ピクシブ百科事典

ベジタリアン

べじたりあん

菜食主義者の事を指す。ベジタリアンという言葉は「健全な、新鮮な、元気のある」という意味のラテン語'vegetus' に由来しており、野菜(ベジタブル)を主食にするという意味ではない。
目次[非表示]

概要

菜食主義者のこと。ベジタリアンという言葉は「健全な、新鮮な、元気のある」という意味のラテン語'vegetus' に由来しており、野菜(ベジタブル)を主食にするという意味ではない。

菜食主義者にも考え方が色々あり、卵や乳製品も含め全ての動物性食品を避けるヴィーガンはその一派でしかない。卵や乳製品は食べるもの、の肉も食べ獣肉だけを避けるものもいれば、パートタイムのベジタリアン(セミベジタリアン)もいる。これらのうちいくつかをベジタリアンとして認めない考え方もある。

理由も様々で、命を奪わないために肉食を避ける、宗教上の戒律、菜食は健康に良いと考えているからという場合もある。また、加齢により肉が食べられなくなったから菜食主義者になる例もある。

食肉の効率の悪さや環境への悪影響を指摘し畜産物の食用を避ける人もいるが、この場合は魚は普通に食べかつ肉食を完全には排除しないセミベジタリアンである事が多い。

同じ命である植物は食べても良い理由としては、「苦痛を感じる」という性質の有無が挙げられることが多い。このため「魚には痛覚が無い」という理由で魚を食べたり、「(ある時期までの胎児は)苦痛を感じる神経が成立していない」等の理由で、人工妊娠中絶は容認する、という立場のベジタリアンも存在する(後述の「新無神論」支持者など)。

また、特に命を奪わないと言う解釈は多岐にわたり、生命を持たないと言う理屈から無精卵牛乳は食している人、複数の実がなり何度も実が生じるキュウリやリンゴは許されるが、刈り取ってしまう必要がある玉ねぎや根菜などは禁じている菜食主義も存在する(ただし卵や乳を採る家畜動物の多くは生産性が下がると食肉行きになり、農作物の生育に際しても害虫獣の駆除は必ずと言っていいほど行われるのだが)。「フルータリアン」がその一例。

健康上の理由からベジタリアニズムを否定する者も少なくないが、栄養学的には問題ないとされている(参照)。
が、ご飯パン等の炭水化物の食べすぎで太ってしまっている人も多い。

宗教・思想とのつながり

初期仏教においては、「三種の浄肉」、つまり「その僧がほふられた現場を見てない」「その僧のためにほふったと聞いていない」「その僧のためにほふったと知らない」という条件を満した場合なら、在家信徒から布施されたその肉は食べてよい、とされた。

しかし、これが中華圏に伝わると徹底した菜食主義になり、日本にもそれが伝わった。こうして仏僧のみが暮らす僧坊、寺院生活においては植物由来の材料からなる食べ物のみが調理され、食されることになる。精進料理はこの背景から生まれたベジタリアン料理である。

また、仏教思想の延長線上にある菜食主義として「禁葷食」があり、こちらは葷(くん)と呼ばれる臭いの強い野菜類を食べることも避けられている。肉や生臭い野菜を食べたり酒を飲んだりした者が修行の場である寺へ立ち入ることは相応しくないという考え方である。

しかし飲酒を許可した法然、末法無戒の日蓮、そして肉食妻帯の親鸞などが登場して以降、無戒主義が日本仏教界に浸透し、現代日本の僧の多くは普通に肉を食べるし酒も飲む。末法の時代に生まれるような悪い人々は、これまでの旧仏教の戒律を守ったところで救われないとする思想からである。
また当事者達曰く、昔よりも敷居を下げて親しみやすくなろうと努めたら檀家さんとの付き合いやらナニヤラの機会も増えたり、流通の便が良くなって活動範囲が広がって僧侶にもスタミナが求められるようになったからだとか…(むろん僧侶にも寄るが…)。

熱心な日蓮宗信者で知られる宮澤賢治は、なぜか末法無戒の日蓮の教えに背いて晩年菜食を徹底しようとした結果栄養失調で結核になったと言われているが、彼の場合菜食よりも一日一種ドカ食いするような偏食と、昼夜問わない過度な農作業への従事が身体に負担をかけたと言われている。

イスラム教においては肉や肉食獣などの肉を食べる事が禁じられているが、戒律上食べられるにおいても、特別な作法に基づいてほふられていなければならない等のルールが存在する。
そのルールや解釈は国や地域によっても違いがある。そのため動物、肉由来の成分を一切用いないベジタリアン料理は、多くのイスラム教徒から破戒のおそれなく食べられるものとして好まれている。

キリスト教においては教派によっては動物やの肉を食べない「大斎」の時期が存在する。東方諸教会、正教会、東方典礼カトリック教会、また一部のローマ・カトリックの修道会に所属する修道士は一年中肉類をとらない生活を送る。

ヒンドゥー教では神聖な動物とされる牛を食べないが、牛だけでなく全ての動物の肉を食べないという規則を持つグループも存在する。一方で「魚はOK」「鶏肉はOK」と言うグループも有る。これらの違いはその土地で取れる食物の影響(地域によっては肉も食べなければ十分な栄養を摂取することができない)が有ると言われている。大雑把に言えば「その地域のバラモンと同じ物を食べていればベジタリアン」。
インド皇帝はベジタリアンが多く、一般のムガル帝国人は肉食が多いという歴史的背景も独特。

ジャイナ教はトップクラスに厳格であり、一切の殺生を禁じている。

無神論の一派である「新無神論」においては動物愛護、アニマルライツの観点から肉を食べない。宗教に敵対的な新無神論においては、肉食は迷信扱いされる宗教と同類の無知ゆえの悪、「ホモ・サピエンス中心主義」「種差別」に基づく悍ましい誤謬と見なされる。

関連タグ

フィクションの菜食主義者たち

ナディア・ラ・アルウォール:彼女でベジタリアンの存在を知った人も多いのではなかろうか。卵や牛乳は食べられる。
ターちゃん:『ジャングルの王者ターちゃん』主人公。動物達の守護者であるため肉は食べない。牛乳、卵料理は食べている。肉食動物草食動物を食べる行為は自然の摂理と認めている。人間に対しても肉食や生きるための狩猟は認めているが、密猟者は決して許さない。
ガネーシャ:草食動物である象の頭を持ち、彼自身も肉は食べないとされる。
エルフ(種族):海外文学、和製ファンタジーともにベジタリアン(菜食主義)の種族である例が多い。彼らにとって肉を食べる人間やその他の種族は「野蛮」「肉を食べるから臭う」らしく、彼らが民族的に排他的である原因の一つとなっている。一方で他種族からもたらされた植物由来の発酵食品は常食する描写のある作品も存在

反菜食主義者

堀江貴文ひろゆき:厳格な菜食主義者に否定的なスタンスの例。なお後者はあくまで「菜食主義そのものがどうこうよりも他人にその主義主張に同調しようと強要してくる人達が嫌い」と発言しており、前者もかつて「野菜は美味しいんだよ」とキレた事が(何故か)ネットで流行った。

外部リンク

禁葷食 - Wikipedia
今さら聞けない、ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違い! :Vegewel

関連記事

親記事

食事 しょくじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベジタリアン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ベジタリアン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました