ピクシブ百科事典

アナログ放送

あなろぐほうそう

アナログ変調を利用した放送
目次[非表示]

アナログ変調方式を利用した放送の総称。テレビのアナログ放送は衰退しつつあるが、ラジオのアナログ放送は今も現役である。

種類

アナログテレビジョン放送

  • NTSC方式
    • アメリカが開発した方式。南北アメリカ大陸の大半、東南アジアの一部(ミャンマー・フィリピン)、日本、韓国、台湾で採用された方式。
    PAL
    • 西ドイツが開発した方式。西ドイツを中心にイギリス等の西ヨーロッパ、南アジア諸国、ASEAN諸国の大部分、中東の大部分、アフリカの一部、ブラジル、オーストラリアなど多くの国で採用された方式
    SECAM
    • フランスが開発した方式。旧フランス植民地やブルガリア、ハンガリー、ソ連などで採用された。

一般にヨーロッパ系のPAL・SECAMは625本25コマ、NTSCは525本29.97コマ(30/1.001)とされるが、カラー信号の送り方と画素の規格は別の次元であるため、間を取ったようなブラジルのPAL-M(525本29.97コマ)や6MHzチャンネルで送信するPAL-Nなどの規格もある(元々は625本25コマ・6MHz送信は日本の白黒テレビ(特に関東以東)での暫定方式として始まったものである)。またヨーロッパのテレビでNTSCのビデオソフトを見るために作られたPAL60またはNTSC4.43と通称される非公式規格もある。

ラジオ放送

pixivに投稿された作品 pixivで「アナログ放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36160

コメント