ピクシブ百科事典

ムガル帝国

むがるていこく

かつてインド亜大陸の大部分を統治していたイスラム朝の国家。

概要

1526年から北インドを、その後17世紀の末から1858年頃までインド南端部を除くインド亜大陸の大部分を支配し、統治していたトルコ系イスラーム王朝による国家で、『ムガル朝』とも呼ばれている。首都デリーアーグラなど。

現在インドを象徴する歴史建造物となっているタージ・マハルは、実はイスラム教の建造物であり、ムガル帝国第5代皇帝のシャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃であるムムターズ・マハルのために建設した墓廟で、造詣もインド・イスラーム文化の代表的建築となっている。

しかし、18世紀初めには地方の長の離反や、各地で小国の独立が続いたために帝国の衰退が避けられなくなった。加えてイギリスの侵略に耐える事が出来なくなり、19世紀にはデリーとその周辺のごくわずかな領土を残すまでに凋落していった。

1857年に起きた第一次インド独立戦争後に、イギリスは最後の皇帝、バハードゥル・シャー2世をビルマへと追放し、イギリス領インド帝国が発足する事となる。インドの人々は独立を再び勝ち取る1947年まで様々な苦労を強いられることとなった。しかし、後に再び強国となったインドとは対照的に、今度はイギリスが領土を失い完全に衰退し、本国も分裂の危機にある状態となった。慢心の果てにムガル帝国と同じ道を歩むこととなったのは何とも皮肉な事である。

関連タグ

インド インド亜大陸
イスラム教 帝国
タージ・マハル

pixivに投稿された作品 pixivで「ムガル帝国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1568

コメント