ピクシブ百科事典

ASEAN

あせあん

東南アジアを対象地域とする国家連合
目次[非表示]

概要

日本語名称は東南アジア諸国連合で、本部はインドネシアのジャカルタにある。
1967年タイマレーシアフィリピンインドネシアシンガポールを加えた5か国で発足。
1984年ブルネイ1995年ベトナム1999年ラオスミャンマーカンボジアが加盟し現在に至る。

創設の経緯

1961年に、タイフィリピンマレーシア(当時はマラヤ連邦)の3か国で結成された、『東南アジア連合(Association of Southeast AsiaASA)』が前身となっており、インドネシアも加えたマフィリンド構想も考えられていた。

ベトナム戦争中の1967年8月に、東南アジア諸国の赤化(共産化)を恐れたアメリカの支援を受け、タイのバンコクで上述した『ASA』を発展的に解消する形で、ASAの3ヶ国(タイ・フィリピン・マレーシア)とインドネシア、1965年にマレーシアから独立したシンガポールの5か国が原加盟国となって、現在の東南アジア諸国連合が設立された。

加盟国はいずれも反共主義の立場を取る国であり、各国外相共同の設立宣言は、『東南アジア諸国連合設立宣言』や『バンコク宣言』と言われている。

ASEAN旗

ASEANが掲げる旗の幅と長さは2:3で、これは安定・平和・活力・結束を意味する。
中央の円と稲に込められた意味はASEANの統一性へと東南アジア全体の友好と団結への願い。赤・青・黄・白は東南アジア諸国の国旗の主要な色でそれぞれ勇気、活力・平和、安定・純粋・繁栄を表している。


日本との関係

日本はASEANの発足当初から、緊密な関係を維持しており、1970年代より頻繁に首脳、外相レベルの会談が行れている。2007年5月には日本とASEANとの間で関税の撤廃・削減などを目的とした経済連携協定EPA)が締結されており、年々日本とASEANとの経済関係は深まっている。

対ASEAN外交5原則

第2次安倍内閣は、発足後に価値観外交の基本方針下、経済安全保障での存在感が高まるASEANとの連携を重視し、安倍晋三総理は就任後の僅か1ヵ月以内に、自身のベトナム、タイ、インドネシア訪問を始め、麻生太郎副総理のミャンマー訪問など、閣僚がASEAN主要国を次々と訪問した。
そうして『自由』『民主主義』『基本的人権』『法の支配』など普遍的価値の実現と、経済連携ネットワークを通じた繁栄を目指し、日本はASEANの対等なパートナーとして共に歩んでいく旨のメッセージを各国首脳に伝達した上、2013年1月18日には、訪問先のインドネシアにおいて、『対ASEAN外交5原則』を発表した。

  1. 自由,民主主義,基本的人権等の普遍的価値の定着及び拡大に向けて、ASEAN諸国と共に努力していく。
  2. 「力」でなく「法」が支配する、自由で開かれた海洋は「公共財」であり、これをASEAN諸国と共に全力で守る。米国のアジア重視を歓迎する。
  3. 様々な経済連携のネットワークを通じて、モノ、カネ、ヒト、サービスなど貿易及び投資の流れを一層進め、日本経済の再生につなげ、ASEAN諸国と共に繁栄する。
  4. アジアの多様な文化、伝統を共に守り、育てていく。
  5. 未来を担う若い世代の交流を更に活発に行い、相互理解を促進する。


関連タグ

東南アジア
タイ王国 フィリピン マレーシア インドネシア シンガポール ブルネイ ベトナム ミャンマー ラオス カンボジア
日本

pixivに投稿された作品 pixivで「ASEAN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7185

コメント