ピクシブ百科事典

テレビ

てれび

テレビ(電画)とは、テレビジョンの略。放送局から映像を放送するサービス(テレビ放送)、およびテレビ放送を受信する機械(テレビ受像機)である。
目次[非表示]

概要

日本語の「テレビ」は、英語由来の「テレビジョン(television、遠隔で(tele)映像(vision)を送り込むもの)」の略称。
漢字表記は電画電視機など。

事前にスタジオなどで収録した、または生(なま)の映像音声を、放送局から無線電波もしくは有線通信で発信して、それを受信した側が視聴する。
受像機は、かつては4:3のブラウン管が主流だったが、現在では16:9の液晶タイプがよく見受けられる。

言葉としては、動画を電波を使って不特定多数のために放送する仕組みである「テレビジョン放送」の略として使われることがある。放送形態もアナログ放送からデジタル放送に移行した。

ちなみに我々が日頃使うテレビは誰が発明したかとは一概に言えないシロモノである。言うならばブラウン管は電極菅・液晶はディスプレイ(そもそもパソコンのディスプレイモニターをテレビと言わないあたりでおわかりだろう)で、スピーカーはオーディオ、電波受信はチューナー(無線機)と複数の機器の集合体といえるからである。

日本のテレビ放送の歴史

大正時代よりテレビ放送の研究が進められており、高柳健次郎が「無線遠視法」を提唱したのは大正12年(1923年)のことである。
昭和14年(1939年)には有線による実験に成功。昭和15年にはテレビ放送が本格的に行われる予定で、同年4月にテレビドラマ『夕餉前』が試験的に放送された。しかし有事により各国でテレビ放送が中止、日本も同様であった。

戦後、昭和28年2月1日に、NHKがテレビ放送を開始。このころの番組は大相撲プロレスプロ野球などのスポーツ中継や記録映画などが放送されていた。また、テレビが一般に普及していなかったため、街頭テレビや飲食店のテレビなどで視聴されていた。

昭和33年には東京タワーから放送が開始され、昭和34年の皇太子明仁親王のご成婚を期に一般に普及し始める。
昭和35年9月10日に、カラー本放送開始。

平成18年(2006年)4月1日地上デジタル放送と「ワンセグ」が放送を開始。
平成24年3月31日地上アナログ放送が約60年の歴史に幕を閉じた。

テレビ放送の近況

かつては「娯楽の王様」と言われる程影響力が強く、起きている間ずっとテレビを点けているような人も少なくなかった。しかし近年はインターネットなどメディアの多様化によりテレビは王座から転落。10代〜20代を中心にテレビ離れの傾向が強まっており、テレビが家にあっても見ない人、そもそもテレビ受像機を持っていない人も増えている。

なお世界的には、既にケーブルテレビ衛星放送による多チャンネル放送が主流であり、日本のように地上波放送だけを見る視聴者が大半を占める国は少ない(アメリカ合衆国では地上波テレビを見るのは主に貧困層であり、中流層以上はケーブルテレビや衛星放送を主に視聴する)。

関連イラスト

ピクシブ1才になりました。
センシティブな作品


おいーっす!
旧型テレビ救助隊



別名・表記ゆれ

テレビジョン TV

関連タグ

【テレビの画面や設備に連なるもの】
映像 動画 モニター 
アナログテレビ 白黒テレビ ブラウン管(ブラウン管テレビ)
液晶 走査線 ハイビジョン フルHD
カラーバー 砂嵐 レターボックス L字(L字型画面)

アンテナ ケーブル コンセント リモコン
テレビカー テレビゲーム ビデオ
カメラ(テレビカメラ) 電波塔(テレビ塔)

【放送の方式や内容に連なるもの】
通信 放送
中継(生中継生放送) 録画
アナログ放送 衛星放送 ケーブルテレビ 地上デジタル放送(地デジ) データ放送 ワンセグ

日本テレビ テレビ朝日 TBS テレビ東京 フジテレビ NHK NHK総合 NHK教育 WOWOW
テレビ局首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧

番組(テレビ番組) テレビドラマ テレビアニメ
クロージング コマーシャル/CM 提供
視聴率 テレビ欄 放送禁止用語
エミー賞

【キャラクターや劇中のテレビ】
異形頭(テレビ頭) テレビ局擬人化
地デジカ テレビさん テレビのジョン ニコニコテレビちゃん テレビ仮面 テレビバエ/てれびバエくん クマテレビフォーム
タイムテレビ マヨナカテレビ 怪盗ワリオ・ザ・セブン

関連記事

親記事

映像 えいぞう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テレビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2826040

コメント