2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

悲しい時には空を見る 遥か無限の新世界 遠い宇宙の果てを見る だけど 僕らの故郷は地球

概要

基礎データ

太陽からの距離1億4960万km
直径12756km
表面積5億1000万km²
質量59垓7260京t
重力1.00(地球を1とする)
公転周期365.24日
自転周期0.9973日
表面温度最低−89℃、平均15℃、最高55℃
分類岩石惑星(地球型)
衛星の数1

地球とは、太陽系の第3惑星。太陽系で唯一生命体が生息しており、そこには人類をはじめとする各種生物が住んでいる。

地球の自転周期が「一日」、公転周期が「一年」となっている。
という1つの衛星を持つ。

内部構造

主に岩石や金属で構成された地球型惑星であり、外側から順に地殻マントルがある。

大気窒素酸素で構成されており、地球上には水素酸素の化合物である液体のが(大部分はに)存在する。

地殻の化学組成の主体は二酸化ケイ素と酸化アルミニウムで(両者で4分の3を占めると推定される)、その他に酸化カルシウム、酸化鉄、酸化マグネシウムなどを多く含む。マントル以下の層は主に酸素とケイ素とニッケルからなるが、水素もかなり含んでおり、地球ができたときその奥深くに取り込まれた水素は、地上の(水という形で存在する)水素より遥かに多いことがわかってきた。現在でも海洋プレートの移動に伴いマントル内に水が大量に取り込まれているが、噴火に伴い火山ガスとして放出されるため、地上に存在する水の量は大きく変わらない。

表記揺れ・別表記

Earth / アース ちきゅう

関連タグ

太陽 惑星 テラ 宇宙
地球儀 地球人 地学 地理
大気 大気圏 / 大気圏突入 成層圏
南半球 北半球 南極 北極
地球侵略 地球温暖化 地球滅亡 地球終了のお知らせ

地球は青かったガガーリンの言葉。

関連作品など

地球へ… / 地球へ
ぼくの地球を守って / ぼく地球
地球大進化

外部リンク

地球 - Wikipedia

関連記事

親記事

太陽系 たいようけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7784883

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました