ピクシブ百科事典

ハラール

はらーる

イスラム法で許された項目(許可)。禁止されたものは「ハラーム」という。
目次[非表示]

イスラム教で許されている項目。端的にはイスラム法上で食べることが許されている食材料理を指す。

本項目ではイスラム教におけるハラールとハラームについて解説する。

解説

「ハラール料理」という文言は、主にイスラム法の法源たるクルアーンハディース(ムハンマドの言行録)において食べる事を許可されている動物を所定の方法で屠殺・解体した肉を供しているものを言う。主にヒツジやウシ、ラクダなどの屠殺された肉がハラールとされており、屠殺する際には必ず「アッラーの御名において(ビスミッラーヒ)」(この文句をバスマラと呼ぶ)という文句を唱えて頸動脈を切断し血抜きせねばならない。

クルアーンで食することが禁止されているもの(ハラーム)もあり、欧米などでは中世からイスラームの特徴としてブタやイノシシの肉を食する事が禁じられていることは有名であった(ユダヤ教もブタやイノシシの肉は禁じられている)。バスマラを唱えず屠殺された肉、荒野で放置されていたり崖から墜落死した動物の死骸、ブタ、犬などもハラームとされている。

ハラールの規則もムスリムによっては厳格に守っているわけではなく、またハラールの基準を問題視する事は、他人の信仰に口を挟むことと同義となるため、ムスリムが自分の考えとは異なる基準のハラールを問題視することは難しい。このため、イスラム系食材が手に入りづらい日本に滞在するときですらハラールとされた物しか絶対に口にしない人や、禁忌とされる食品が入ってなければ大目に見るという人や、バスマラを唱えれば何でも食べてよいと考える人までおり、ハラールをどのように守るかはその人個人の信仰心や、その人の属する国家・社会の信仰に対する考え方次第といっても良い。

ギャンブルをするようなリベラルなイスラム教徒でも基本的に豚肉は食べないようだが、災害時など「他に食べるものがない時」は食べても良いとされ、スマトラ沖地震の際には豚肉を食べても良いとする伝達が為されたことがあるなど例外もある。

マレーシアでは国家がNPO団体などに「ハラール認証機関」というお墨付きを出しており、この認証を受けた機関が飲食店や食品メーカーに「ハラール認証」を下ろしている。
しかし、ムスリムの間でも「ハラール認証は利権であり宗教への冒涜行為」と考える者もおり、この「ハラール認証制度」はあくまでイスラムの一派閥、一定の地域の考え方であり、すべてのムスリムがこれを基準にしているわけではないことを頭に入れておいた方がいいだろう。

酒類について

類については、クルアーンでは飲酒は酩酊によって理性が覆われてしまうため益よりも害が大きいとして禁止・忌避すべき行為(ハラール)として言及されている。礼拝時には酩酊した状態で行ってはならないとも書かれており、製造や販売も禁止されている。しかし、酒の種類や酩酊の定義、飲酒の量について法学者の間でも議論があり、中東では飲酒は忌避すべきとしながらも実際には葡萄酒や麦酒などの様々な種類の酒が古くから愛好され飲まれ続けていた。

近現代ではイスラーム運動の結果、改めて酩酊を引き起こす酒類全般の禁止を唱える法学者たちや運動家の活動によって飲酒を忌む風潮が一般的となった。トルコやエジプト等の西欧をモデルとした政教分離型の国家は程度の差はあれ酒類は販売されているが、サウジアラビアやイランなどのイスラーム政権を標榜する国家は基本的に酒類の製造や販売、所持については厳しい罰則が設けられている。また、歴史的には特に飲酒を伴う宴会が社会的・政治的に重要であった中央アジアなどのテュルク・モンゴル系の遊牧民のあいだでは比較的飲酒に緩和的なハナフィー派法学が支持されていた。

コーヒーも現在のような煮出した液体を飲む習慣は15世紀前後のイエメンやエジプトで流行し中東全域に広まったものだが、当初はコーヒーの作用が酩酊にあたるかどうかでハラームとすべきか否かで議論があった。しかし、かなり早い段階で有力な法学者たちのあいだでハラームにあたらないという見解が大勢を占めたため、その後の流行の下地を作った。

参照

日本ムスリム協会

pixivに投稿された作品 pixivで「ハラール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3507

コメント