スパイダーバース』において彼女のオリジンを描いた生みの親は、バンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のヴォーカルにしてアメコミライターであるジェラルド・ウェイその人。


コミック版とアニメ映画のペニー・パーカーは別人なので注意。(ただし、MCUでいう変異体ウルトラシリーズでいう並行同位体の可能性は有る)


来歴

エッジ・オブ・スパイダーバース 女操縦士編

Peni Parker

9歳の時、蜘蛛と人間のハイブリッドアーマーを装着した先代『SP//Dr』であった父が戦死。

開発研究者だった伯父夫妻のベン、メイに引き取られたペニーは、唯一父の遺伝子を引き継いだ存在であったため、『SP//Dr』の後継者となるべく蜘蛛に咬まれる事を決意する。

5年後、14歳の女子中学生となったペニーはベン・メイの指揮下で、パートナーにして父親代わりのDと共に街の平和を守る『SP//Dr』としてヴィランとの戦いに身を投じるようになっていた。

学校に通い、流行の音楽を聞き、もういない父のことを寂しく思い、戦う日々に疲れを覚え、けれど父が愛した街を守り、そして街を守って戦って死んだ父のような戦士になろうとペニーは日々努力を重ねる。

だから彼女は自分の前に現れたオールドマン・スパイダースパイダーハムの言葉を受け入れ、スパイダー軍団の一員となる事を決意する。

そんな彼女の姿を、二人のスパイダーマンは「立派だぜ」と迎えるのだった。


エッジ・オブ・スパイダーゲドン

スパイダーバースでの戦いを生き延びたペニーは故郷に戻るも、いなくなった間の事を問われ、さらに伯父夫妻が自分を「SP//Dr」から下ろし、かわりにクラスメイトの男子エディ・ブロックをシン・エンジン搭載の新型スーツ「VEN#m」装着者に選んだことを知って、戦いを拒否するようになってしまう。

しかし大型ミュータントM.O.R.B.I.U.S.との戦いにおいて「VEN#M」が暴走。なんとかそれを食い止めようとしたメイおばさんが犠牲となってしまったことで、ペニーは再び「SP//Dr」を装着して「VEN#M」と激突する。

そして全てが終わった後、ペニーは再びスパイダー軍団に勧誘され、新たな超次元の戦いへと飛び込むのだった。


スパイダーマン:スパイダーバース

Peni

CV:キミコ・グレン/日本語吹替:高橋李依


2019年3月8日に公開されたアメリカ合衆国のアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』にもスパイダーメンの一人として登場。ロボット「Sp//dr」に乗って戦う。


こちらは平行世界のペニー・パーカーなので厳密には別人であり、本人の見た目も性格も「SP//dr」の見た目もコミック版とはかなり異なっている(もっとも、彼女に限らずアメコミ世界では同一人物であっても見た目がしょっちゅう変動しているが)。主人公のマイルス・モラレス同様、コミック版のスパイダー軍団ではどちらかというとサポートキャラだったが、本作のメインのスパイダーメンの一人として抜擢された。本作のスパイダーメンでは唯一、コミック版のスパイダーバースがデビュー作となっている(厳密にはスパイダーグウェンもスパイダーバースで初登場した)。


コミック版のEarth-14152が日本のアニメ・マンガへのオマージュに溢れた世界観で、ペニーも大友克洋を連想させる漫画チックなデザインであったことを受け、映画においてはさらにその雰囲気が強調されている。そのためリアル指向のキャラの中ペニー・パーカーだけ日本の萌え系アニメに近いデザインとなっている(なおスパイダーマン・ノワールはノワール映画風、スパイダーハムはカートゥーン調で、他のスパイダーマンらもそれぞれ困惑している)。


さらにデザインだけでなく表情の付け方なども日本のアニメをリスペクトしたものとなっており、予告編が発表されて以降は人気も上昇している。ちなみにスパッツ派。サイキックリンクのエネルギー源として脳が大量の糖分を求めるのか、隙あらばお菓子をかっ込んでいるシーンがある。


こんなこともあって、コミック版の雰囲気を好む人からの評価は複雑なものとなっている。


スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース

2023年6月の続編スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバースでも登場。

前作と同一の、劇場版準拠のペニー・パーカー。……彼女は。


なんと何があったか「SP//dr」がコミック版準拠に改修、搭乗タイプの人型ロボットへと進化していた。


コミック版とアニメ映画の違い

  • 出身世界
  • 性格
  • 容姿
  • 雰囲気
  • 「SP//dr」の見た目・能力・本質(コミック版はパワードスーツでアニメ映画はロボット
  • スポットライトの浴び具合
  • キャラクターの方向性 (コミック版とアニメ映画だと真逆と言っても差し支えない部分がある)
  • コミックではベジタリアン。映画では大食い。

なお、コミック版のSP//Drが、どこかで見たような姿なのに対し、アニメ映画版のペニー・パーカーは色は違うがどこかで見たような髪型となっている。


関連イラスト

ペニー・パーカーpeni parker

センシティブな作品peni parker

センシティブな作品スパ//ダー(ペニー・パーカー)


関連動画


関連項目

スパイダーマン:スパイダーバース SP//dr

マイルス・モラレス スパイダーグウェン ピーター・B・パーカー スパイダーマン・ノワール スパイダーハム

スパイダーバース

グウェペニ


山城拓也…ロボットに乗って戦うスパイダーマン繋がり。


キュアミラクル…中の人が同じ女の子ヒーロー繋がり。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24470460

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました