ピクシブ百科事典

概要

インド北部のアーグラ市にある墓廟。伝説的な美しさを誇る建築物としても有名。
ムガル帝国5代目皇帝のシャー・ジャハーンが1631年に亡くなった妻のために建立。しかし、息子のアウラングゼーブが親族同士の骨肉の争いの果てに王位の座に就くと同時に、死ぬほど憎んでいたシャー・ジャハーンをアーグラ城塞(こちらも世界遺産)に幽閉した。
その後、シャー・ジャハーンは牢の窓格子から毎日、 タージ・マハルを眺めていたそうである。死後、妻の隣に葬られたが、その棺の大きさは夫婦で異なっていた。これは対称性を尊重するイスラム教の概念では異常な事であり、アウラングゼーブの憎しみが非常に大きかったと言われている。
しかし、因果応報を受けるように彼の息子らも、王位継承をめぐり激しい闘争を繰り広げる事となり、帝国の衰退が始まるきっかけともなった。
1983年に世界遺産に登録

関連タグ

ムガル帝国 インド

pixivに投稿された作品 pixivで「タージ・マハル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19665

コメント