ピクシブ百科事典

儒教

じゅきょう

孔子の考え記したことを基とした教え・学問。信仰とも。
目次[非表示]

概要

孔子を始祖とし、孔子の考え記した道徳を基とした教え(学問)で、『儒学』とも呼ばれる。
信仰宗教ともされる。
儒教の経典は易・書・詩・礼・楽・春秋の六芸(六経)であるとされていた。
春秋時代には詩・書・春秋の三経に礼・楽の二経を加えた五経となった説がある。ただ原典には詩経 書経に関するものしか出てこない。

同じく諸子百家法家が唱えた法治主義=‘人’よりも‘法律’が勝る)に対して、人治主義=‘法律’よりも‘人’…特に君主賢者の判断が勝る)を説いた。

思想

の時代の『礼』を理想としており、「仁」「義」「礼」「智」「信」の5つの『五常』を磨けば、「君臣の義」「父子の親」「夫婦の別」「長幼の序」「朋友の信」『五倫』を保つことが出来ると説かれ、この『五倫五常』が教義の基本となっている。

信仰宗教とされることもあるが、他の伝統宗教のようにといった存在は無く、創設者である孔子「鬼神語らず」として、生涯に渡り神も鬼も語らなかった。

また、死後の世界に対しても関心が無く、死んだらそれまでで来世などの概念は無い。
そのためや死後のことよりも「現世をどう生きるか」に集点がおかれ、「理想的な人間はこうあるべき」ということが教えられている。

そのため宗教としての要素が欠けており、「儒教は宗教ではない」とも言われ、日本において一つの学問として、「儒学」と呼ばれる所以となっている。

…なんて言っておきながら教義の根本に中国神話が置かれていて、重要な論説の節々に
「天(=天帝)が判断するだろう。(意訳)」とか「天の思し召しである。(意訳)」と、科学的に定義不可能な部分に言い訳のように持ってくる辺り、現代的な感覚からすれば「どこが学問じゃい!」と実際に触れずに思う者はいるだろう。実際のところはどうやったら社会はよくできるか?と言う部分が核であり知を最も重視する。これが先祖や知者を重視する事にも繋がっている

儒教社会では、家長(=長男)が祖先崇拝の祭祀を司ることをステータスとし、かつこれを絶対視する。そして、祭祀が絶える(=「家」や「氏」が途絶える)ことを異常に忌避する。

天人相関説など明らかに学問的に立証不可能な考えがベースに置かれている部分もあるため、「完全に宗教ではない」と言い切るのも微妙なところである。そもそも古代では「学問=宗教」だったのでその辺りを完全に区別するのは難しいところもあるのだが。

古代ローマ帝国にならぶ大帝国『』において実質的に国教に据えられたために一気に権威化したが、それ以前は現代的な視点からしても具体的な統治システムを採用していた法家、その代表格である韓非子から罵倒されていた。

上下の関係、男女の関係等、差別的な思想があり、男尊女卑や近代近くまで女性に名を付けない習慣があった。(これに関しては儒教に限らず全ての学問や宗教に共通している事だが、近代までは人間とは男のみを意味している事が殆どであった)

また、皇帝という存在が数ある国王の上位互換にして中華世界(ひいては全世界)唯一無二の存在であることを定義、擁護した為、歴代中華王朝で厚く用いられた。
一方で天命であるとして、易姓革命(=「徳」のある者が偽王を滅ぼして新しい王者となる)として革命による王権転覆を是認した。
日本でも南蛮人などと言うがこれは中華思想の影響である。

宗教学・地政学としての視点

キリスト教ヨーロッパにおける地域統合を促進したように、東アジアでは、儒教が仏教道教と複雑に作用することで同じ文明圏・文化圏が築かれる呼び水となった。
中華思想も、見方を変えれば漢字あるいは中華圏という巨大な地域ネットワークの母体という側面を持っていて、古代~中世にかけてモンゴル等の遊牧民満州人等の狩猟民賊の一部や、朝鮮等の属国東南アジアの一部は積極的にこれに迎合することで当時の『国際ネットワーク』に参入しようとした。(=柵封体制
日本は臣下ではなかったが学問の分野では他に頼るところが無かったため影響が大きかった。とくに江戸時代以降から儒教の一学派である朱子学が重んじられ、神道と融合して国家神道になり明治へ続いていく。
なお武士道の思想が入っており、必ずしも儒教由来というわけでもない(ただこれもインドとは全く関係ない宗派である)。

の復権」「仁(普遍的な人間性)」というイデオロギーは、後ヨーロッパに伝播した。

儒教と悪影響

神や仏を出さずに世界を説明できるため仏教や道教よりまとまっており、中華圏では仏教を追いやっていく。しかし一見上手にまとまって自然現象を説明できてしまったがゆえに、イスラム・西洋由来の科学の受け入れが遅れてしまう。繁文縟礼を筆頭に、官吏へどうでもいい虚学を詰め込むという腐敗を助長する言い訳にもあった。

年長者・上司・父への崇拝など、ブラック企業や体育会系のリンチ等の原型ともいえる思想が含まれており、経営者に儒教や論語の信奉者が多いのも、むべなるかなというところである。

儒教は非常に根強く、文化大革命でも無くならず、その後統治に都合が良いので復活傾向にある。日本でも敗戦後は戦後民主主義ブームで批判されたのだが、その後の逆コースでどんどん復活し、今でも残っている。

和辻哲郎はこういっている。
家康が儒教によって文教政策を立てようとしたことには、一つの見識が認められるでもあろう。しかしヨーロッパでシェークスピアやベーコンがその「近代的」な仕事を仕上げているちょうどその時期に、わざわざシナの古代の理想へ帰って行くという試みは、何と言っても時代錯誤のそしりをまぬかれないであろう。家康自身はかならずしも時代に逆行するつもりはなかったかもしれないが、彼の用いた羅山は明らかに保守的反動的な偏向によって日本人の自由な思索活動を妨げたのである。それが鎖国政策と時を同じくして起こったのであるから、日本人の思索活動にとっては、不幸は倍になったと言ってよかろう。」

関連タグ

孔子 儒学 朱子学 陽明学
道教 中国神話
法家 韓非子

関連記事

親記事

孔子 こうし

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「儒教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1042

コメント