ピクシブ百科事典

儒教

じゅきょう

孔子の考え記したことを基とした教え・学問。信仰とも。
目次[非表示]

概要

孔子を始祖とし、孔子の考え記した道徳を基とした教え(学問)で、『儒学』とも呼ばれる。
信仰宗教ともされる。
儒教の経典は易・書・詩・礼・楽・春秋の六芸(六経)であるとされていた。
春秋時代には詩・書・春秋の三経に礼・楽の二経を加えた五経となった説がある。ただ原典には詩経 書経に関するものしか出てこない。

同じく諸子百家法家が唱えた法治主義=‘人’よりも‘法律’が勝る)に対して、
人治主義=‘法律’よりも‘人’…特に君主賢者の判断が勝る)を説いた。

思想

の時代の『礼』を理想としており、「仁」「義」「礼」「智」「信」の5つの『五常』を磨けば、「君臣の義」「父子の親」「夫婦の別」「長幼の序」「朋友の信」『五倫』を保つことが出来ると説かれ、この『五倫五常』が教義の基本となっている。

信仰宗教とされることもあるが、他の伝統宗教のようにといった存在は無く、創設者である孔子「鬼神語らず」として、生涯に渡り神も鬼も語らなかった。

また、死後の世界に対しても関心が無く、死んだらそれまでで来世などの概念は無い。
そのためや死後のことよりも「現世をどう生きるか」に集点がおかれ、「理想的な人間はこうあるべき」ということが教えられている。

そのため宗教としての要素が欠けており、「儒教は宗教ではない」とも言われ、日本において一つの学問として、「儒学」と呼ばれる所以となっている。

…なんて言っておきながら教義の根本に中国神話が置かれていて、重要な論説の節々に
「天(=天帝)が判断するだろう。(意訳)」とか「天の思し召しである。(意訳)」と、科学的に定義不可能な部分に言い訳のように持ってくる辺り、現代的な感覚からすれば「どこが学問じゃい!」と考える人は多いだろう。
挙句に黄帝神農といった神話の偉人や死んだ後の自分(=孔子)、著名な弟子たちまで 祖先崇拝と迎合するかたちで祀らせている のだからわけがわからないよ
儒教社会では、家長(=長男)が祖先崇拝の祭祀を司ることをステータスとし、かつこれを絶対視する。そして、祭祀が絶える(=「家」や「氏」が途絶える)ことを異常に忌避する。
そのため、現在でも支那朝鮮半島では、前述の´忠孝`が親孝行に関連する事と相まって、例え重要な仕事がたて込んでいても父母祖父母葬儀があれはすべてを投げ出して駆けつけなければならない。
(´忠孝`がノブリスオブリージュに結び付き武士道に発展した日本ではまた事情が違う。)

天人相関説など明らかに学問的に立証不可能な考えがベースに置かれている部分もあるため、「完全に宗教ではない」と言い切るのも微妙なところである。そもそも古代では「学問=宗教」だったのでその辺りを完全に区別するのは難しいところもあるのだが。

古代ローマ帝国にならぶ大帝国『』において実質的に国教に据えられたために一気に権威化したが、それ以前は現代的な視点からしても具体的な統治システムを採用していた法家、その代表格である韓非子から
「こンの懐古厨どもが!!(意訳)」
と罵倒されていた。
だってそうだもん…儒教がお手本にしようと説いて回っていた『』だの『』だのって、当時でも何百年も大昔の、それこそ邪馬台国と大差がない 村落連合体 のことだもん…リッチモンド以上に無茶あるって。

上下の関係、男女の関係等、差別的な思想があり、男尊女卑や近代近くまで女性に名を付けない習慣があった。

宗教的な側面として、天命(=大いなる宇宙意思?)であるとして、易姓革命(=‘徳’のある者が偽王を滅ぼして新しい王者となる)として革命による王権転覆を是認した。(革命無罪造反有利ect)
また、皇帝という存在が数ある国王の上位互換にして中華世界(ひいては全世界)唯一無二の存在であることを定義、擁護した為、歴代中華王朝で厚く用いられた。
また、あくまで人間の住む世界は漢民族の住む中華世界だけであるとして、それ以外の日本モンゴル朝鮮などの異民族の住む地域は化外の地とされ、差別された。
(=中華思想

宗教学・地政学としての視点

キリスト教ヨーロッパにおける地域統合を促進したように、
東アジアでは、儒教が仏教道教と複雑に作用することで同じ文明圏・文化圏が築かれる呼び水となった。
儒教の教義により成立した功罪が議論される中華思想も、見方を変えれば漢字あるいは中華圏という巨大な地域ネットワークの母体という側面を持っていて、
古代~中世にかけてモンゴル等の遊牧民満州人等の狩猟民賊の一部や、朝鮮等の属国東南アジアの一部は積極的にこれに迎合することで当時の『国際ネットワーク』に参入しようとした。(=柵封体制
聖徳太子によって第2回遣隋使の際に柵封体制からの『独立宣言』をした日本も無関係ではおられず、むしろ中華帝国という巨大なリヴァイアサンと上手く付き合いつつも何とか独自性を保持したいが故の「日出ずる処の天子ー」の書状であったのであろう。
(この点が、イギリス清教を生み出してバチカンや他のプロテスタントと距離を置きながらもヨーロッパひいては世界に影響を与えようとしたイギリスとの類似性である。)
かくして、近代においてキリスト教教義が突き詰められる形で興った帝国主義という侵略の嵐に対して、
東アジア世界はそれに何とか対を張れる‘中華帝国’と日本という巨大な、あるいはユニークな勢力を生み出すことに成功したのである。



余談

 繁文縟礼を筆頭に、官吏へどうでもいい虚学を詰め込むという中国の腐敗を助長する言い訳でもあった。つーか、古来から儒教が普及していた漢字圏(特に特定アジア)に全体においてそんな感じだった
だが、「の復権」「仁(普遍的な人間性)」というイデオロギーは、後ヨーロッパに伝播し、フランス革命の契機にもなった。

 言い出しっぺ葬式屋のドラ息子であるため、葬礼に関する体系も担当。東アジアの葬式のいろいろを作ったのは、だいたいこいつのせい。ただ、他のいろいろな儀礼に関しては、孔子が生きてた頃がBCなので、大学ないし、ネットワークなんてしょぼいし、フィールドワークなんてたいしたことがないし、さらに弟子がコスパそのほかの関係で簡素化しているので、参照すべき資料はどうしようもないものだったらしい。

 呪術的ななんぞから(白川静は、儒者あるいは孔子を外回り系の呪術師の子孫であるとする)発生したので、儒(雨乞い)の教えという。でもってこれは、後の思想家が儒教をある種DISるために言った呼称であるらしい(字違うけど某銀英伝での『金髪の孺子』とかみたいな)この孺子(こぞう)がアレしたように、孔子も「素王(冠が付けられない王)」となる。

前述のように、儒教の原則として支那の君主しか皇帝として認められなかったが、
これを逆手にとって、日本のように一方的に皇帝宣言をしてオンリーワン路線に持ち込んだり(=神皇正統記)、
朝鮮ベトナムのように中華に一番近いからという理由で№2宣言したりした場合も見られた(=小中華思想)。
ちなみに、近代のアジア情勢が拗れるまくっているのは
『俺も皇帝だ!』『ふざけんな!俺だけが皇帝だ!』
…ってなって何が何だか分からなくなったから。


要点

儒教に関して上記のように列記してきたが、功と罪の二つに分けて箇条書きすると以下のようになる。

功績

  • 紀元前からはじまる中華世界や東アジアの各国が『国家』を形作っていく過渡期に於いて、模範となる倫理道徳的規範を示した。
  • 上記に付随して儀礼様式の諸々も定義したことで、これらを元に東アジア各国の文化の振興に寄与した。

罪状

  • 美辞麗句を尽くしてしたものの、結局は懐古厨のオッサンのボヤキでしかなく、必ずしも『国家』をマトモに機能させる規範となり得なかった。

・前々項の人治主義云々が示すように、「‘君主’や‘賢者’がそう判断すれば」政策等のちゃぶ台返し朝令暮改お為ごかしを是認する内容であるために腐敗する時には一気に国が腐敗した。
・後代に弟子たちが示した儒教の究極定義は官尊民卑の是認」であった。
この事への究極の皮肉が、同じく儒教を国教としていたこちら(→江戸幕府)にあるため、参照されたし。

・詳しくはこちら(→水野忠邦倭寇
  • (同上略)であったため、ほとんど唯我独尊異民族蔑視が国家の政策レベルまで昇華・改悪され、様々な場面で悪影響を及ぼした。
・詳しくはこちら(→黒船来航征韓論
  • 葬式や祖先崇拝に関しては一家言あるくせに、何を気取ったのか死後の世界についての対処法については一切言及しなかったばかりに、エリート層が軒並みゲスい自称リアリスト化した。
  • あくまで漢民族のための俺TUEEE教本であった為、その他の民族・地域への救いがほぼ無し。
・このため、コンプレックスを強めた周辺諸国によって皇国史観小中華思想というとんでもない怪物が生まれることになる。


関連タグ

孔子 儒学 朱子学 陽明学
道教 中国神話
法家 韓非子

関連記事

親記事

孔子 こうし

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「儒教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 858

コメント