ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

テレビ

てれび

テレビ(電視・電画)とは、テレビジョンの略。放送局から映像を放送するサービス(テレビ放送)、およびテレビ放送を受信する機械(テレビ受像機)である。
目次 [非表示]

概要編集

日本語の「テレビ」は、英語由来の「テレビジョン(television、遠隔で(tele)映像(vision)を送り込むもの)」の略称。

漢字表記は電画電視機など。


事前にスタジオなどで収録した、または生(なま)の映像音声を、放送局から無線電波もしくは有線通信で発信して、それを受信した側が視聴する。

受像機は、かつては4:3のブラウン管が主流だったが、地上デジタル化後は16:9の液晶有機ELタイプが主流。(1980年代末から2014年までプラズマディスプレイのテレビもあった。)


言葉としては、動画を電波を使って不特定多数のために放送する仕組みである「テレビジョン放送」の略として使われることがある。放送形態もアナログ放送からデジタル放送に移行した。


ちなみに我々が日頃使うテレビは誰が発明したかとは一概に言えないシロモノである。言うならばブラウン管は電極菅・液晶はディスプレイ(そもそもパソコンのディスプレイモニターをテレビと言わないあたりでおわかりだろう)で、スピーカーはオーディオ、電波受信はチューナー(無線機)と複数の機器の集合体といえるからである。


日本のテレビ放送の歴史編集

大正時代よりテレビ放送の研究が進められており、高柳健次郎が「無線遠視法」を提唱したのは1923年(大正12年)のことである。

1939年(昭和14年)には有線による実験に成功。1940年(昭和15年)にはテレビ放送が本格的に行われる予定で、同年4月にテレビドラマ『夕餉前』が試験的に放送された。しかし有事により各国でテレビ放送が中止、日本も同様であった。当時のテレビはブラウン管の偏向角が小さく奥行方向の長さがとられるので当時の電蓄、ラジオ一体型の筐体(イラスト)を用い、縦方向にブラウン管を設置し上蓋には鏡を設け反射した映像を見ることになった。

落書き24(屋内線画)


戦後、1953年(昭和28年)2月1日に、NHKがテレビ放送を開始。このころの番組は大相撲プロレスプロ野球などのスポーツ中継や記録映画などが放送されていた。また、テレビが一般に普及していなかったため、街頭テレビや飲食店のテレビなどで視聴されていた。


1958年(昭和33年)には東京タワーから放送が開始され、1959年(昭和34年)の皇太子明仁親王のご成婚を期に一般に普及し始める。

1960年(昭和35年)9月10日に、カラー本放送開始。


2006年(平成18年)4月1日地上デジタル放送と「ワンセグ」が放送を開始。

2011年(平成24年)3月31日地上アナログ放送が約60年の歴史に幕を閉じた。

2018年(平成30年)12月1日 4K 8K放送開始。 ただし今までのパラボラアンテナブースター、同軸ケーブルでは受信可能局が限られ、もちろん対応のTVが必要のため放送局の期待ほど普及していない。

 

テレビ放送の近況編集

かつては「娯楽の王様」と言われる程影響力が強く、起きている間ずっとテレビを点けているような人も少なくなかった。しかし近年はインターネットなどメディアの多様化によりテレビは王座から転落。10代〜20代を中心にテレビ離れの傾向が強まっており、テレビが家にあっても見ない人、そもそもテレビ受像機を持っていない人も増えている。

取材などで街頭にカメラが出ると遠巻きにVサインを出している野次馬に取材しようとマイクを向けると逃げ出すのが普通だった。が、個人でビデオ撮影を手軽に楽しめるようになりENG(Electronic News Gathering)取材の受け答えも容易になっている。

ぶいろこ 5枚まとめ特別な気分♡


なお世界的には、既にケーブルテレビ衛星放送による多チャンネル放送が主流であり、日本のように地上波放送だけを見る視聴者が大半を占める国は少ない(アメリカ合衆国では地上波テレビを見るのは主に貧困層であり、中流層以上はケーブルテレビや衛星放送を主に視聴する)。

しかし日本では日本放送協会に高額な衛星契約料を取られるため衛星放送がなかなか普及していない。逆に地上波ではNHKに対して、放送法において全国に「あまねく放送」を届ける義務が課せられているため谷あいなどの集落にも共同アンテナ(受像ができるポイントにアンテナを立てて集落にはケーブルで電波を届ける。)やNHK G/Eだけの中継局で実現。中継ができない離島(小笠原など)は通信衛星やBSの空きチャンネル(傍受を防ぐためNHKを含めスクランブル化を実施)を使って放送を届けていた(現在地デジは、光ケーブルで送られ、各戸ではCATVでの受像)。


通信回線の発達でインターネットテレビも登場し、動画配信サービスとの境界はますます曖昧になっている。後述する ドン・キホーテの情熱価格、ORIONのSMART TV -Tunerless- が該当する。

チューナーがないものはテレビではないともいえるがメーカーではテレビと言っている。


日本のテレビメーカー・ブランド編集

テレビ受像機はかつては日本のお家芸だったが、事業縮小・撤退・経営破綻が相次ぎ、今では世界的な存在感は全くなくなった。日本国内市場も海外メーカーに席巻され、パナソニックですら多くの機種を中国企業のOEMに頼っている有様である。


中国、台湾、韓国勢など、現在の世界的に主流のメーカー・ブランドは液晶テレビへ。


ここではブラウン管時代の日本のメーカー・ブランドを主に扱い、現在は海外企業の傘下になっているもの、撤退、存在しないメーカーも含む。OEM主体で自社生産していない企業も掲載。


昭和編集

愛称を太字表示に

東芝王座 ファミリービジョンパブリック(白黒) 名門(カラー) 回路:ユニカラー ブラウン管:ブラックストライプ

日立シルビア スザンナ フローラ(白黒) なおフローラの愛称はWindowsPCでもう一度目にすることに。ブラウン管:キドカラー(希土類使用で赤に強いとされた) トランジスタ化 ポンパ(ブラウン管のヒーターは稼働時の1/2で温め、(スイッチポンでパッと映る 瞬間受像をアピール オイルショック後はそれを切るスイッチが登場)

三菱(白黒) 高雄(カラー) ブラウン管:ダイアトロン 押釦選局:たっち・おん・ぱ。(押釦選局はシャープが早く製品化したが耐久性に問題があったのか続くことなくターレット式に戻った)

ごく初期のカラーは3ブラウン管方式のトリネスコープを出した。筐体のわりに画面が小さい6インチであった。B/G/Rの各色で光らせたブラウン管を特殊なミラーで色合成した。大画面用でブラウン管をより高輝度にしたプロジェクションTVはスクリーン上で合成(各社から、なお無理しているので、静止画(ゲームなど)には使わない旨注意がなされた。蛍光面が焼けてしまう。)

大型表示パネル:オーロラビジョンソニーとは違いRGB単色の3ブラウン管を1ドットとし、数十万ものドットを同時コントロールすることで日中野外のカラー表示を行った。米国には一足早くダイアモンドビジョンという名で野球場に設置し、まもなく後楽園球場にも設置された。現在はLEDによる表示で各種の競技施設やビル壁面のモニターを手掛けている。

ナショナル嵯峨(白黒) 回路(人工頭脳)ターレットチューナーで回すごとに外側のファインチューニングをすることを極力少なくしたAFC回路(真空管) パナカラー ブラウン管 クイントリックス(ブラックストライプと同じイメージ) カラーは初期ファインチューニングノブを持つとブラウン管に緑の幕が表示されそれが一番細くなったことでファインチューニングされたとなった。(他社は6R-E15などの蛍光表示管(マジックアイ)でファインチューニング表示とした) レンジャートランザム 5インチの白黒テレビで持ち出し用、個人用として。

SONYのマイクロテレビは専用鉛蓄電池であったところICで置き換えられ消費電力低減化成功し

市販の高性能(黒)マンガン電池8本12Vで利用できるようになりAC,乾電池,カーバッテリーの3Way電源)としたが、電池では運用時間はやはり短かった。トランザムは後にラジオカセット付きTVの愛称に移行した。

コンソールタイプ後期のカラーテレビ トランザムの例(ラジオ付き)

画面の中のニャミリエさんがしばし見られなく成ると聞いて

大型表示パネル:アストロビジョン

三洋:日本(白黒) 薔薇(赤に強いイメージより、カラー) サンカラー ブラックシャーシ ズバコン(ワイヤレスリモコン 超音波使用でガラスが擦れる音でも反応した)

シャープ:ブラウン管 シネスコXX(白黒) 真空管 宇宙電子方式(広告のキャッチには使われた いわゆるニュービスタ真空管である(他社mT管で行われるところ高周波性能良いことを理由にしたがニュービスタ自体は歩留まり問題で早期にmTに戻るか、VHF/UHFでも使えるトランジスタを待つことになった。

シャープは自社で真空管を作っておらずブラウン管を含め日立の真空管を使っていた、ニュービスタも生産していたので使えたのであろう。) シャープ初の全電子式計算機も日立のトランジスタを多用していた。歓 ロングランカラー カラー

NEC(新日本電気):インスタントビジョン(白黒)真空管時代に瞬間受像を実現した。

(もちろんヒーターをもともと温めておく方式で、受像直後から安定した映像が見られるとうたっていた。他社のは20秒後から徐々に映像が現れ画像や同期が安定するまでには真空管が充分温まる20分ほどかかった。)NECの真空管部門では、真空管の寿命に対する影響は軽微で、冷温から見る都度電源オンするよりは良いということだった。太陽(カラー)

