ピクシブ百科事典

火葬

かそう

火葬とは葬送の一つで遺体を焼却する方式である。
目次[非表示]

概要

日本における一般的な葬送の手法である。

遺体を焼却した後の(焼骨)の一部を骨壺に収骨し土中に埋葬する、という方式である。土葬と比べると土地面積の節約につながり、土壌汚染を最小限にできるメリットがある。また、墓地整理の時、昔土葬された遺骨を掘り出して改めて火葬する事もある。

日本では仏教の伝来とともに火葬の文化が広がったと考えられているが、大量の燃料が必要なため中世までは一部のや貴族などに限られ、ほとんどは土葬であった。又、仏教自体も元来、墓や遺骨に失着するものではないので火葬はそこまで主流にならなかった。
事実、小林よしのり先生が生まれた密教寺ではお墓が存在しなかった事からもそれが伺える。《1》
火葬が庶民にまで広がったのは、江戸時代の江戸や大坂などの大都市である。人口密度が過密で土葬するスペースがなくなったためである。また、家単位での墓が出来た事も火葬がより重要性を増してきていた。
地方の町や村では明治以降も土葬が一般的だったが、大きな町から徐々に火葬に置き換わっていき、現在では地方でも火葬以外の葬送を希望するケースは少なくなっている。
但し、明治時代初期には火葬を禁止したが、短命に終わった。

東京都など大都市圏では、戦前から条例で実質火葬一択としている。その他の市町村も現在では、内規等で規制しているところがほとんどとなっている。

近年でも東日本大震災など、災害で多数の死者が出た場合、土葬を一時的とはいえ余儀なくされた事もある。

しかし、故人の信仰していた宗教によっては火葬を禁忌と見なしている場合もあるので注意されたい。特にイスラム教は教義上の禁忌ゆえに土葬一択である(首都圏在住のムスリムたちは遺体を故国に持ち帰るか、墓地を山梨県等の遠隔地に求めざるを得ないが、トラブルも多いようである)。儒教キリスト教も本来なら火葬禁止とされていたが、スペース不足という現実には勝てず、現代ではクリスチャンも火葬されるのがほとんどである。

日本以外の多くの国々でも、従来まで土葬が基本だったところが同様の理由で、土葬から火葬へと変容している場合が多い。それでもやはり火葬への抵抗感が強いのが現状である。

但し、アメリカ豪州などの肥満体が多い国で肥満体はの関係上で土葬は難しい為、火葬になるものの、火葬場が火事になる事故が相次いでいる。

火葬での問題点

上記の通り、肥満体の人間を火葬すると脂肪が原因で火葬場が火事になる事が上げられる。
肥満体は土葬が不可能な為、火葬一択になるがそれでも火葬場が火事になって遺族が死亡する事例がアメリカなどで起きている。(後述する火葬場でも記述する。)
又、殺人事件でのDNA等の証拠が隠蔽される事、故人に対して経緯を持てなくなる等の問題点も多く、医学の進歩にも阻害してしまう恐れがある。
土葬程ではないが、墓の数も問題視されてしまう他、遺骨の処理(骨壺を家に置いたままになる等。)が厳しくなっているご時世、新たな埋葬方法が必要になってくると言えよう。
具体的に言えば遺体の冷凍保存(氷葬)や水葬などが挙げられる。

火葬場

かつては大きな煙突が象徴的であったが、現在では無煙方式のものが主になっている。その為に現在の多くの火葬場では煙突が存在しない。近年の火葬炉は高温で燃やすうえ排煙処理も行う(そのためほとんど遺骨の形が残らない)ので、近年はほとんど公害問題は発生しないが、心理的抵抗感から新設する場合は近隣住民と行政の間でいさかいが起きるケースもある。

アメリカ等の欧米の火葬場では肥満体を火葬させる為に日本のものより火が強力な場合が多い。これは脂肪を流出させない為に火を強くしているものの火事になる事も多く、葬儀の際に遺族が亡くなる事例も後を絶たない。
よって肥満体の場合は水葬が望ましいとされている。

pixivではキャラクターが燃えているイラストにつけられる事もあるが、
そもそも火葬というタグがついているイラストはあまり多くない。

関連イラスト

せめてもの


関連タグ

葬式 土葬 風葬 水葬 鳥葬 氷葬
 

pixivに投稿された作品 pixivで「火葬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146988

コメント