ピクシブ百科事典

地球大進化

ちきゅうだいしんか

地球大進化~46億年・人類への旅~は、2004年4月から10月にかけてNHKスペシャル枠で放送されたドキュメンタリー番組。全6回。 また、同番組を基にした格ゲーエンジン「mugen」のキャラ。
目次[非表示]

番組としての地球大進化


概要

地球誕生から人類の誕生までを扱っている。
放送と時期をあわせて同題の図書が出版されており、取材の様子や番組の内容のより細かい説明が掲載されている。
地球を「母なる星」と呼び習わし、極寒の宇宙の中で生命を優しく育んだ希有な惑星とする従来の視点を一転させ、 灼熱地獄から極寒の世界まで環境を激変させつつ生命に試練を与えた厳しい存在、「荒ぶる父」として描く。
その中で生命は試練に立ち向かい、進化してきたと説く。
地球の進化史、或いは生命の進化史として独立した事象ではなく、地球の環境の変化が生命の進化にどのように影響を与えたか、 反対に生命が地球環境にどのように影響を及ぼしたか、相互の関連も取り混ぜて構成している。
太古の生命について、既に滅んだ過去の物としてではなく現在の生物の「御先祖様」と呼び習わすのも、従来の生命進化を取り上げた番組とは異なる視点である。
現在生きている私たちは、厳しい試練をくぐり抜けてきた御先祖様から尊い命を賜ったのだとする暗喩も含まれている。

通常のNHKスペシャルでは視聴者を「私達」「我々」と呼ぶことが多いが、このシリーズでは主に視聴者を「あなた」と呼ぶ。
そして「あなた」へと至る46億年の旅とは、小さな原始の微生物から始まり数々の大変動を繰り返してきた地球を舞台とした、 気の遠くなるような長い時間をかけた命のリレーであり、そのリレーの果てに「あなた」が生きている、と締めくくり、シリーズを通して人類一人ひとりの命の大切さを訴えている。
出演(ナビゲーター)は山崎努

mugenキャラとしての地球大進化


概要

ニコニコでは著名な人類滅亡シリーズの元ネタとして作成された。
下記のプロフィールを見れば分かるが、地球の意思そのものらしい。

プロフィール


本名:太陽系第3惑星 地球
二つ名:「荒ぶる父」、「局長」、「最強の岩石型惑星」等
格闘(?)スタイル:環境変動
職業:MHK(NHKだとなんか誤解が生まれそうなのでとりあえず仮称)局長
誕生日:勝手に決めていいよ
年齢:46億歳のナイスミドル
出身地:おとめ座超銀河団 局部銀河群 天の川銀河 太陽系
身長(直径):12,756.28km
体重:5.9736 ×10^24kg
血液型:あると思うか?
スリーサイズ:究極のキュッボーンキュッ!
口癖:まいったな
趣味:生物いじり、盆踊り(盆回しを盆踊りと勘違い)
大切なもの:自分
好きな食べ物:油っこいもの(特に天ぷら)
嫌いな食べ物:酢豚、アイスの実(前に自分がこれらに例えられたことがあるため)
嫌いなもの:自分を"物理的に"大切にしないヤツ
得意スポーツ:球技全般(特に・・・)
夢:自分と同じような星を見つけること
アイタイプ:台風
CV:山崎努
まごうことなき地球本人です。地球の皮を被った何かではありません。

人物(?)像


作成者の動画では若干高田純次じみた傍若無人でいい加減な言動で周りを振り回す一方で、決めるところはかっこよく決めてみせるキャラとなっている。
特に動画第一作目では参戦理由が演出で自身を破壊するキャラ(特にデススターに対しては第二作目にてクソ星とまで呼んでいる)への仕返しと完全に個人事情だったり、一撃必殺の「惑星投げ」に対し突っ込まれた際に「惑星を投げて何が悪い」と完全に開き直っていた辺り、悪い意味で清々しい。

性能


キャラ独特の特殊能力として、飛び道具の威力を減らす大気圏、必殺、超必殺技を出すと目盛りが動いていき、12月になると一撃必殺技「惑星投げ」を出せるようになる進化カレンダーを装備。
主な技は相手から離れると威力が低下する主力の飛び道具サイクロン、比較的広範囲に火柱が上がるヒートなど、名前にガイアメモリネタが多々使われている。
また一定確率で相手を凍らせ動きを封じる『全球凍結』や、逆に地面から火柱が噴出され、ニュートラル状態以外では相手のHPを徐々に削る『大量絶滅』などフィールド全域に影響を与え、特別な技が使用可能になる「環境変動技」を複数持つ。
戦法としては相手から距離を取って、弾幕と設置で立ち回るのが基本。

関連記事

親記事

NHKスペシャル えぬえいちけいすぺしゃる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「地球大進化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3888

コメント