コロムビア:(白黒) 世界(カラー)

ビクター:(回路)ワイヤレスリモコン(ズバコンより早く白黒時代で実現 ch切替のみ),光線タイプで懐中電灯でも動作した) ABC(Automatic Brightness Control)回路 cds素子により部屋の明るさに応じ適切なCRTの明度調整を行った。(今でもたいていの液晶テレビに組み込まれている)

純白カラー(自社でブラウン管は作らず、松下、日立のブラウン管を使用) フリフリQ(球形) ラテカセ ラジカセ付き

富士電機製造:(ターレットチューナーの接点から)白金(早い時期に家電品から撤退)

ゼネラル(現富士通ゼネラル):金剛(白黒) 王朝(カラー) ブラウン管:カラーネトロン(神戸工業→デンソーテンと共同開発) カラーネトロン開発後その技術者たちは大量にSONYに引き抜かれてしまったという逸話がある。(ブラウン管の単電子銃での走査方式の技術を喉から手が出るほど欲していた。)そしてゼネラルはカラーテレビの開発力が下がりその後テレビ製造から撤退することに。(現在は民生用としてはエアコンのみ生産)

SONYマイクロテレビ TV5-303高圧整流とブラウン管以外の真空管を廃しスポーツ実況席モニターとして使われた。(その前に初の直視型8インチを出したが耐久性に難があった)サンヨーはソニーのOEM(5-TP1)三菱は自社開発(6P-125)して初期のマイクロテレビができた。電源はAC,専用鉛蓄電池、カーバッテリーの3WAY。表示面中央下部にメーカーロゴをつけた意匠は今やほとんどのテレビに使われている。管角度調整付きのMr,Nelloカセット付きをジャッカル、軽量化したものをウォッチマン(ブラウン管→液晶)を商品化し、初期のブラウン管より消費電力低減化を図った。

ソニージャッカル

偏向方法を変えたブラウン管はTVドアホンにも使われたが、今は液晶にすべて置き換わっている。

ブラウン管 クロ(苦労)マトロン(クロマトロン販売時は真空管回路) → トリニトロン(元ゼネラルの技術者たちとの合作1(ワン)ガンスリービーム(クロマトロンの単電子銃化)、13型であったが

ブラウン管以外はシリコンが使えるようになったため固体化回路になっていた。)ブラックトリニトロンブラウン管を黒くして黒をより黒く見せることでコントラストを向上させた。大型表示パネル:ジャンボトロンブラウン管ではなくVFD(古の電卓に使っていた自光形表示装置)を使用し明るい野外でもカラーで表示できた。つくば科学万博のパビリオンとして出展。以降野球場や競馬場のモニターとして使われた。現在は置き換えとともに数を減らしている。

カラーブラウン管は米RCAからのライセンスによるシャドーマスクを使っていたが暗い、

色合わせがしにくい等の問題でトリニトロン発表後シャドーマスクを線状にしたブラウン管(ブラックストライプ、クイントリクス)に置き換わった。(初期のシャドーマスクは色合わせがしにくい(特に赤)のが有名でテレビ毎に色合いが異なった。テストパターンや人物の肌で色相(TINT/HUE)を合わせることが特に真空管が弱ってくると常態化した。まあ放送形式のNTSC自体がNo Television Same Colorですから。)

ダイエーブブ BUBU PBの走り。ラジカセと同様クラウンに製造委託 当時小型でも10万円前後したカラーテレビを¥59,800の破格で提供し一時は商品がなくなったが、まだ一家に1台なので、家電メーカとの信用を取り戻した後は販売不振となりOEMテレビからは撤退した。


平成以降編集

東芝/TVS REGZA:Face[液晶・プラズマ] → REGZA[液晶]ハイセンス社に売却、

子会社「TVS REGZA株式会社」から販売。大型表示パネル:スーパーカラービジョン横浜スタジアム日産スタジアム などに使われている。

ナショナル/パナソニック:画王[大画面ブラウン管]T(タウ)[液晶・プラズマ] → VIERA(ビエラ)[液晶・プラズマ・有機EL]長らく王者として君臨したパナソニックだが2022年以降は低価格機種のTCL委託を発表し、自社での生産能力を大幅に縮小する。有機ELテレビなどの国内向け高価格機種は自社での生産を続ける予定。

三洋:帝王[大画面ブラウン管 アナログハイビジョン搭載]定価50万したが当時はバブル期でかなり売れ、ナショナルが画王を出すきっかけになった(なおSONYは当時平面ブラウン管を開発中)。

