ピクシブ百科事典

皇帝

えんぺらーきんぐおぶきんぐす

君主の称号の一つ。漢語・漢字としては主に中国王朝で用いられていた。訳語としては西洋の「エンペラー」、「キング・オブ・キングス」等に当てられる。
目次[非表示]

概要

「皇帝」は君主称号の一つで、西洋における君主号「エンペラー」(emperor)や「キング・オブ・キングス」(king of kings)の訳語としても用いられている。
皇帝の同義語は帝王帝爵など。皇帝の政治体制は皇帝制、帝制、帝政などという。

各国語の「皇帝」


アダルトゲームに声をあてている男性声優については→皇帝(声優)

漢字文化圏の「皇帝」

始皇帝の自称にはじまる。

以後、中国王朝の最高の君主号として、の第12代宣統帝1912年辛亥革命に伴い退位(但し1921年までは紫禁城内で皇帝として振る舞う)するまで継続した。
以後も袁世凱らが皇帝たるを宣言したことがあるが、中国では実質的な王朝とはみなされていない。

名称の由来は中国神話三皇五帝(さんこう・ごてい)の天帝の称号「皇」と世界の支配者「」を始皇帝が合体させたもの(始皇帝に即位する前は秦のだった)。
しかも始皇帝は三皇五帝()よりも尊い存在だと公言した。法治国家の秦であったが、皇帝本人だけは唯一法に束縛されず好きなように行動することが許されるとみなされていた。

秦が短期間で滅亡し、代わった以降は「君主すら守るべき道がある」等とする儒教の勢力拡大で、むしろ皇帝の行動は厳しく儒教経典や慣習によって縛られることになった。
とはいえ皇帝の命令(勅命)は絶対で、これに逆らう者はそれだけで死刑に値した(違勅の輩)。
法律もまた皇帝の意向で自由に改変できた。実務を担当する高級官僚たちは皇帝の一存で庶民や奴隷から出世させることも、また一存でクビにするのも自由である。だが一方で皇帝である自分の権威は絶対であるため皇帝自身であっても基本的に撤回できないとされ、近代の独裁者のようにその時の気分や思いつきで命令を下した例は少ないとされる。これを一度吹き出た汗を引っ込められないことに例えて「綸言汗の如し」と言うが、酒乱の気があった孫権が宴席で下した命令は無効とする取り決めを予めしていた例もある。また、王朝が動揺・衰退期に入ると皇帝の実権は衰え、有力な臣下から廃立されることや禅譲に追い込まれることも多くある。
さらに皇帝は王朝で成立した天子概念をも引き継いでいる。天子とは天の最高神である天帝の代理人であり、地上の全てを支配する正統性を持った存在を指す。
このような経緯から世界の民は全て皇帝の臣下であり、諸国のもまた皇帝の臣下であるという観念が漢民族に流布した。これが中華思想である。

皇帝が全世界の支配者である以上、万国は臣下として挨拶をしに来なければならず(朝貢という)、対等の外交などあり得ないとするわけだ。
当然、力を伴わなければこのような姿勢は他国から認められない。歴代のなかでも軍事的には弱小だった王朝の場合、異民族の契丹)・王朝と交戦し敗北した後には「兄弟」・「叔姪」の関係として実質的には対等(あるいは下)の関係を受け入れることになった(そして最終的にはモンゴル系のに征服される)。

しかし、王朝がモンゴルの皇帝らを北に追って以降は再度中華思想が復活し、が滅亡するまでこの態度が変わる事はなかった(ただし、ロシアとの対等条約締結や欧米諸国や日本からの外交官の立礼を許すなど、末期にはすでに綻びが明らかにはなっていた)。

易姓革命

皇帝が上記のような絶対最高の地位であるということから、逆に全ての中心である皇帝の治世で起こったこと(天災地変、飢饉、悪政など)は全て皇帝の責任であるともされる。

それなら皇帝に責任を取らせて退ければいいじゃない
ということで、王朝交代の名目とされることも多い。中国の皇帝はそれぞれの姓を持つため、王朝が交代した場合は皇帝の姓が変わることになることから「易姓(=姓を変える)革命(=天の命令を改める)」と言われる。

訳語としての「皇帝」

漢字文化圏以外の君主号に対する訳語として「皇帝」を用いることが多いが、そもそもの概念の成立経緯が違う為に実態には大きな違いがある。元は東洋同様の区別をした結果、王国と帝国で外交対応に格差があることが判明し、どこぞの王国が激怒したのが理由ともされている。

加えて、1910年日韓併合が行われた際、韓国皇族への身分保障として彼らに「王公族」の称号が与えられたことも影響している。この際、旧韓国皇帝に「王」、皇太子に「王世子」、その他の皇族に「公」と名を与えたため、いっそう海外王族との区別が不明瞭になった。彼ら王公族はあくまで日本の高位貴族の一種と見做されたため、独立していた海外君主を猶更「皇帝」として扱わざるを得なくなったのである。1973年頃の官報まではこの制度が残存していた。

現代では「emperor」号は、一神教の神(唯一神)の称号として使われたり、イスラム圏の「スルタン」や日本の「天皇」の訳語として使われたりしている。(スルタンは「sultan」、天皇は「tenno」と、音声をそのままローマ字で表記して訳すこともある。)
一神教では、「唯一の神」が世界で「唯一の皇帝」である、ということになっている。ただし、唯一神やスルタンを「emperor」と訳さない・認めない場合、”過去にイラン帝国とエチオピア帝国が消滅したので「emperor」号を有するのは日本のみとなった”、などと言われることもある。

一般的に「皇帝」と訳される称号

  • ローマ皇帝
    • ヨーロッパ諸国における「皇帝」の語源かつルーツ。おおむね、古今東西の皇帝と似通った語義や歴史的性質を持っている。
    • しかしその反面、ローマ皇帝は複数の役職の統合体である。厳密にはローマの「皇帝」の意味は、ヨーロッパ諸国の「皇帝」と必ずしも一致しないし、漢字文化圏の「皇帝」とは大きく異なる。詳しくは該当記事を参照。



  • キング
    • ヨーロッパ諸国の称号。「王」「君主」「国王」「帝王」などの漢字に訳されることが多いが、「皇帝」と訳されることもある。
    • とりわけ、頭文字の“k”を大文字の“K”にした「ザ・キング」(“the King”)は特別なニュアンスが込められており、その訳語は「唯一神」「王の中の王」「皇帝」など。「王 - Wikipedia」も参照。

  • キング・オブ・キングス
    • ヨーロッパ諸国とアメリカの称号。「王の中の王」「唯一神」「皇帝」と訳されることが多い。「ザ・キング」(“the King”)とほぼ同様の意味。
    • ただし厳密には、「キング・オブ・キングス」の語源は複数あると言語学で考えられており、例えばイスラム圏の「シャー・ハン・シャー」(王の中の王)が挙げられている。


  • スルタン
    • 同じくイスラム圏の君主称号であるが、国力や政体、時代により訳語にばらつきがある。一般に、かつてのトルコオスマン帝国)のスルタンは「皇帝」と訳されるが、現在単独のスルタンが君臨するブルネイなどでは「国王」、複数のスルタンから互選で国王が選ばれるマレーシアでは「首長」と訳される。イスラム帝国主義新オスマン帝国主義に関連する文脈では、「皇帝」と訳される。訳語を用いずそのまま「スルタン」と表記する場合もある。


皇帝タグのつく人物・キャラクター

現代では一般的に、「皇帝」を指すカイザー(kaiser)という語には「独裁者」という意味が含まれており、スルタンも「皇帝」と同時に「暴君」「絶対君主」などの意味を持っている。また「インペリアル」(imperial)という形容詞は、「帝国の」「皇帝の」といった意味と、「植民地[属国]支配の」「傲慢な」「尊大な」といった意味を併せ持っている。
近代以降は架空の「皇帝」であっても、「武力で国を統一した者」または、圧政を布く暴君として描かれることがある。皇帝を悪として扱う傾向はSFで特に強いが、君主国である日本やイギリスなどでは名君としての皇帝を描く試みもある(星界シリーズなど)。

伝承・宗教での「皇帝」

「光あれ」


  • 唯一神
    • 一神教では、唯一の神が世界で唯一の皇帝であると信じられている。(英語では「唯一神」は"one God", "sole God"などで、「唯一の皇帝」は"one Emperor", "sole Emperor"など。) ほとんどはユダヤ教キリスト教イスラム教がその例。同義語は「唯一皇帝」、「真の皇帝」(true Emperor)、「全人類の皇帝」(Emperor of all mankind)、「王の中の王」(king of kings; lord of lords)」など。
    • 「諸王の王」、「王中の王」、「王の王」、「キング・オブ・キングス」、「ロード・オブ・ローズ」という表記もされる。
    • 原則的に、一神教は唯一神以外の皇帝(emperor)を認めず、認める場合でも、唯一神を人間の皇帝より上位の皇帝として位置づけている。

歴史学・現代社会での皇帝

中国

  • 始皇帝
    • 紀元前221年に現在の中国主要部(中原)を統一し中国史上はじめて皇帝を称した人物。


  • 袁術
    • 孫策から「伝国の玉璽」を貰ったことから献帝からの禅譲を受けずに僭称するも、部下の裏切りに遭い憤死。一族はに引き取られる。


  • 宇文化及
    • 煬帝絞殺禁軍を掌握するも長安入城を拒まれ、やむなく魏に王朝を樹立するも他勢力に滅ぼされる。

  • 安禄山
    • 玄宗代に於いて政争に敗れ挙兵した節度使。洛陽に建国するも病で錯乱して息子たちに暗殺される。

  • 李自成
    • 末に河南の反乱軍を掌握し紫禁城を陥落。崇禎帝を自殺に追い込み皇帝を称するも、餃子の喰い過ぎで運気を失くして軍に追い出され、落ち武者狩りに遭ったとも落ち延びてになったともいわれる。
 
  • 袁世凱
    • 中華民国の北洋軍閥の総帥。晩年に「中華帝国皇帝」を名乗ったが、他の軍閥が袁の支配に反発したため即位を取り消し、ほどなく病没した。皇帝即位の正当性を除けば中国史上最後の皇帝となる。


日本

  • 天皇
    • 象徴君主または立憲君主。英文では「Emperor of Japan」や「tenno」の他に「emperor」とも表記される。唯一神やイスラム圏のスルタンを「皇帝」(emperor)と訳さない場合、天皇が世界で唯一の皇帝だとも言われる。
    • なお、戦前は「天皇」という称号以外に「日本国皇帝」と称したこともあり、一部の詔書等に記録が残っている。八紘一宇や天皇総帝論においては、「総帝」「絶対至尊」「唯一天皇」「唯一神」などの呼称もされている(参考リンク)。




ヨーロッパ





など。

他諸国


  • ジョシュア・ノートン
    • アメリカ帝国…ならぬアメリカ合衆国の歴史上唯一「皇帝」を称する。

架空の皇帝

アニメ・漫画・小説

ラインハルト


田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」の登場人物で銀河帝国側の主人公。旧姓ミューゼル。軍功を重ねてゴールデンバウム王朝で元帥となり、門閥貴族連合を一掃し、フェザーンを制圧し、自由惑星同盟を無力化して、自ら帝冠を頭上に頂き、宇宙暦799年、新銀河帝国皇帝となりローエングラム王朝を開いた。

RESURRECTION


コードギアスの主人公で、紆余曲折を経て神聖ブリタニア帝国99代皇帝となる。
即位時のフルネームは「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア」。

コードギアス TURN20


コードギアスの登場人物で神聖ブリタニア帝国皇帝。
主人公ルル-シュの実父で、彼がルルーシュとナナリーを棄てたことから物語は始まる。

皇帝陛下


銀河戦士バルロイの登場人物……もとい、宇宙戦士バルディオスの登場人物。S-1星皇帝。放射能に汚染されたS-1星の現状を憂いたガットラーのクーデターによって、アフロディアに射殺されてしまうというチョイ役だったのだが、ふたば☆ちゃんねるの二次裏板(虹裏)に「お前達、もう寝なさい」の台詞と共に掲載され、「誰このジジイ」というレスが付き一気に知名度が上昇。以後、「陛下」として親しまれている。

ゲーム

FF2の皇帝


FF2に登場するボスキャラクターで、世界征服を企むパラメキア帝国の支配者。GBA版以降のリメイクで追加されたシナリオ「Soul of Re·birth」では、「善の皇帝」と呼ばれる隠しボスが登場する。

  • バレンヌ皇帝

トーレンスの彼方に


ロマンシングサガ2のバレンヌ帝国の君主で、七英雄を倒して太平の世を築くべく世界各地を駆け巡る。プレイヤーキャラでもあり作中期間が幾世代にもまたがるので、複数が該当する。(画像は最終皇帝

【ドット絵】暗黒皇帝ガナサダイ


ドラゴンクエストⅨに登場した敵キャラクターで魔帝国ガナンの皇帝。なお、ドラクエシリーズで皇帝が登場したのはこれが初。

陛下と黒騎士


フリーの戦略SLG「LostTechnology」に登場するキャラクター。プレイヤー勢力の一つ、独裁軍事国家「ライナルト帝国」の皇帝。

  • 皇帝

God-Emperor


イギリスのミニチュアゲーム「WARHAMMER40K」のキャラクター。
<人類の皇帝>(Emperor of mankind)とも呼ばれる。銀河全域に範図を広げる人類の<帝国(インペリウム)>の支配者。その出自や本名など謎多き人物であるが、神のごとき全能の力とカリスマによって戦乱と荒廃の中にあった地球を統一し<帝国>を創始、分断されていたかつての人類の領土を回復し人類の黄金時代を築いた。

現在は帝国を二分する内乱<ホルスの大逆>で受けた傷によって重体となり、太古の生命維持装置に繋がれ辛うじて命を保っている。生ける屍となりながらも、その精神は未だ生き続け銀河と<帝国>を見守っているという。

強大な戦士でもあり、スペースマリーングレイナイトカストーディアンガードなど、皇帝の遺伝子を元に産み出された超人兵士は数多い。(ただしスペースマリーンのみ、皇帝から直接ではなく、その遺伝種子から生まれた総主長たちの遺伝種子を用い創造されている。)

特撮・映画

陛下


烈車戦隊トッキュウジャー」に登場する敵キャラでシャドーラインの支配者。闇の烈車クライナーを使って自らの勢力圏となる闇の駅を増やし、最終的に降臨させようとしている。

黒岩省吾!!


超光戦士シャンゼリオン」に登場するライバルキャラでその正体はダークザイド幹部・暗黒騎士ガウザー。終盤で東京を独立させて『東京国』の皇帝となったが…。

あっひゃっひゃっひゃ


映画「STARWARS」に登場するキャラクターでまたの名をダース・シディアス。太古の時代に滅び去ったとされていた悪の宗教シスの精神を受け継ぐシスの暗黒卿であり、プリクエル・トリロジーオリジナル・トリロジーにおける黒幕でシークエル・トリロジーでは最終章に登場した。

他ジャンル


通称で「皇帝」と呼ばれる人物・キャラクター

一般関連



  • エメリヤーエンコ・ヒョードル
    • ロシアの元総合格闘家でPRIDE王者時代から2010年に敗れるまで10年間無敗という記録を作り、メディアからも「総合格闘技界最強」と評価され「氷の皇帝」と呼ばれる。

  • シンボリルドルフ
    • 日本競馬史上初の無敗の三冠馬、かつG1七冠馬、生涯成績16戦13勝。語源(神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ1世から)と圧倒的な強さから「皇帝」とあだ名される。

創作関連





ほか、該当する人物、キャラクターがいれば加筆をお願いします。

関連イラスト

東洋

皇帝
The Ming emperor of China(2)



西洋

Fulgrim The Phoenician
emperor



関連タグ

帝国 歴史 日本史 世界史
皇太子 上皇 
女帝 皇后 皇太后
皇帝ペンギン コウテイペンギン
エンペラー タロットカード 大アルカナ 

イナズマイレブン 3皇帝

関連記事

親記事

君主 くんしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「皇帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3730823

コメント