日立:Wooo[液晶・プラズマ]2018年後期に自社テレビ販売終了。

三菱:リアルREAL)[液晶]撤退(売却もなし)。 三菱電機ストアにも24年3月に出荷終了予定。

トリニトロン基本特許が切れてから3ガン3ビームブラウン管:ダイアモンドトロンを出し発色よくNECとともにPCモニタに使ったがテレビに搭載する前に液晶時代となった。

シャープ:AQUOS[液晶]世界の亀山ブランドとして最先端を突っ走ったが、過剰な設備投資の影響により、鴻海売却前の末期にはかなり他社に見劣りした。なんとか再建し、現在はスマホのブランドとしても使用している。

SONY:WEGA (ベガ)[ブラウン管・液晶・プラズマ] → ブラビア[液晶]平面ブラウン管で一気に市場を盛り上げ各社追随したがシャープが薄型の液晶を出し一気に下降。

高精細の(PC,放送用)モニターに軸を切ったがその分野も液晶に奪われた。WEGAが好調だったため液晶に乗り遅れシャープやパナソニックに後塵を拝し、韓国製液晶パネルを利用することとなった。

2010年代にはシャープ・パナを猛追し国内市場を再奪取している。現在はソニーグループの中で安定的に黒字を出すことができる部門の一つである。

船井電機:ガッツマン ビデオレコーダ付きテレビの愛称。かつて北米テレビ市場で高いシェアを誇った。現在はヤマダ電機向けに液晶テレビをおろしている。2021年にコンピュータやビジネス関連の出版社である秀和システムに買収された。

ノジマ(家電量販店):ELSONIC ブラウン管テレビよりPB商品としてのモデルを販売(OEM元不明)

アイリスオーヤマLUCAFiona[共に液晶]2019年から参入。ホームセンターで見かけることが多い。

ドン・キホーテ情熱価格 大手ディスカウントメーカードン・キホーテのPB。低価格テレビとして知られる。2021年にテレビチューナーのついていないテレビを発表して話題になった。

山善:Qriom 低価格テレビで有名。Amazonなどで購入することができる。

aiwa:? かつて業績不振によりSONYの一部門となったが2008年にブランド終息が発表された。現在アイワブランドは十和田オーディオなど複数の企業が展開している。

ORION:SMART TV -Tunerless- チューナーが搭載されていないAndroid TV ネット専用に軸を振り切ったテレビ、情熱価格TVと同様NHKとの契約は現在のところ不要。(チューナ搭載機もある)

ブラウン管時代は船井電機と同じように安価なカラーテレビで主にファミコンに使われることが多かった。液晶になり国内生産にこだわり一時(2012年8月期)はSONYを追い抜き国内5位に上ったものの国際的価格競争に負けその後売却するも法人消滅。ORIONブランドは株式会社ドウシシャが設立した新オリオン株式会社へ引き継がれることになった。

PIXELA:Smart TV 従来テレビ向け外付けチューナーで有名AEON向けOEM販売もした。

4Kモニタに接続するチューナーも販売している。


関連イラスト編集

ピクシブ1才になりました。SONY・BSドラマゾーン(KV-29RX1)

おいーっす!旧型テレビ救助隊


別名・表記ゆれ編集

テレビジョン TV 電視 电视

関連タグ編集

【テレビの画面や設備に連なるもの】

映像 動画 モニター

アナログテレビ 白黒テレビ ブラウン管(ブラウン管テレビ)

液晶 走査線 ハイビジョン フルHD

カラーバー 砂嵐 レターボックス L字(L字型画面)


アンテナ ケーブル コンセント リモコン

テレビカー テレビゲーム ビデオ

カメラ(テレビカメラ) 電波塔(テレビ塔)


【放送の方式や内容に連なるもの】

通信 放送

中継(生中継生放送) 録画

アナログ放送 衛星放送 ケーブルテレビ 地上デジタル放送(地デジ) データ放送 ワンセグ


日本テレビ テレビ朝日 TBS テレビ東京 フジテレビ NHK NHK総合 NHK教育 WOWOW

NNN ANN JNN TXN FNN 東京局を親としたテレビネットワーク(基本は報道)

テレビ局首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧


番組(テレビ番組) テレビドラマ テレビアニメ

クロージング コマーシャル/CM 提供

視聴率 テレビ欄 放送禁止用語

エミー賞


【キャラクターや劇中のテレビ】

異形頭(テレビ頭) テレビ局擬人化

地デジカ アナロ熊 テレビさん テレビのジョン ニコニコテレビちゃん テレビ仮面 テレゾンビ テレビバエ/てれびバエくん クマテレビフォーム テレヴィ/バクオンテレヴィ

タイムテレビ マヨナカテレビ 怪盗ワリオ・ザ・セブン 天才てれびくん てれびくん

サザエさん一家 東芝カラーテレビの簡易版取扱説明(ブラックストライプ以降)に登場。


外部リンク編集

関連記事

親記事

映像 えいぞう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7427213

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました